【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus
店長の部屋Plus+は2022年1月をもって提供を終了致します。長きに渡りご愛読ありがとうございました。
※2021年9月末をもって、新規記事の投稿及びコメントの投稿を停止しております。

記事詳細

2019/01/31 12:06





【はじめに】こんにちわ、イナムラ@てんちょです。







◆ぶったまげました…2000円台にあるまじきワイン
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄[ 限定72本 ]






昨日ご案内の「新型進化系」こと『モンダヴィ・トカロン・リザーヴ』
は大好評頂き、誠に有難うございました。お陰様で入荷全量が即実完売
となりました。


追加叶いました際にはメルマガにてお知らせ致します。


また昨日は1380円とは思えぬ泡モノ、「レオパーズ・リープ」が大
好評頂き、楽天ランキング南ア総合部門でも【第1位】に選ばれました。
沢山のご利用に、心より御礼申し上げます。有難うございました。


[ 6本で送料無料 ] Leopard's Leap Cuvee Brut NV
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼弊社「泡限定」ブラインド試飲会、支持率1位。
https://item.rakuten.co.jp/yanagiyawine/10004417/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
↓それでは本題です。
∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵
●いやはや、ぶったまげました。。。


皆様、『リッチー・ヴィンヤード』をご存知でしょうか?


「知ってるも何も、オベール、デュモル、パルメイヤー、ポールホブス
らが果実を求める、ソノマ随一のグラン・クリュじゃない…」なんて、
プレミアム系シャルドネの愛好家であれば、即答されるかもしれません。


当店からもこれまで、レイミーらを筆頭に、数々の名作リッチー単一畑
をご案内してきたつもりです。


で、各生産者からのリッチー単一畑をご紹介するたび、その都度次のよ
うにも綴って参りました…「近年ではピノ・ノワールとソーヴィニヨン
ブランの栽培にも着手し…」と。


昔からのテンプレ文章でしたため、「近年では…」というあたりが既に
古い情報となってしまってはいるのですが、ともかくリッチーにはピノ
やソーヴィニヨン・ブランも植樹されているのです。


そして今回・・・


┏★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃>>限定72本、一発限りにて入手して参りました、リッチー産SB!
┗★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


しかもです。リッチー・ヴィンヤード産の単一畑SB…というだけでも
激レア・アイテムだというのに、更にこれが2004年産熟成古酒で、
おまけに蔵出し品、にもかかわらず、、、



★2000円台だというのです。【ただし72本限定、一発限り!!】
________________________________
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
▽  ▽  ▽  ▽  ▽  ▽  ▽  ▽  ▽  ▽  ▽

〓〓〓〓〓〓〓〓
◆それがこちら◆ しかも古酒+激安+蔵出し品。これは一体…?┏┓
〓〓〓〓〓〓〓〓 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆┛
 ┏‥┓┏◎┓┏‥┓┏‥┓┏◎┓┏‥┓┏‥┓┏◎┓┏‥┓┏‥┓
 ┃奇┠┨跡┠┨の┠┨不┠┨良┠┨在┠┨庫┠┨1┠┨1┠┨弾┃
 ┗‥┛┗‥┛┗‥┛┗‥┛┗‥┛┗‥┛┗‥┛┗‥┛┗‥┛┗‥┛
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
>>リッチー産単一畑+SB+14年古酒+蔵出し品で…二千円台!?
>>新型アップグレード板ピュア・ト・カロンここに完成!【傑出年】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
≪72本一発限定≫
○トロワ・ヴォワイエル ソーヴィニヨン・ブラン (リッチー
   ヴィンヤード) ルシアンリバーヴァレー [2004] (正規品)
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
https://item.rakuten.co.jp/yanagiyawine/10004437/





╋━・
┃ ※ 仰天の珍品廃盤古酒。
╋━・






◎【奇跡の不良在庫シリーズ】
┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・━

2013年に登場した、『アタロン’03』から幕を開けた、「奇跡の
不良在庫シリーズ」。


本国アメリカでは、オールド・ヴィンテージまで行かない、"やや熟成
したワイン" は不人気なのだそうで、近頃こうした品々を日本の商社が
現地で発掘し、処分価格で仕入れて、日本で格安で販売され、再び日の
目を見る…そんなケースが増え、人気を博しています。


日本ではなかなかお手頃な価格で熟成したカリフォルニア・ワインを集
めるのは困難ですから、それが更にバーゲン・プライスで飲めるならま
さにWin-Winですよね。


ただそのような品々もピンキリですから、査定が必要です。


こうしたチョイ熟アイテムの中から、特に状態の良いもの、まだ枯れて
しまっていないもの、美味しいもの、素性の確かなもの、ユニークなも
のなどをヤナギヤ基準にて選抜した品、それが「奇跡の不良在庫」シリ
ーズです。


これまでにも以下のようなワインをご案内し、好評博して参りました。

────────────────────────────────
【奇跡の不良在庫Vol.1】 アタロン・メルロー (2003)
【奇跡の不良在庫Vol.2】 シェヴリオ・ピノ・ノワール (2007)
【奇跡の不良在庫Vol.3】 イオ・シラー (2004)
【奇跡の不良在庫Vol.4】 イオ・アッパー・ベンチ (2004)
【奇跡の不良在庫Vol.5】 ガガ・ロゼ&ブラン (生産終了品)
【奇跡の不良在庫Vol.6】 ザ・ワイン・プレス・シャルドネ (2010)
【奇跡の不良在庫Vol.7】 ヴァレンタイン・メルロー (2003など)
【奇跡の不良在庫Vol.8】 ヴァレンタイン・カベルネ (2003など)
【奇跡の不良在庫Vol.9】 マクレー・ファミリー (2006など)
https://item.rakuten.co.jp/yanagiyawine/10004310/
【奇跡の不良在庫Vol.10】 トロワ・ヴォワイエル・カベルネ (2005)
https://item.rakuten.co.jp/yanagiyawine/10004441/
【奇跡の不良在庫Vol.11】 トロワ・ヴォワイエル・SB (2004)
────────────────────────────────


で、この度のご案内は第11弾。カベルネが好評博しておりますトロワ
ヴォワイエルの白がこのワインです。



◎【弩級珍品!ナンですか、このワインは・・・】
┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・━

オベール、セリタス、デュモル、パルメイヤー、レッド・カー、ポール
ホブス、パッツ&ホール、タンデム、ジョセフ・スワン、マクロスティ、
ゲアリー・ファレル、デ・ローシュ、ビーヴァンetc...


ソノマを代表する綺羅星の如き生産者達がこぞってその果実を求め、特
にシャルドネにおいては聖域と化しつつあるルシアン・リバー随一のグ
ラン・クリュ…それがご存知『リッチー・ヴィンヤード』。


弊社からもこれまで『レイミー』を筆頭に、数々のリッチー産シングル
ヴィンヤードの名作をご案内させて頂き、好評博して参りました。そし
て各生産者からのリッチー単一畑が登場するたび、リッチーについて次
のようにも綴って参りました…「近年ではピノ・ノワールとソーヴィニ
ヨン・ブランの栽培にも着手し…」と。


長く文章を弄っていなかったため、「近年では」というあたりの情報が
古くなってしまってはおりますが、ともかくリッチー・ヴィンヤードに
植えられている白葡萄品種は、シャルドネだけではありません。


●そして今回、遂に入手して参りました、"リッチー・ヴィンヤードか
 らのSB" を・・・それがこちらの、『トロワ・ヴォワイエル』!!


リッチーからのSBというだけでも大変なサプライズでしたが、正規イ
ンポーターよりインフォメーションを頂き、更に驚かされたポイントが
「年号」と「価格」。


見れば’04年…即ち13年熟成のヴィンテージ・ワインであり、であ
りながら、なんと2000円台という破格値。これは一体どういうこ
となのか…



◎【ウィルソン・フレミング (Wilson Fleming)】
┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・━

実はこの『トロワ・ヴォワイエル』なるワイナリーは、既に閉鎖されて
しまており、現在では存在していません。日本ではあまり手に入らない
「熟成したカリフォルニア・ワイン」を求めて正規インポーターが現地
を探索していたところ、その話を聞きつけたホールセラーよりオファー
を受け、米国マーケットに残されていたこの眠れるお宝ワインを日本に
引っ張ってくることが出来たのだそうです。


1999年、イーディス・ウィルソンとトニー・フレミングにより、
オールド・ファッションかつ少量生産のワインを造ることを目的に立ち
上げられたワイナリーが、『ウィルソン・フレミング・エステート』。


同社が自社畑からのカベルネとシラー、そしてセレクト・ヴィンヤード
からの買い付け葡萄によるソーヴィニヨン・ブランという三種の高品質
なハンドクラフト・アイテムを軸としたレーベルが、2002年に誕生
したこのトロワ・ヴォワイエルでした。


何度か書きましたが、所謂「チョイ熟ワイン」は現地では不人気で、私
共から見れば宝石のようなこのワインも、あちらサイドにしてみると、
単なる不良在庫という扱いなのだとか。事実、正規インポーターも処分
価格でこのオファーを受け、その安さに驚いたそうです。試飲してみた
ところ味わいも申し分なく、輸入を即決したとのこと。



◎【リッチー産SB】
┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・━

ところが正規インポーターを悩ませたのが、このワインの素性について。
既にワイナリーが閉鎖しており、Webサイトも無く、確かな情報が何
もないのです。そんな折、運よくワイナリー・オーナーの直近のコメン
トを入手することができたのだそうです。そこには驚きの文章が…


「We were fortunate to source Sauvignon Blanc grapes from the
renowned Ritchie Vineyard located in the Russian River
appellation.」 (原文まま)


トロワ・ヴォワイエルでは、毎年RRVとドライ・クリーク、どちらか
のエリアで栽培家と契約して果実を購入していたのだそうですが、この
’04年に関してはその先がリッチーだというのです。13年もの時を
経た、しかもこの価格のSBでありながらまだ生きていた…というのも
リッチー産果実の使用という背景があるならば納得できるというもの。


念のため、正規インポーターに尋ねました…「欠点を挙げるなら?」と。


すると、「我々がイメージする "不良在庫" というほどの数が残されて
いなかったことだ」とのこと。価格と味わいに興奮してオファーを受け
たものの、期待したほどの数が無く、肩透かしでガッカリ…というわけ
です。結果、弊社としても追加不可なうえに、ご案内可能数も72本
のみ。


そういったわけで下記極少数の単発売り切り販売で、試飲サンプルも頂
くことができなかったのですが、正規インポーター曰く「弊社が保有す
るカリン・セラーズのSBに通づるものがあるが、カリンほど深みは無
い。その代わり、カリンよりもまだ生き生きしている」とのこと。


価格差とヴィンテージ差を考えればどちらも当然ですね。カリンを小ぶ
りにして、若くした…プチ・カリンとでもいったところでしょうか。た
だこの価格と素性ならば一見の価値あり…と判断しましょう。


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
●出ているだけの売り切り限定品。それにしてもリッチー産SBとは…
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

┗>> 私もまだ未体験ですが、それにしても、安すぎません!?



↓続きはWebで…(極・珍・品)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
≪奇跡の不良在庫第11弾/72本一発限定≫
○トロワ・ヴォワイエル ソーヴィニヨン・ブラン (リッチー
   ヴィンヤード) ルシアンリバーヴァレー [2004] (正規品)
https://item.rakuten.co.jp/yanagiyawine/10004437/



                        ▼合わせてどうぞ
☆━ PICK UP ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆
≪同シリーズのカベルネも抜群です≫ こちらはヴェリテのとなりから。
●トロワ・ヴォワイエル カベルネ・ソーヴィニヨン
           アレキサンダーヴァレー [2005] (正規品)
https://item.rakuten.co.jp/yanagiyawine/10004441/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





────────────────────────────────
=■ヤナギヤの【新入荷】【おすすめ】【特売】【イベント】などの
=■情報は全てトップページに集約しています。一度ご覧下さいませ。


【↓トップページはこちら】最後までお読み頂き、有難う御座いました。
https://www.rakuten.co.jp/yanagiyawine/


────────────────────────────────
 ※メルマガでの表示価格は全て税別価格となっております。
────────────────────────────────









メルマガを購読

最終更新:2019/01/31 12:12

コメント 0件

ページ上部へ

カレンダー

2019年1月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

今月

過去の日記

2022年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2021年
2020年