【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus
店長の部屋Plus+は2022年1月をもって提供を終了致します。長きに渡りご愛読ありがとうございました。
※2021年9月末をもって、新規記事の投稿及びコメントの投稿を停止しております。

記事詳細

2021/01/09 13:00



【はじめに】こんにちわ、イナムラです。ワインって楽しいですね♪







◆ブレッド&バター(3500円)との比較試飲に勝利。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄[ ¥1960-で!? ]






本日のご案内前にお知らせです。


昨日、ロバート・パーカー監修、ワイン・アドヴォケイトの最新アップ
デートが行われまして、新たな記事として、南アは「ステレンボッシュ
カベルネ」が特集され、各新Vtg.にスコアリングが行われました。


以下は生産者ベースのお話になりますが、【第1位】は同率にて2社。


四年ほど前、私イナムラが、「5000円前後の南ア最高峰カベルネは、
この2本が筆頭」と申し上げた『ル・リッシュ』と『ウォーターフォー
ド』がそのまま選出。


そして次点の2位タイには、当店の昨年度後半MVP『↓クレイン・ザ
https://item.rakuten.co.jp/yanagiyawine/10004218/#10004218
ルゼ』と、同じく去年の11月に「今年はスゴい」とおすすめしました
『↓スターク・コンデ』が選ばれていました。
https://item.rakuten.co.jp/yanagiyawine/10003521/#10003521


アドヴォケイト誌の新しい南ア部門のテイスター、Anthony Mueller氏
(ミシュラン★★★、フレンチ・ランドリーでソムリエールを務めてい
た方です)と当店は好みの志向が一致しているようですので、彼が同じ
く2位タイに選出した他のカベルネも試してみたいと思います(^^


試飲が終わりましたら、またご報告申し上げます。



∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
↓それでは本題です。
∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵
●本日は好評頂いております「新春初売りセール」の第6&7弾。
今回はどちらもピノ・ノワールとなります♪
以下「おさらい」を挟んで続きます。



[ *2021年* ] YANAGIYA新春初売りセール!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼第1弾…67%オフ! [6,000円→1,980円] アンゴーヴSF
https://item.rakuten.co.jp/yanagiyawine/10002924/#10002924
▼第2弾…50%オフ! [76,700円→38,350円] 99点ヴェリテ
https://item.rakuten.co.jp/yanagiyawine/10002366/#10002366
▼第3弾…37%オフ! [1,600円→999円] 魅惑のトロンテス
https://item.rakuten.co.jp/yanagiyawine/10005100/#10005100
▼第4弾…67%オフ! [6,000円→1,980円] アンゴーヴBS
https://item.rakuten.co.jp/yanagiyawine/10005101/#10005101
▼第5弾…23%オフ! [4,400円→3,390円] 全米No.1の泡
https://item.rakuten.co.jp/yanagiyawine/1412975/#1412975
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


…ときて本日は第6、7弾。


片やニュージー、片やカリフォルニアのピノを、【26~30%】オフ
にてお届け致します。


どちらも税込定価は2000円を超えるのですが、今回のセール価格に
て千円台の中盤に突入。


千円台のピノには、「赤ワインとしては合格」だけれども、「ピノ・ノ
ワール種としてどうかというと、今ひとつ個性が出ていない」…という
作品に出会う機会が少なくありません。


この価格のワインとして成立させる場合、どうしてもある程度人の手を
加えなければならず、しかしそうするとピノの魅了である繊細な、けれ
ども妖艶な、所謂「素の色気」削がれて化粧臭くなり、品種としての
個性が死んでしまうんですよね。


だからこそ本日ご案内の2種は、強くおすすめ致します。



★千円台中盤ながら、ピノのキャラが実に見事に表現されているから。
________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
▽  ▽  ▽  ▽  ▽  ▽  ▽  ▽  ▽  ▽  ▽

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◆26~30%OFF◆ 新春初売りセール第6弾、7弾はピノ!┏┓
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆┛
 ┏‥┓┏◎┓┏‥┓┏‥┓┏◎┓┏‥┓┏‥┓┏◎┓┏‥┓┏‥┓
 ┃2┠┨0┠┨2┠┨1┠┨新┠┨春┠┨初┠┨売┠┨り┠┨!┃
 ┗‥┛┗‥┛┗‥┛┗‥┛┗‥┛┗‥┛┗‥┛┗‥┛┗‥┛┗‥┛
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
>>片やエレガントな、片や豊満なピノ・ノワールの魅力が全開です!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
<1960円→1450円> ブレッドバターの弟分?…なのに兄より旨い!
●[26%OFF] フィオル・デ・ソル ピノ・ノワール
     "アデュレーション" カリフォルニア [2016] (正規品)
https://item.rakuten.co.jp/yanagiyawine/10005102/#10005102
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
<2560円→1792円> 前回ご案内の'17年より八方美人のスタイルに
●[30%OFF] セント・クレア ピノ・ノワール
     "ヴィカーズ・チョイス" マールボロ [2019] (正規品)
https://item.rakuten.co.jp/yanagiyawine/10004968/#10004968
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥



╋━・
┃ ※ 新春セールVol.6&7 千円台ピノの傑作!!
╋━・




■【メルマガではフィオル・ディ・ソルに注目】
┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
『セント・クレア』は昨年5月、「家飲み応援セール」にてご紹介した
もののリバイバル・セール(とはいえ、前作’17年より飲み易さUP)
ですので、メルマガでは『アデュレーション』に注目します。


