【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

日別記事一覧

2019/08/09 17:16

先日、2018年に設立210周年を迎えた家族経営のシャンパーニュ・メゾン、アンリオより、醸造責任者のローラン・フレネ氏、輸出担当の西山雅巳氏が来日。

ロゼ・ミレジメの新ヴィンテージ2012年がリリースされるにあたって、お披露目会に参加させて頂きました♪

更に今回は、ちょうど昨年夏に披露された《アンシャンテルール》に代わる、新しいキュベ《エメラ》《ブリュット・ミレジメ2008》も提供されるとあって、昨年味わった状態との比較も興味深いものでした。

s-s-IMG_9886.jpg

乾杯は、アンリオの会では必ず決まっているという《ブラン・ド・ブラン》でスタート!

【アンリオらしさ】

・フレッシュ
・ミネラリー
・果実味が豊か
・アフターに蜂蜜のニュアンスがある事

《ブラン・ド・ブラン》は、いつ飲んでも、この『らしさ』をシンプルに表すアイコン的キュベ。

前菜にジャガイモの小さな冷製スープ的なものが出されたのですが、《ブラン・ド・ブラン》のキメ細やかな質感に、クリーミーなジャガイモが染み渡っていき、甘みを絶妙に引き立てつつ、シャンパン自体の良さも失わないという、何とも喜ばしいマリアージュ♪

続いては、アンリオのロゼはブリュットよりも、よりフレッシュな果実感を楽しんで欲しいということで、早くも《ロゼ・ミレジメ2012》が登場!

先ず、そのハッキリとした濃い色合いに、参加者一同驚きの声が。(アンリオアンバサダーで東京の名店アピシウスのソムリエ情野さんは『ボルドーのロゼのようだ!』と評されたそうです)

フレネ氏いわく、この色は意図した訳でなく結果としてこうなったのだとか。

s-IMG_9877.jpg

実際に、香りも味わいも、その色合いからイメージされる鮮やかな赤果実のニュアンスが散りばめられていて、フレッシュでエネルギーに満ち溢れているような印象的な1本でした。

実は、2012年は頻繁に霜の被害が畑を襲ったという、悲劇からのスタートで収量は激減したが、熟度と酸のバランスが完璧で…

『ヴィンテージとアンリオのスタイルが、相思相愛のように一致した!』

非常に稀有な年だったとのこと!

しかし収量が減ったことで、グラン・クリュの畑しか使用しない《エメラ》の生産はあきらめ、ノンヴィンテージとミレジメ物に集中したいと、フレネ氏が生前のジョセフ・アンリオ当主に直訴したという貴重な裏話も。

会の最中、アンリオではノンヴィンテージが9割を占めるのだから、傑出した年だからと言って収量が少なければ、ノンヴィンテージを優先するという事を、何度も強調されてました。

その後は、《ブリュット・ミレジメ2008》《ブリュット・ミレジメ2005マグナム》《エメラ》と続けて登場。

昨年味わった、ミレジメ2008とエメラそれぞれの個性はそのままに、熟成由来の香ばしさや蜜のニュアンスがより感じられ、更にオーラをまとったかのような佇まい。

そして、密かに会場が沸いたのが、ミレジメ2005のマグナム!

s-4580018601308.jpg
マグナムボトル ブリュット ミレジメ [2005]アンリオ 1500ml( 泡 白 )

既にレギュラーボトルは完売していて、限定でマグナムがあと少しあるという事で特別に提供されました!

これが凄かった!
ゆるやかに熟成するマグナムだからこそ到達した…

『アンリオらしさの極みとも言えるスーパーピーク!!!』

ちょっと大げさな感想かもですが、周りの参加者の方もザワついていた(笑)ので、あながち間違ってないかと思います(^_^;)

ロゼのリリースは少し先ですが、それまでは一段とオーラをまとった2008やエメラ、希少な2005のマグナムを、シャンパン好きの方には、是非、味わって頂きたいです♪

ローランさん、西山さん、ありがとうございました!!

s-IMG_9879.jpg

最終更新:2019/08/09 17:19

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります。

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2019年8月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

今月