【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2017/01/29 20:47

もう一つの排出ガス以外の規制。
バイクの「車載式故障診断装置(OBDシステム)」装備義務化について概要をお知らせします。

自動車の自己診断機能(英: On-board diagnostics; OBD)とは、自動車各部に取り付けられたECU(Electrical Controll Unit)にプログラミングされている機能のひとつ。
車それ自身に搭載されている診断機能という意味合いで、自己診断機能と呼ばれる。また英語で自動車の自己診断機能を表す用語:On-Board Diagnosticsの頭文字を取って、OBDと略称されている。

例えばエンジンの燃料噴射システムを構成する各センサー及び各アクチュエータに、なんらかの異常が発生した場合、エンジンのECU[1]は異常の発生を記憶し、インスツルメンタルパネル(計器盤)の警告ランプを点灯させるなりして、ドライバーに異常の発生を知らせる。
この警告灯(*1)はMIL(Malfunction Indication Lamp)と呼ばれている。

OBD2の故障コードは、DTC(Diagnostic Trouble Code)と呼ばれ、DTCを読取るには、ECU内部のマイクロコンピュータと通信を取り合い、記憶されたDTCを読み取り、それをディスプレイに表示する装置が必ず必要になる。
この装置をスキャンツール(Scan Tools)と呼ぶ。
以下は汎用のスキャンツールです。

 説明、画像はウィキペディアより

ホンダには専用のスキャンツールがあります。
汎用を使うにはホンダの車両と、スキャンツールを接続するためのアダプターが必要となります。
[ 接続アダプタ品番・価格 ]
(専用工具)
・品番 : 070MZ-K530101
・価格 : 9,300円(税別)

(*1)FI車両でメーターにある黄色のエンジンマークが警告灯です。
走行中にこのインジケーターが点灯した場合、故障が有ることをになります。
点灯の仕方にはパターンがあり、そのパターン自体が故障の部位を表示します。
万一そのような場合、お早めにご連絡お願いいたします。


本日の納車は
・CB400SS(杉並区のお客様)
ありがとうございました。

最終更新:2017/01/29 20:47

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

今月

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム