【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus


メルマガ ←メルマガをご希望の方は、こちらからご登録下さい。
週一度メルマガをお届けしています。


2019/01/25 20:00

バターナイフ・もくもく|和食器の愉しみ・工芸店ようび

今日1月25日は「ホットケーキの日」!(o^^o)

なぜこの日かというと、
「日本の観測史上最低気温であるマイナス41.0℃を記録したことから。」
だそうです。

寒いから^^

インフルエンザが警戒レベルを超えているそうです。
ホットケーキには、抗菌作用があるハチミツをたっぷりとどうぞ!(^^)/




さて、辻村塊さんからこちらは粉引の小鉢です。

半刷毛目・・・

のような、土色と白化粧のコントラストが伸びやかで美しい粉引。

歪んだ形がとても盛り付けやすい小鉢。
ふわっと、とてもエレガントな佇まいです^^



【和食器BLG】より





→粉引向付・辻村塊







【一汁一菜】お味噌汁中心の食事・INDEX

【一汁一菜】がずいぶんと増えました。
インデックスページを作りました(^^)/

→【一汁一菜】お味噌汁中心の食事・INDEX






玄釉面取徳利・四方・吉井史郎

気軽に「いいね!」、いつも、ありがとうございます!

新しくインスタグラムも始めました。
ゆっくりですが、お付き合い下さいませ。











古川章蔵|定期販売
粉引湯呑・辻村塊

《新入荷》粉引湯呑・辻村塊

辻村塊さんから、伊賀焼の湯呑です。表情はとても豊か。片方ともう一方ではまったく風景も違います。


粉引湯呑・辻村塊

《新入荷》粉引湯呑・辻村塊

辻村塊さんから、こちらは粉引の湯呑です。こちらも表情はとても豊かです。


色点文4.5寸皿・古川章蔵

《再入荷》色点文4.5寸皿・古川章蔵

古川章蔵さんからドロップのようなカラフルな丸点が縁に散りばめられた小皿です。


白磁しのぎ6寸深皿・阿部春弥

《再入荷》白磁しのぎ6寸深皿・阿部春弥

阿部春弥さんの清楚な白磁の中皿です。美しいしのぎを「余白」にすると、美しく盛りつけられます。


色絵祥瑞松竹梅皿・須田菁華

《再入荷》色絵祥瑞松竹梅皿・須田菁華

息をのむほどの細かな文様です。虫眼鏡で眺めたくなる細かな仕事も、須田菁華さんならではです。


鉄筋麦わら手飯碗・海老ヶ瀬保

《再入荷》鉄筋麦わら手飯碗・海老ヶ瀬保

軽く渋い表情。素敵な風景のお茶碗は、釉薬の掛かり具合がさらに軽快なアクセントに!


染付細麦わら湯呑・阪東晃司

《再入荷》染付細麦わら湯呑・阪東晃司

細麦わらの文様は、シンプルですが、染付の中でも涼しげでやわらかな風景を造り出しています。


メルマガを購読

最終更新:2019/01/25 20:12

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります。

2019/01/22 19:00

バターナイフ・もくもく|和食器の愉しみ・工芸店ようび
今日は「カレーの日」です!(o^^o)

たまたまですが、お昼カレーでした。
普通のカレーライスですが、一緒にいただいた柴漬けが予想外に美味しくて!
何よりカレーとの相性がピッタリでした。

お試し下さいませ!




