【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

日別記事一覧

2018/03/05 18:40

あのシャトー・ペトリュスととある試飲会で最後まで張り合った事でその名を知られ、更に『神の雫』に登場し話題を呼んだプピーユ当主、フィリップ・カリーユ氏がお越し下さいました!
20180305タカムラ プピーユ2

『昔は濃いワインを造る事に気が言っていた時期もあったけど、今はそれぞれのヴィンテージを反映したワインを造りたいと思っている。

毎年違う個性をきちんと表現するためには、畑仕事が大事だ。

ペトリュスだってそうだろう?

僕はミネラルをキチンと感じ、酸味も大事にしたワインが造りたいんだ。』

と、フィリップ氏。その分、畑仕事を惜しまず、セラーでも細やかな仕事を行っています。
20180305タカムラ プピーユ4


今回、プピーユ2011、2013、そして近々入荷となる、2014を試飲させて頂いたのですが、いずれも、フィリップ氏の言うとおり、イキイキとした酸が、マッチョすぎない果実と質感など、丹念に育てたブドウの魅力を引き出している事が伝わります。
20180305タカムラ プピーユ3
若い時は特に、食事に合せるよりも単体で楽しむ方がいいのかな?と思うボルドー・ワインも多い中、プピーユは仲間と一緒に食卓を囲む時に飲みたい1本と言う感じです。

今ご紹介中の2011も、落ち着きが加わりはじめ、しみじみと美味しく、時間と共にゆったりと開いてくる感じがなんとも魅力的です。

とはいっても決して軽いわけでなく、しっかりと満足感も味わえるのもさすが。

そのせいでしょうか。おそらくパリに行かれた食好きなら、きっと一度は行かれた事はあるであろう、ハイ・センスな食品売り場で有名なパリのデパート、ボン・マルシェで、年6~8000本も売れているのだとか!

買い物に来られている地元のパリジャン、パリジェンヌは舌の肥えた上流階級の方が多く、選りすぐりの食材やお惣菜などが揃えられたボン・マルシェで、プピーユがこれほどに売れているというのは、グルメなお客様の評価も高いからこそ!

プピーユを飲めば、それも納得です。

そして、限られた年にだけ作られる、プピーユ・アティピックも味わいました!
20180305タカムラ プピーユ1
こちらは更に威厳と特別感のある美味しさ。

『僕は、この地で育ったブドウ、その年に出来たブドウの魅力をワインに表現したいんだ。

そうじゃなかったらこの仕事はしてないよ。』

正直すぎるほど正直なコメントのフィリップ氏。あっという間の時間で、最後は駆け足となってしまいましたが、フィリップ氏の熱い思いをしっかりと感じる事が出来ました!

一躍その名を知られた後も、常に進化し続ける熱い男、フィリップ氏と彼の分身プピーユ

ぜひ皆様も、美味しい食事と共にお楽しみ下さい!

フィリップさん、有難うございました♪

最終更新:2018/03/05 18:40

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2018年3月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

今月