【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

日別記事一覧

2019/03/14 17:17

その価格2,000円台にして、数々の産地を取材している実力派ワイン・ライターに『コシュ・デュリ、しかもほぼ一級を彷彿』と言わしめたワイン、ギリシャのクレタ島にある、ドゥルファキス・ワイナリー

あまり日本で売られているギリシャ・ワインは多くないものの、出会ったワインは、魅力的なものが多く、、ギリシャ・ワインが気になっていた矢先…

ギリシャに訪問させて頂くチャンスが来ました!

古くからワイン造りの歴史があるとして知られるギリシャですが、いろいろ話してみると、まだスタートして数十年のワイナリーが多く、それというのも、かつては大手にブドウを売るのが一般的だった中、この数十年で自らワイン造りを行う造り手が増えたからだそうです。

そう、今現在、まさに進化中の造り手&産地が沢山あるのがギリシャなのです!

今回参加したののは、日本、韓国、ベルギー、ロシア、ポーランドから集まったワイン関係者向けのプログラム。

『エノラマ』という、ギリシャ各地の生産者が集まり、アテネで開かれた展示会と、個別に生産者と話し、ワインを味わうミーティングが主で、味わったワインは、造り手で数えても50に及び、種類で言えば、ざっと考えても200種ほど!
20190814タカムラ ギリシャ220190814タカムラ ギリシャ1
20190814タカムラ ギリシャ320190814タカムラ ギリシャ4

ギリシャ・ワインのアンバサダー的存在、ラザラキスMWのレクチャーも受け、おそらく、今まで味わってきたギリシャ・ワインの数よりもはるかに超える数を、滞在一週間足らず味わう濃密な旅でした!
20190314タカムラ ギリシャ5
20190314タカムラ ギリシャ6

そこで感じたのは。特に白に魅力あるものが多く、《熟した果実》《上質な白ワインに必要な酸味》《味わいの奥行きを生み出すミネラル》のどれもを備えたワインが多いという事。
20190314タカムラ ギリシャ920190314タカムラ ギリシャ10
20190314タカムラ ギリシャ720190314タカムラ ギリシャ8
20190314タカムラ ギリシャ1120190314タカムラ ギリシャ12
20190314タカムラ ギリシャ1320190314タカムラ ギリシャ14

今回の訪問までにも、ギリシャ・ワインを代表する、サントリーニ島のアシルティコと刺身との相性の良さは実感していましたが、現地で色々なワインを飲み、シンプルな調理で頂いた魚料理などと味わい、ギリシャ・ワインは日本のワイン好きにとって、魅力的なワインだと実感してきましたので、今後、ご紹介の機会を増やしていきたいと思います!

偶然通りかかった場所で開催されていた市場に寄ってみたり、
20190314タカムラ ギリシャ1520190314タカムラ ギリシャ16

朝早起きして神殿にダッシュで行ってみたり
20190314タカムラ ギリシャ18

毎日忙しく過ごしているうちに『ギリシャ・ワインに浸る旅』は終了。
20190314タカムラ ギリシャ19

そうそう、展示会では、あの『コシュ・デュリ、しかもほぼ一級を彷彿』の造り手、ドゥルファキス・ワイナリーのオーナー醸造家、ニコス・ドゥルファキスさんともお会い出来ました!
20190314タカムラ ギリシャ20
ドゥルファキス、いいよね。』一緒に参加した業界関係者も名指しで褒めるドゥルファキス・ワイナリー。

近々、魅力的な新アイテムをご紹介できそうなので、楽しみにしていて下さいね!

最終更新:2019/03/14 17:17

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

2019/03/14 14:52

イタリア自然派ワイン界の重鎮であり、日本にも多くのファンを持つ、《カーゼ・コリーニ》のロレンツォ・コリーノ氏。

多くのコンサルタントの依頼をことごとく断って来た彼を口説き落とし、豊かな自然に囲まれた中で、彼とともに理想のワイン造りを行う、ラ・マリオーザのアントネッラ・マヌーリ氏。

ロレンツォ氏がその思い、考えを文字にした『ワインの本質』日本語版の出版を記念し来日、セミナーが行われました!
20190314タカムラ カーゼ・コリーニ ラ・マリオーザ ワインの本質 ロレンツォ・コリーニ1

このセミナー、なんと、ワインはないという、ワイン業界ではとても稀な会だったにも関わらず、彼らの言葉で直接話を聞けるチャンスに集まった人は、ソムリエ、ワインショップ勤務の方々のみならず、日本ワインの造り手なども集い、その注目度の高さを伺わせました。
20190314タカムラ カーゼ・コリーニ ラ・マリオーザ ワインの本質 ロレンツォ・コリーニ4
御年70歳を超えるロレンツォ氏ですが、お人柄あふれるその話しぶり、佇まいにますますファンになった人多数。

『長い目で見て大事だと思う事、正しい選択を大事にしたい。

私たちのように、機械を極力使わず、手仕事を重視する生産者には、EUの補助金は出ません。

私たちの糧になるのは、皆さんが私たちのワインに価値を見出してくれている事です。』
思想だけでなく、CO2排出量などのデータも取るなど理論的考えの元にロレンツォ氏ととアントネッラさんの二人の語る言葉には、実際に行動をしてきた人だけが持つ、説得力がありました。

そして、おそらく参加者の誰もが感じたであろう、ロレンツォ氏と輸入元の太田さんの絆の強さ。
20190314タカムラ カーゼ・コリーニ ラ・マリオーザ ワインの本質 ロレンツォ・コリーニ2
20190314タカムラ カーゼ・コリーニ ラ・マリオーザ ワインの本質 ロレンツォ・コリーニ3
約3時間に及んだ会に参加した誰もが、『参加して良かった』と思ったと思います。

ご存知のように、カーゼ・コリーニのワインはごく限られた入荷量のため、近々のご紹介予定はありませんが、ロレンツォ氏とアントネッラ氏がともに手掛けるマリオーザのワインは、近々入荷予定ですので楽しみにしていて下さいね!

最終更新:2019/04/23 11:48

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2019年3月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

今月