洋食でも、和のカトラリーをご案内している工芸店ようびです。

カレーライスも。

たとえば、奥田志郎さんの「Y型スプーン No.1」、おすすめです。
カチャカチャうるさくないこと、木のカトラリーなのに、スマートで口あたりが良いこと・・・。
奥田志郎さんの漆器は、中漆にも日本の確かな漆を使うことで、口の中に入れるものでも安心していただけます。




そして、こちらも、日本産の確かな漆がしみ込んでいます。

もくもくさんから新作「バターナイフ」。

かちかちのバターには不向きかも知れませんが、
こんがり焼けたトーストの上で、バターをなめらかに広げてくれることでしょう!(^^)/


【和食器BLG】より





→バターナイフ・もくもく







【一汁一菜】お味噌汁中心の食事・INDEX

【一汁一菜】がずいぶんと増えました。
インデックスページを作りました(^^)/

→【一汁一菜】お味噌汁中心の食事・INDEX






玄釉面取徳利・四方・吉井史郎

気軽に「いいね!」、いつも、ありがとうございます!

新しくインスタグラムも始めました。
ゆっくりですが、お付き合い下さいませ。











古川章蔵|定期販売

メルマガを購読

最終更新:2019/01/22 19:12

2019/01/18 19:00

染付4寸ロゼット文皿・植山昌昭|和食器の愉しみ・工芸店ようび

今日は「初観音」。

ということで、
京都ならどこに?と問うていただければ、三十三間堂をおすすめしたいと思います^^

千手観音坐像を中心に、あわせて千体の千手観音立像。
圧巻です。
必ず自分に似た観音様がいらっしゃるそうな。

ちなみに、千手観音の腕の本数は42本。
胸の前で合わせた腕を除いた40本の腕の1本1本が「25の世界」を救うと考えられているそうです。
25の世界×40本の腕=1000の世界を救う。

「南無観世音菩薩(なむかんぜおんぼさつ)」

ちなみに、店主は、若い頃からずーっと仏女です(o^^o)




さて、昨日に引き続き、植山昌昭さんから「花火のような」お皿です。

こちらは、4寸の小皿。

新しい模様は「ロゼット」。
なんだか、なぜか、懐かしい・・・。
手作りのリボンの勲章・・・と言えば、思い出していただけるでしょうか。

実は、この「ロゼット」、
元はバラの花から来ているそうですが、転じて、放射状に地面に広がった葉っぱのことを指すそうです。

タンポポの葉っぱの様な模様に見えてきませんか^^


【和食器BLG】より





→染付4寸ロゼット文皿・植山昌昭







【一汁一菜】お味噌汁中心の食事・INDEX

【一汁一菜】がずいぶんと増えました。
インデックスページを作りました(^^)/

→【一汁一菜】お味噌汁中心の食事・INDEX






玄釉面取徳利・四方・吉井史郎

気軽に「いいね!」、いつも、ありがとうございます!

新しくインスタグラムも始めました。
ゆっくりですが、お付き合い下さいませ。











古川章蔵|定期販売
染付7寸木賊文皿・植山昌昭

《新入荷》染付7寸木賊文皿・植山昌昭

7寸の中皿は朝のワンプレートにいかがでしょうか。焦がし油がきいたぱらぱら炒飯も似合います。


白磁輪花小鉢・碗型・水野克俊

《再入荷》白磁輪花小鉢・碗型・水野克俊

こちらの鉢は、気品ある白を活かした輪花の小鉢です。


正角小皿・大・松葉文・植山昌昭

《再入荷》正角小皿・大・松葉文・植山昌昭

正方形の小さなお皿です。正方形ですが、なんとなくの正方形です。このことがうつわに軽快さを与えています。

他にも「正角小皿・大・梅ちらし文」も入荷してきました!


輪花豆皿・つた・植山昌昭

《再入荷》輪花豆皿・つた・植山昌昭

輪花の愛らしい豆皿です。

他にも「輪花豆皿・草花」も入荷してきました!


