【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

日別記事一覧

2018/06/11 18:49

スペイン訪問記《その2》です!

スペインの代表産地『リオハ』は、エブロ川上流から下流に沿って、アルタ地区、アラベサ地区、バハ地区という
3地域に分かれています。

前日アルタ地区を訪問の後、今日はリオハ州都ログローニョから車で30分ほどの、アラベサ地区にある、
『ヴィーニャ・レアル』と『コンティノ』を訪問しました。

どちらも、昨日訪れた、クネ(CUNE)が持つワイナリーです。

P1020670.jpg

まずは、ヴィーニャ・レアル。ここは、近代建築物に、ため息の連続でした。

醸造所は、円形で、収穫したブドウを破砕・圧搾した後、重力に逆らわずに扱う、グラヴィティーシステムを重視した作り。

P1020687.jpg

中に入って見ると、75本のステンレスタンクが並んでいて、↑青い輪に【IFO】(UFOに見立てて名付けられたそう(笑))というマシーンを設置し、

P1020685.jpg

↑圧搾後の液体が入ったタンクごと持ち運び、定位置のステンレスタンクに、果汁を落としいれたり、ルモンタージュまでIFOで行うとか。

人件費削減&生産量増加を実現させる、近代建築物です。

DSC_0706.jpg

この建物は、元々山の中にあったそうで、なんと、山を掘って、現在、樽熟庫&瓶熟庫として使用されてました(驚)
山の中なので、一定の温度が保てるそうですが、実際、ひんやりして、ずっと立ってると寒かったです。

DSC_0710.jpg

奥行きは、125m~!ドドーン!

瓶は、1つのカゴに588本入り、縦に最大10段迄重ねられるそうです。つまり…

588本×10段×125m=?????

規模の大きさが伺えますね(汗)

P1020691.jpg

先ほど、ステンレス・タンクがあった場所の真下には、リゼルヴァと、グラン・リゼルヴァの樽がずら~り♪

DSC_0721.jpg

↓さて、テイスティング・ルームに移って、ヴィーニャ・レアルのソムリエさんと試飲です。

P1020693.jpg

<テイスティング・ワイン>
1)ヴィーニャ・レアル・ブランコ・フェルメンタード・エン・バリカ2017(白)
コメント:梨やフレッシュなリンゴ、白い果実、白い花、丸みを帯びていて、余韻には蜜っぽさが残る。
相性のよさそうな料理:塩や脂肪分のある、味の濃い目の魚料理

2)ヴィーニャ・レアル・ロサード2017(ロゼ)
コメント:プロヴァンス風の淡いピンク色。ベリー系のチャーミングな香り、酸味もしっかり。
相性がよさそうな料理:貝類のサラダ

3)ヴィーニャ・レアル・レセルバ2014(赤)
コメント:赤系ベリー、スパイシーで、ミントのような香りも。酸味、塩味があり、フルーツの存在感がある。タンニンはソフトで切れがよく、1年後、深みがでそう。
相性がよさそうな料理:チキン、イベリコ豚、ハト(ソースがかかった料理)

4)ヴィーニャ・レアル・グラン・レセルバ2012(赤)
コメント:若々しさを残しつつ、丸みがあり、ユーカリやミントのような風味があります。数年寝かすと、チョコやタバコの風味が出てくると思われる。
相性がよさそうな料理:子豚の丸焼き、ステーキ、脂身の多い肉

興味があったので、リオハの3地域について、どんな違いがあるか、聞いてみました。

★リオハ・アルタ:クラッシックで、FINEワインが多い
★リオハ・アラベサ:フルーティー&エレガントで、モダンな仕上がり
★リオハ・バハ:アルコール度が高めで、お手頃ワインが多め

ヴィーニャ・レアルは、《リオハ・アラベサ》のワインなので、スペインのワイン文化を継承しつつ、
近代的で、若い消費者に対し、木(樽)の熟成の良さをうまく伝えようとしているワイナリーでした。

昨日のクネ(CUNE)に比べて、肩肘張らずに楽しめる、とっても心地いいワインでした!

では、同じ日に訪れた『コンティノ』へ、つづく…

最終更新:2018/06/12 11:53

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

2018/06/11 08:50

『クロ』のつくシャンパンの中の最高峰のひとつ、フィリポナのクロ・デ・ゴワス2008年が待望のリリースです!

そのリリースに先駆けて、社長のシャルル・フィリポナ氏が来日、お話を伺ってきました。

ヴァレ・ド・ラ・マルヌのマルイユ・シュル・アイ村にある単一畑クロ・デ・ゴワスは、マルヌ川に面した真南向きの畑で、なんと最大45度という急斜面にあるため、日照条件が非常に良いうえ、風が吹き抜ける立地であることからブドウが病気にかかりくく、健全なブドウが収穫できるのだとか。

その上、土壌は白い岩がむき出しの石灰質で、その岩は実際触っただけで手が白くなるほどの細やかでもろい土壌の為『ブドウがミネラルをしっかりと吸収する。』そうです。
20180601タカムラ クロ・デ・ゴワス2008 フィリポナ

実際触らせて頂いたら、手が真っ白になってしまいました(汗)

単一畑ではあるものの、細部にこだわりよりよいものを目指すため、15の区画に分けており、醸造も別々に行うのだそうです。

この年はシャルドネの出来がよく、いつもよりもシャルドネの比率が多いという事でした。

味わうともう、文句なしに上質感と美味しさが伝わってきます!

フィリポナが身上とする『リッチさとフレッシュ感の両立』、集中力がありながらも味わいに溢れ、リッチなのに重心は高く、多様性がしっかりと感じられます。

セミナーを聞きに来ていた業界人のグラスも、あっという間にカラになっていました(笑)

ちなみに、生産者の意向で『クロ・デ・ゴワス(今までは、クロ・デ・ゴワセ)』という呼び名に変わります。

10年の時を経て世に出たクロ・デ・ゴワス2008

待った甲斐がありました!

最終更新:2018/06/11 08:51

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2018年6月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

今月

過去の日記

2019年
2018年
2017年