【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus


メルマガ ←メルマガをご希望の方は、こちらからご登録下さい。
週一度メルマガをお届けしています。


2019/03/15 19:00

春草紋向付

乾山写しの春草のお向付をつくりました。思っていたより少し大きく深くなってしまいましたが、大ぶりに切った鰹など盛るとかえって迫力があるものだと思いました。寸法とは一番大事なもので、少しの大小をよみ間違うと、向付がおどんぶりのようになったり魅力のないものになってしまいます。使い方をさまざま考えて、その「大きすぎる、小さすぎる」を逆手に、魅力的に使うことも出来るのだなとこの度は思いました。

辻村塊さんの酒器はやはり力強く自由で大いに焼き物をたのしませて貰えるものです。

工芸店ようび 店主 真木




「いつかは乾山・・・」。

伏原博之さんにいろいろに写していただいている乾山シリーズ。
こちらの本歌は「乾山銹絵染付春草図茶碗」です。

つくし、ワラビ・・・、花は雪割草でしょうか。

うつわの外側、そして内側にも春の草花・・・。
春到来の喜びがうつわに一杯です!(^^)/



【和食器BLG】より





→春草紋向付







【一汁一菜】お味噌汁中心の食事・INDEX

【一汁一菜】がずいぶんと増えました。
インデックスページを作りました(^^)/

→【一汁一菜】お味噌汁中心の食事・INDEX






玄釉面取徳利・四方・吉井史郎

気軽に「いいね!」、いつも、ありがとうございます!

新しくインスタグラムも始めました。
ゆっくりですが、お付き合い下さいませ。











古川章蔵|定期販売
7寸皿・しだれ桜・植山昌昭

《新入荷》7寸皿・しだれ桜・植山昌昭

そよぐしたれ桜が、ふんわり、はんなり。優しい印象です。大きめの取り皿にもおすすめです。


白磁口紅桜豆小皿・水野克俊

《新入荷》白磁口紅桜豆小皿・水野克俊

桜の花をかたどった豆皿です。


青白瓷線文平鉢・小・no.1・海老ヶ瀬保

《再入荷》青白瓷線文平鉢・小・no.1・海老ヶ瀬保

自然だからこその面白味、人間が想像するよりも美しい「白」や「青」が生まれています。


白瓷扁形向付・海老ヶ瀬保

《再入荷》白瓷扁形向付・海老ヶ瀬保

自然の釉薬は、白にほんのり青色を添え、透明感を与えてくれます。


シャトル豆皿・海老ヶ瀬保

《再入荷》シャトル豆皿・海老ヶ瀬保

「シャトル豆皿」を小さくした豆皿です。数種類の薬味を少しずつ。薬味の色を意識するときれいです。


黒唐津四寸五分皿・中村恵子

《再入荷》黒唐津四寸五分皿・中村恵子

焦げ茶色から黒までの色が絡み合った「黒唐津」です。こちらは、小鉢となります。小さいながらもこちらも素敵な存在感。
5寸も入荷してきました!


織部8寸掛け分け皿・有松進

《再入荷》織部8寸掛け分け皿・有松進

織部の掛け分けは、うつわに軽快な風景を与えています。うつわの方向を変えて盛り付けをお愉しみ下さい。


メルマガを購読

最終更新:2019/03/15 19:12

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります。

2019/03/12 19:00

黄瀬戸9寸平鉢・長森慶

長森慶さんは一つのことに飽き足らずいつも生地や釉を工夫している人で、「こうしてみました」「これはどうですか」と出来たものを見せて下さいます。この黄瀬戸も黄味が薄いのですがしっとりとしたよい感触です。緑のタンパンの色も冴えていて、形もよく盛るのがたのしいお鉢です。

取り皿は正木さんの染付貝の文様皿。この組み合わせは鉢が外向の反り、皿が内向の反りと、まことにバランスのよい状態です。

工芸店ようび 店主 真木




仲間で旬を分け合う・・・。

やはり、大活躍は大鉢と取り皿です^^

こちらの黄瀬戸の大鉢もオススメです。
ころころの小芋をこんもり盛りつけられるのは、この姿だからこそ!

