【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2017/05/24 10:00

礼服喪服レンタルのやましたスタッフNです。



【葬儀・告別式の進行】
喪主をはじめ、遺族、近親者、世話役など、葬儀に出席する人は、
葬儀開始の10分前には着席し、僧侶の入場を待ちます。

僧侶が入場し、司会者の開式の辞のあと、読経が始まります。
このとき、死者を悟りの世界へ導くための「引導(いんどう)」が渡されます。
引導とは、死者を仏の道に導き入れることですが、引導を渡す作法は宗派によって違います。
葬儀に加わる僧侶の中で最も位の高い僧侶を「導師(どうし)」と呼び、この導師が引導を渡します。
葬儀で、最も重要な部分です。

葬儀と告別式を分けないで行う場合は、僧侶の焼香につづいて、
喪主、遺族、近親者が焼香したあと、一般会葬者の焼香に移ります。
喪主、遺族は一人一人に黙礼をします。

会葬者の焼香が終わると僧侶は退席するので、会葬者は一礼して見送ります。
椅子席のときは起立します。
その後、司会者は閉式の辞を述べ、一般会葬者に「出棺の用意ができますまで、控え室でお待ちください」と案内します。
閉式の辞の前に、喪主か遺族代表が簡単にお礼のあいさつを述べることもあります。



礼服喪服レンタルのやました

今夜のお通夜に間にあいます!困ったときの礼服喪服レンタル

最終更新:2017/05/24 10:01

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります。

コメント 0件

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2017年5月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

今月