【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

日別記事一覧

2019/11/10 14:09

PB080346.jpg
アメリカのカリフォルニアで、1968年から代々続く家族経営、2018年に50周年を迎えた、ボーグル・ヴィンヤーズから、Jodyさんがタカムラにご来店、スタッフ勉強会を開催しました!

Jodyさんは、3人兄弟の長女。お兄さんのワレン氏が社長で、弟のライアンが経理担当。まさしく家族経営。

クラークスバーグという場所で、1800年代から農業を代々営んでいたボーグルファミリー。毎年、植え替えなくてもいいものにしたい。と、コーン畑を、ポテト畑にしたところ、全滅してしまい、実は、その土地は、ブドウにとっていい場所なんだよ。という助言のもと、ブドウ栽培を始めることとなりました。

僅か、4haから始まった畑も、今や、750haにも拡大し、アメリカ全土で12番目に大きなワイナリーに発展!

●『価格以上のものを作る』

永遠のテーマとしてワイン作りに励んでおられます。

★驚きその1★
年間約200万ケース(約2千4百万本)の生産量を誇るボーグルは、全てを、畑ごとに醸造(タンクを分ける)、全てのタンクのテイスティングを、醸造長エリック氏(勤続25年以上)が担っているとか。

★驚きその2★
畑ごとにタンクを分けるため、熟成させる樽の数も凄い…
毎年12,000樽を購入、7年間かけて使用するため、常に80,000樽をワイナリー内に常備しているようです。(想像がつかないです(汗))

★驚きその3★
地球環境にも配慮したワイン作りをし《カリフォルニア グリーン メダル》を受賞しているボーグル・ヴィンヤーズ。2007年以降、契約農家にも、サスティナビリティーの認証サポートをしていて、2018年には、96%の契約農家さんが認証されたそうです。
そのサポートには、契約している金額と別に、1tに対して25ドル追加する、ボーナス制度もあり、金銭的サポートは手厚いようです。

さて、当日のテイスティングワインは…
PB080347.jpg
●シュナン ブラン
●シャルドネ
●ピノ ノワール
●オールドヴァイン ジンファンデル
●プティ シラー
▼エッセンシャル レッド

中でも、スタッフから人気が高かったのが、シュナン・ブランとプティ・シラー。

どちらも、1968年にブドウ樹として初めて植えられた品種。

シュナン・ブランは、クラークスバーグでも初めて植えられたと言われていて、アメリカではボーグルのワイナリーのみしか手に入らないそうです。フローラルなアロマ、ジューシーで酸が持続し、とてもピュアな味わいが、たまらなく後を引く味。和食には抜群に合いそうです。

プティ・シラーは、粒が小さくワイン自体が濃く仕上がり、一般的には、青みや苦味を感じるものを口にすることが多いのですが、ボーグルは違いました!ブドウの凝縮した、なんとも妖艶な香りに、まず、ウットリ♪濃厚なのに、とっても滑らかでエレガントな味わい。まったく青臭さは感じない、非常に美しいワインです。

ハッキリ言って、2千円台前半でこの味わいは、《目からウロコ》!!!

改めて、素晴らしいと感じました。

みなさまも、是非、お試しください。

Jodyさん、楽しいひとときを、本当にありがとうございました!

IMG_1553.jpg

最終更新:2019/11/11 09:06

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります。

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2019年11月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

今月

過去の日記

2020年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2019年
2018年