「手前味噌企画」にあわせて、
長森慶さんの黄瀬戸について、店主が認めました。
ご一読下さいませ!(^^)/



【和食器BLG】より





→黄瀬戸9寸平鉢・長森慶







【一汁一菜】お味噌汁中心の食事・INDEX

【一汁一菜】がずいぶんと増えました。
インデックスページを作りました(^^)/

→【一汁一菜】お味噌汁中心の食事・INDEX






玄釉面取徳利・四方・吉井史郎

気軽に「いいね!」、いつも、ありがとうございます!

新しくインスタグラムも始めました。
ゆっくりですが、お付き合い下さいませ。











古川章蔵|定期販売

メルマガを購読

最終更新:2019/03/12 19:12

2019/03/09 19:00

手前味噌企画・お雛さまの日の女子会

今日の関西は良く晴れています。
3月下旬ぐらいの気温にまでなるそうです^^

3月9日。

語呂合わせのいろんな記念日になっていますが、
なにより、いつもご贔屓ありがとうございます_(._.)_

そして、食べ物関係では「雑穀の日」だそうです。
五穀米、十穀米・・・、実践されていらっしゃいますか。

個人的には、白いご飯も美味しいので、 もち麦ご飯など、
いろいろ替えながら雑穀を愉しんでいます(o^^o)




さて、梅が盛りを過ぎました。
となると、次は桃!^^

正木春蔵さんから桃の小皿が届きました。

懐かしさを感じさせてくれるような、
ざっくりとした大らかな姿が愛らしい小皿です。
見込も厚めで、全体的にぽてっとした愛らしい雰囲気です。



【和食器BLG】より





→色絵花折枝文菱形向付・正木春蔵







【一汁一菜】お味噌汁中心の食事・INDEX

【一汁一菜】がずいぶんと増えました。
インデックスページを作りました(^^)/

→【一汁一菜】お味噌汁中心の食事・INDEX






玄釉面取徳利・四方・吉井史郎

気軽に「いいね!」、いつも、ありがとうございます!

新しくインスタグラムも始めました。
ゆっくりですが、お付き合い下さいませ。











古川章蔵|定期販売

メルマガを購読

最終更新:2019/03/09 19:12

2019/03/08 19:00

手前味噌企画・お雛さまの日の女子会

手前味噌企画・お雛さまの日の女子会

献立

 ちらし寿司 (具 あなご きくらげ しいた 干瓢 海苔 飾り 錦糸卵 しいたけ甘煮 鳥そぼろ)
 あさりの酒蒸し
 甘海老とひらめの昆布締め
 赤貝とほうれん草茎、独活、防風の二杯酢
 わさび菜のお浸し(濃口醤油のみ)
 独活の皮きんぴら
 菜の花のぬた
 小芋とにんじんと三度豆の煮合せ
 白玉だんご入り白味噌汁
 苺のババロア
 干菓子

 今年の新暦の三月三日はちょうど日曜日でしたので、店のスタッフ達とおひなさまをしようということになりました。一週間前ぐらいから少しずつ暖かな日も多くなってきて、何やらうれしく気ぜわしく春を感じつつ用意をします。

 乾物のものから有無をたしかめて次はお魚類を予約。いつも頂戴するものは日を早めていただくようお願いしたり、お野菜などは前日に、三日の朝にはすべての材料が揃います。みんなで春をたのしむ食卓の準備です。

 お客様が送って下さったあさりの酒蒸しとひらめの昆布締めは三河湾の春の幸。甘海老は能登輪島の作家からとありがたい頂きもの。そんなご好意にも感謝しつつみんなでワイワイと作りました。

 スタッフ達も私も女子会気分で娘に帰り、美味しいものをあっという間に「たいらげ」て皆で片付けして、日が落ちて少し寒くなった夕刻お開きにいたしました。店主の私は宴の後の快い疲れと静けさの中で物憂い気分を味わいました。

工芸店ようび 店主 真木




先日3日の雛祭りの宴を手前味噌企画としてまとめました^^

うつわは店主が長年に渡り使っているものですが、そこからも様々に工芸店ようびのうつわが生まれています。

まずは使ってみて、さらに使い勝手を良くし、納得の上商品化・・・です^^

特集では、参考商品としてご購入いただけるうつわを掲載しています。

盛り鉢、盛り皿、そして、取り皿で気軽に女子会!
オススメです!(^^)/



【和食器BLG】より





→手前味噌企画・お雛さまの日の女子会







【一汁一菜】お味噌汁中心の食事・INDEX

【一汁一菜】がずいぶんと増えました。
インデックスページを作りました(^^)/

→【一汁一菜】お味噌汁中心の食事・INDEX






玄釉面取徳利・四方・吉井史郎

気軽に「いいね!」、いつも、ありがとうございます!