織部甲鉢・5.5寸・長森慶

《再入荷》織部甲鉢・5.5寸・長森慶

いくつあっても重宝する総織部の鉢。こちらは、甲の形をした盛り付け易い鉢です。 魯山人の写しになります。


織部甲鉢・7寸・長森慶

《再入荷》織部甲鉢・7寸・長森慶

こちらは7寸です。


灰釉四方深小鉢・長森慶

《再入荷》灰釉四方深小鉢・長森慶

黄から赤みがかった肌に、灰釉の青いベールが複雑な風景を作り出しています。


縞文飯碗・杉本太郎

《再入荷》縞文飯碗・杉本太郎

こちらは、口造りが玉縁になった小振りな飯碗です。


二色縞湯呑・杉本太郎

《再入荷》二色縞湯呑・杉本太郎

素朴で繊細・・・、そんな印象の杉本太郎さんから、こちらは湯呑です。


紫縞一線湯呑・杉本太郎

《再入荷》紫縞一線湯呑・杉本太郎

茶に近い紫と呉須の縞模様がスマートな印象です。


メルマガを購読

最終更新:2019/01/18 19:12

2019/01/15 19:00

菊壽堂「大福」|和食器の愉しみ・工芸店ようび

以前、素地屋さんの自慢の形ということで塗ったものが少量ありましたが、また新しく腕自慢の木地屋さんを奥田志郎さんが見つけて下さって作ったものです。  

微妙な角の反りが、茶碗は丸、茶托も丸に変化を与え、大福餅にまで変化を与えてくれているようです。

工芸店ようび 店主 真木




『菊壽堂「松の雪」』いかがでしたでしょうか。
新春にふさわしい和菓子とお皿の組み合わせだっと思います^^

おかげさまで、d.Tamさんの白の椿のお皿は、完売となりました。
あらためて、ありがとうございます_(._.)_

そしてこちらは、
10年ぶりぐらいになりますでしょうか、奥田志郎さんから船形の銘々皿です。

和菓子は、美しい朱にあわせて、菊壽堂さんから定番の「大福」を選んでみました。
あんこの甘みを抑えた優しい味わいなので、いくつでもいただけます!(o^^o)



【和食器BLG】より





→菊壽堂「大福」







【一汁一菜】お味噌汁中心の食事・INDEX

【一汁一菜】がずいぶんと増えました。
インデックスページを作りました(^^)/

→【一汁一菜】お味噌汁中心の食事・INDEX






玄釉面取徳利・四方・吉井史郎

気軽に「いいね!」、いつも、ありがとうございます!

新しくインスタグラムも始めました。
ゆっくりですが、お付き合い下さいませ。











古川章蔵|定期販売

メルマガを購読

最終更新:2019/01/15 19:12

2019/01/11 19:00

焼〆朴葉皿・辻村塊|和食器の愉しみ・工芸店ようび

白い椿をイメージして作ったd.Tam母子の作品です。新年から三月にかけての椿の季節に美しいお皿です。菊寿堂(大阪)の松の雪をのせると花芯のように見え、新しい黒文字と合わせるとすがすがしく、お菓子がより以上に輝いて見えます。

中村さん母子はもともと造形作家さんで、あまり食器はお作りでなかったのですが、食器にもその造形が生きていて、どんどん普遍的な美しさを醸し出しています。ガラスの一つの在り方です。

工芸店ようび 店主 真木




新春第二弾は、菊壽堂さんの「松の雪」。

白の椿。
花言葉は「申し分のない魅力」「至上の美しさ」です。

「椿」なのですが、ふわっと積もった粉雪のようにも思えます。

春待ちわびる季節にぴったり^^



【和食器BLG】より





→菊壽堂「松の雪」







【一汁一菜】お味噌汁中心の食事・INDEX

【一汁一菜】がずいぶんと増えました。
インデックスページを作りました(^^)/

→【一汁一菜】お味噌汁中心の食事・INDEX






玄釉面取徳利・四方・吉井史郎

気軽に「いいね!」、いつも、ありがとうございます!

新しくインスタグラムも始めました。
ゆっくりですが、お付き合い下さいませ。











古川章蔵|定期販売

メルマガを購読

最終更新:2019/01/11 19:12

ページ上部へ

カレンダー

2019年7月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

今月

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム