【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

日別記事一覧

2021/01/22 21:00

イタリアワインの銘醸地、バルバレスコ最上格の畑《ラバヤ》を所有し、国内外から注目を浴び続けている、バルバレスコを代表する作り手《ブルーノ・ロッカ》。

ボトリングを始めた1981年頃、バルバレスコには《テロワール》の概念がなく、畑の区画違いを表現する造り手が周囲いませんでした。

2000年代に入ると、単一畑を表す《MGA=追加地理言及》の概念が誕生し、2010ヴィンテージから畑名がラベルに表記できるようになったことで、単一畑文化が根付いたと言われます。

そんな中、当初からブルゴーニュに足繁く通っていた当主ブルーノは、土壌の違い、栽培、醸造について学び、畑ごとのテロワールを追求し、今では、所有する全ての畑が、単一畑で名乗れる区画です。

本日ご紹介するワインは、2001年から買い足して来た、単一畑《クラ》。

バリックではなく、大樽で長期熟成させることに試みた、初ヴィンテージが2012年。

数年の熟成期間を経て、そろそろ、飲み頃を迎えつつあるワインです。

先代の造り方に似ていることから、復刻ラベルを採用。

初代ヴィンテージを手に入れられるなんて、とってもラッキー!

この機会に、バルバレスコの真髄に触れてみてください。

ダウンロード (5).jpg
▼バルバレスコ クラ リゼルヴァ2012ブルーノ ロッカ (赤ワイン)
▼20,746円

最終更新:2021/01/22 21:01

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります。

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2021年1月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

今月