【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

日別記事一覧

2019/10/09 19:07

良年のみにリリースされ、1976年の初リリース以降、発表されたヴィンテージは過去僅か9回という、特別に高貴なシャンパーニュ、レア・シャンパーニュ

その醸造責任者を務める、レジス・カミュ氏の来日に際し、お会いする機会に恵まれました!
20191009タカムラ レア・シャンパーニュ シャルル・エドシック レジス・カミュ2

カミュ氏はシャンパーニュ業界で44年のキャリアを持ち、その間なんと、インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)で《スパークリングワインメーカー・オブ・ザ・イヤー》を8回も受賞するという、シャンパーニュ業界の偉人です。

カミュ氏は《シャンパン業界の生き字引》と呼びたくなるほど、話題も豊富。お話しているだけで、人望の厚さがひしひしと伝わるとても素敵な紳士な上、とてもエネルギッシュです。

『10月の週末は全く家に居られないんだ。カバンを取りに帰るだけなんだよ。』

日本に来られる前の週にはアメリカ出張、そして日本から戻った翌週もアメリカ出張なんだとか!

が、そのお話しぶりに奢ったところは全くなく、レア・シャンパーニュへの思い、コンセプトをはじめとして、豊富な経験をお持ちだからこそ出来る様々なお話をして下さいました。

お話を伺いつつ味わわせて頂いたのは、レア・シャンパーニュの2002と2006!
20191009タカムラ レア・シャンパーニュ シャルル・エドシック レジス・カミュ1

2002は《iconic(象徴)》と名付けられているように、レア・シャンパーニュのスタイルの指針となるような味わいで、フレッシュさがありつつも、15年以上を経て生まれた味わいのリッチさ、果実、スパイシーさやミネラルが、端正にまとまっています。

何とも言えない余韻の長さと心地よさに、プレステージ感が漂います!

2006は《sunny(陽がさす)》と言われるように、熟度が高く、質感によりクリーミーなタッチがありますが、フレッシュ感と奥行き、そして温度が上がってもぶれない輪郭など、レアに欠かせない要素をしっかりと備えています。

2ヴィテージを並べて飲むという、何とも贅沢な時間を過ごさせて頂きました♪

ゴージャスなボトル以上の存在感を見せる贅沢な美味しさには、シャンパーニュ業界の生き字引の経験とセンスが活かされている事を実感した、貴重な時間でした。

中身良し、見た目良しの《麗しい》という言葉がピッタリのレア・シャンパーニュ、ここぞという1本をお探しの皆様に、自信をもってオススメします!

最終更新:2019/10/09 19:07

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります。

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2019年10月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

今月