いやはや、このピノ・ノワールには参りました…。


『フィオル・ディ・ソル』といえば、当店では『↓ベンド』が大好評頂
https://item.rakuten.co.jp/yanagiyawine/10004681/#10004681
いております気鋭生産者。


それはすなわち、『ブレッド&バター』や『カモミ』を世に送り出した、
目下カリフォルニア・ワイン界で最も注目を集める醸造家、ダリオ・コ
ンティの手掛けるレーベルということ。


2000円ほど(税込定価2,156円)にしながら、カベルネ、シャルネ、
ピノ・ノワールとも出来が良い、というインポーターさんの紹介にて
早速三種を試飲させて頂くことに。


ブレッド&バターのダリオ・コンティ作とあって期待はシャルドネだっ
たのですが、残念ながら弊社試飲にて『ウェンテ』や『ロッソ&ビアン
コ』らには勝てず、取り扱い見合わせ('18)に。


しかしながらそれを補ってあまりあるほどに素晴らしいワインがこちら
のピノ・ノワールでした。



■【vsブレッド&バター('18)】
┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
今回の試飲は「どうせなら」ということで、兄貴分のブレッド&バター
とともに、新聞紙で巻いてブラインド形式で飲み比べてみることとなり
ました。すると違いは一目瞭然…。


一方は甘味がケバくて強すぎ、樽もアルコールもどこか浮いています。
対してもう一方は果実甘味の中にも綺麗な酸味があって、バランスが良
くピノのセクシーさが出ています。


やはり価格が1.5倍以上も違うと如実に差がでるものだね、ブレッド
&バターは流石だね、と美味しかったほうに巻かれていた新聞を剥がし
てみると…なんと中から出てきたのはアデュレーションだったのです。


それは驚き、というよりも目が点…のポカ~ン状態。「え、いやいやそ
んなはずは…」と何度も瓶を確認し、再度試飲してみるも結果は変わり
ません。


確かに’18年のブレッド&バターのピノはまだ若いこともあって、本
領発揮までの時間を考えれば可哀想ではありましたが、既に現行年号は
’19年になっており、それを思えばアデュレーションの「いまだ
’16年が現行」というのは相当のアドバンテージ。


このピノの取り扱いはもう"即決"でした。


なにせ定価の1,960円でもとんでもないヴァリュー・ピノ。それが
今回は新春セール特別価格の【26%OFF】にて、なんと1,400円台突
入(税別1,450円)!


…いや、これはちょっとコスパ凄すぎです…。



■【試飲しました】
┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
完熟果実の甘すっぱい果肉味と、オークヴァニラの綺麗な甘みが重なり、
濃醇で風味たっぷりな旨味が舌の上に乗ります。


決して強い酸があるわけではないのに、素敵なバランス感を持っている
点がとても好印象。


安物にありがちな、ピノのセクシーなキャラクターを隠してしまうよう
な過渡なアルコールや樽があるわけでもなく、きっちりピノの官能的な
部分を表現してくれています。ここがB&Bとの最大のちがい。


使用しているのはアメリカン・オークだそうで、熟成は8ヶ月。ピノで
アメリカン・オークを用いたらもう少し主張ある樽感が出そうなもので
すが、古樽を使用しているのでしょうか?それほどの強さがなく、華や
かさを加えつつも、スモーキーな甘みやローストナッツの印象は実に良
い塩梅に留まっています。


’16年というこの価格帯のピノには見られなくなったヴィンテージか
らの、熟成による複雑味と官能的な旨味が実に魅惑的。


優しさやまろ味ある酸味と、きめ細やかで穏やかなタンニンが、この
ピノをよりセクシーに仕立てていて、いかにもカリ・ピノにある甘美な
魅力を振りまいています。


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
●コスパだとか費用対効果の比較ではなく、単純にピノとして格上です。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

┗>> 兄よりもよくできた1450円(定価1960円)。これ…安すぎ!



↓続きはWebで…(新春初売りセール第6・7弾)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
<1960円→1450円> ブレッドバターの弟分?…なのに兄より旨い!
●[26%OFF] フィオル・デ・ソル ピノ・ノワール
     "アデュレーション" カリフォルニア [2016] (正規品)
https://item.rakuten.co.jp/yanagiyawine/10005102/#10005102
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
<2560円→1792円> 前回ご案内の'17年より八方美人のスタイルに
●[30%OFF] セント・クレア ピノ・ノワール
     "ヴィカーズ・チョイス" マールボロ [2019] (正規品)
https://item.rakuten.co.jp/yanagiyawine/10004968/#10004968
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥



                         ▼同梱おすすめ
☆━ PICK UP ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
<こちらはアドヴォケイトの年間1位> 高級プレミアム
★[RP93点] クルーズ・ワイン・カンパニー "クルーズ
  トラディション" カリフォルニア [NV/実質2017] (正規品)
https://item.rakuten.co.jp/yanagiyawine/10004723/#10004723
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





────────────────────────────────
=■ヤナギヤの【新入荷】【おすすめ】【特売】【イベント】などの
=■情報は全てトップページに集約しています。一度ご覧下さいませ。

【↓トップページはこちら】最後までお読み頂き、有難う御座いました。
https://www.rakuten.co.jp/yanagiyawine/
────────────────────────────────



メルマガを購読

最終更新:2021/01/09 13:12

コメント 0件

ページ上部へ

カレンダー

2021年1月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

今月