新しくインスタグラムも始めました。
ゆっくりですが、お付き合い下さいませ。











古川章蔵|定期販売
赤絵ぼんぼり型猪口・伏原博之

《新入荷》赤絵ぼんぼり型猪口・伏原博之

「明かりをつけましょ、ぼんぼりに・・・」のぼんぼりです。


雲錦手深鉢・大・伏原博之

《再入荷》雲錦手深鉢・大・伏原博之

桜を雲に見立て紅葉を錦に見立てることから「雲錦(うんきん)」。
桜と紅葉は様々なうつわに組み合わされて登場するアイテムですが、こちらは、二代目仁阿弥道八の写しとなります。


三色ストライプ大皿・黄・d.Tam

《再入荷》三色ストライプ大皿・黄・d.Tam

半透明のガラスに中心から放射状にが掻き取られています。
青、緑も入荷してきました!


春色豆皿・d.Tam・5色1組

《再入荷》春色豆皿・d.Tam・5色1組

萌黄色のガラスの皿です。 萌黄色は、平安時代では若者向けの色として愛好されたそうです。


雅造刷毛目蓮弁向付・福森雅武

《再入荷》雅造刷毛目蓮弁向付・福森雅武

愛らしさにプラス、持った時にきれいに手に収まります。お総菜を盛るだけではなく、お鍋の取り鉢にもどうぞ。


雅造椿釉皿・5寸・福森雅武

《再入荷》雅造椿釉皿・5寸・福森雅武

椿釉の青のベールが、複雑な、そして、ふんわり優しい風景を作り出しています。


白磁八角5寸皿・阿部春弥

《再入荷》白磁八角5寸皿・阿部春弥

阿部春弥さんの清楚な白磁の小皿です。どことなく古風な印象の白磁です。


拭漆しゃもじ・大・奥田志郎

《再入荷》拭漆しゃもじ・大・奥田志郎

無垢の美しいおしゃもじを見つけました。そして、拭漆を丁寧にほどこしてみました。


メルマガを購読

最終更新:2019/03/08 19:12

2019/03/07 10:00

花唐草舟形皿・阪東晃司

かの有名レストランカハラさんが持っていらっしゃった本歌をお願いして写させていただいたのは、もう三十数年も昔のことでした。それからしばらくして京都の新門前で同じものを見つけ、それから幾度か作っていただいています。阪東晃司さんの熱心な研究によって、食卓で混ぜて使っていても本歌(古伊万里)と殆んど変わりません。

大きさといい縁の高さといい大変に使いやすさを感じさせるもので、気が付くとついつい食卓に上っていることが多いのです。これはこれで完成されたものですので現代風などに変える必要もなく、ずっと作り続けることにしています。

いろんな種類を少しずつ並べて取る時のお皿に、焼き魚用に、洋食風にと多用途にお使いいただけると思います。

工芸店ようび 店主 真木




阪東晃司さんの手業をこのうつわ一点で理解できます・・・
と言っても過言ではないお皿です。

ふわふわっとしたエレガントな「舟形」の長皿は、肩を張らず、気軽に取り皿などにお使いいただけます。

きちっと丁寧に、それでいて優しく大胆に描かれた花唐草。
描くのに時間がかかります。

やっとできあがってきました^^



【和食器BLG】より





→花唐草舟形皿・阪東晃司







【一汁一菜】お味噌汁中心の食事・INDEX

【一汁一菜】がずいぶんと増えました。
インデックスページを作りました(^^)/

→【一汁一菜】お味噌汁中心の食事・INDEX






玄釉面取徳利・四方・吉井史郎

気軽に「いいね!」、いつも、ありがとうございます!

新しくインスタグラムも始めました。
ゆっくりですが、お付き合い下さいませ。











古川章蔵|定期販売

メルマガを購読

最終更新:2019/03/07 10:12

ページ上部へ

カレンダー

2019年8月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

今月

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム