【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2008/09/30 07:07

シルクフラワー(]silkflower)という言葉は
業者が使っている言葉が一般的になったのだとは思いますが、
実際に昔、香港フラワーといったビニールのものからいつ”シルクフラワー”
への技術革新があったのか、もともとは”絹の花”が原型にあったのか?を
昔からの業者さんに聞いてみました。

すると、どうも原型としての絹の花というものは大量ではないがあったようです。
その起源の場所は諸説あってさだかではないのですが、絹の機能面での弱さ、日光褪色、
糊の問題、堅牢度、品質の安定性、価格の問題をポリエステル製で解決する技術革新が
30年くらい前にあったようです。

場所は、繊維の加工基地として強く人手もある香港で(一説には日本の
合繊メーカーに関係している人が提案したという話もあります)
中国人の方、アメリカの会社などどう関係したのかは、よくわかりません
が急速に拡大し、その中で日本にも輸入されるようになったようです。
(フラワービジネスはいつもアメリカが先進国です)

名前についても最初は絹を超えたという意味の”マジックシルク”とか
”スーパーシルク”と呼んでいたのが、いつのまにか業者の間で前半部分
が抜け落ちて”シルクフラワー””silkflower”となったようです。
(ある方にアメリカの先進業者のselo社が"magic silk"という事で
今のシルクフラワーを売り出したのが1973年だと教わりました)

最終更新:2008/09/30 07:07

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件 コメントを書く

コメント入力欄
お名前(必須)
タイトル(必須)
本文(必須) ※全角で800文字まで記入できます。

書き込みに際しては店長の部屋規約の禁止事項や免責事項をご確認ください

ページ上部へ

カレンダー

2008年9月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

今月

過去の日記

2021年
2020年
2019年