【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2017/05/17 13:58

礼服喪服レンタルのやましたスタッフNです。



【弔辞の順序と弔電の整理】
通夜が終わったら、喪主、世話役は、葬儀社と葬儀の式次第について、こまかい打ち合わせをします。
司会者を決め、弔辞の順番を確認します。

弔辞は故人と親しかった友人、あるいは職場の同僚や直属の上司など、2~3名に依頼します。
3~5ふんで読める長さが適切です。
依頼先には400字詰め原稿用紙で3枚程度までであることを伝えます。

届いている弔電には遺族が目を通し、葬儀で紹介するものを選び、順序を決めます。
一般に、弔電を披露する時間は5分程度で、全文を披露できるのは多くても5~6通です。
名前や肩書きなど読み違えがないように、仮名をふるなどします。

司会者は葬儀社に依頼するケースがふえていますが、
できれば故人と縁の深かった人にお願いするのがよいでしょう。

喪主や世話役代表など、だれがどの場面で、
どのような内容のあいさつをするかについても打ち合わせをします。

出棺のときに、遺族のだれが棺を運ぶかも、決めておきます。

遺族や近親者以外で、火葬場に同行してもらいたい人がいれば、
あらかじめ了承を得ておきます。
人数によってはマイクロバスなどの手配をします。



礼服喪服レンタルのやました

[夏BB6ダブル]身長170〜175cm ウエスト98cm♪

最終更新:2017/05/17 13:58

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります。

コメント 0件

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2017年5月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

今月