【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

日別記事一覧

2017/03/16 11:24

礼服喪服レンタルのやましたスタッフNです。



【弔辞は断らずに引き受けるのがマナー】
告別式で読み上げられる弔辞は、故人との思い出を語りながら、
故人の死を悼み、別れの言葉とするものです。
遺族は故人との関係を考えて、ぜひにと思う人に依頼するものなので、
頼まれたらよほどのことがない限り、断らずに引き受けるのがマナーです。

内容は故人の人柄や業績をたたえ、追慕と感謝の気持ち、
残された者の決意などの述べ、最後に遺族への慰めと別れの言葉で結ぶのが
一般的な形式です。

友人、先輩、後輩、恩人など、依頼された自分の立場を考え、
故人とのつきあいを思い出しながら、ふさわしい内容を考えます。

奉読時間の目安は3分。
原稿にして1200字が目安です。
忌み言葉に気をつけ、美辞麗句を並べたり形式的なものにならないよ、
自分の言葉で書きましょう。

弔辞は記念として遺族のもとに残るのでていねいに書きます。
巻紙に、薄墨、毛筆で書くのが正式ですが、
市販の弔辞用の用紙を利用すると便利です。
便箋に書く場合は白無地にし白無地封筒に入れます。



礼服喪服レンタルのやました

今夜のお通夜に間にあいます!困ったときの礼服喪服レンタル【北千住センター】

最終更新:2017/03/16 11:24

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります。

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2017年3月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

今月