【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

日別記事一覧

2018/12/09 18:44

タカムラで彼のワインを販売させて頂いてから、かれこれ15年ほどになるでしょうか。

今ではその人気のあまり、入荷待ちで欠品してしまっていた、常識を覆すサンセール、セバスチャン リフォーのワイン。

その新ヴィンテージと共に、セバスチャン リフォー氏がやってきました!
20181210タカムラ セバスチャン リフォー1

セバスチャンリフォー氏のワインは『昔ながらのサンセールのスタイルだった、貴腐ブドウも混じる完熟したブドウから醸すサンセール』。
20181210タカムラ セバスチャン リフォー2

『ビオディナミで畑、ブドウ樹のバランスを良くすること。』を大事に手生み出される、その芳醇かつ豊かな香りと味わい、そして、土壌ごとのキュベが表現する味わいの表情の違いやミネラルに魅了された事のある方も多いはず。

父から受け継いだワイナリーを2004年から徐々に引継ぎ、2007年に完全に奥さんと二人で切り盛りするようになったそうですが、実はお父さんの時代は、『ビオディナミを実践していたわけではなく、いわゆる一般的な造りだった。』との事。

彼の時代から、畑仕事やワイン造りに『時間をかけてもブドウ本来の良さを引き出す』事をモットーにした大転換(とは本人は言ってませんが、きっとそう)を行ったようなので、改めて『仕事も劇的に増えると思うけど、そこまで踏み切った理由は?』と、聞いてみました。
20181210タカムラ セバスチャン リフォー3
『実家に戻ってワイン造りを始める前、ロンドンやパリのワインショップで仕事をしたんだ。

その時、グランヴァンと呼ばれるワインを含め、沢山味わう機会があったけど、自分が素直に好きなのはナチュラルなワインだったから、この道を選んだんだよ。』

そう実は、彼はロンドンであのマスターオブワインの学校、WSETで学んだり、パリではマドレーヌ通りに構える有名なワインショップ、ラヴィーニャで働いていたりと、広い視野を持ったうえで、この道を選んでいるのです。

おそらく、彼と共に二人三脚で歩んでいる、奥様の思いや支えも大きいと思います!
20181210タカムラ セバスチャン リフォー4
そんな彼のワイン、近々新入荷の2014と2015を飲ませて頂きましたが、『これこれ、この味♪』と、つい頬が緩んでしまう美味しさは相変わらずでした!

↓このカルトロンだけ、10mg/ LのSO2添加、他は全く無添加です。
20181210タカムラ セバスチャン リフォー6
『カルトロンは僕のワインを知ってもらう入門編かな。このワインを気に入ってくれたら、他のワインも飲んでみて欲しい。』

との事。

『コペンハーゲンの取引先の店にワインの入った228Lの樽をそのまま運んで行ってイベントに参加したんだ。

樽からパイプで直接注いで振る舞ったんだけど、一晩でなくなちゃったよ。』

『あるレストランで牡蠣に合わせるペアリングで僕のワインを使ってくれたんだけど、ひと月で1200本も使ったんだよ。』

と、『えっ!??』と、その場にいた皆が目を丸くするエピソードを話してくれました。
もう暫くで彼のワインが発売になりますが、おそらく今回も、ものによっては瞬殺になりそうですが、どのワインも、セバスチャンリフォーの思いとスタイルを感じることの出来る美味しさなので、ぜひ、まずは手に入る1本を味わってみて頂きたいと思います。

これからの15年も、次の15年も、きっと変わらず彼のワインをご紹介し続けているだろうなと確信した時間でした。

セバスチャン、美味しいワインをいつもありがとう!
20181210タカムラ セバスチャン リフォー5

最終更新:2018/12/09 18:45

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2018年12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

今月