【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

日別記事一覧

2017/09/30 16:30

F L O S
×
T A K A M U R A
W I N E & C O F F E E R O A S T E R S


昨年も大盛況だったコラボイベントを、今年も開催!

世界的に有名な照明器具ブランド『FLOS』。

今年4月にイタリアミラノで発表した、
新作アウトドア照明をタカムラにて、国内初披露です!

展示期間中、『FLOS』の照明で、店内が幻想的に装飾されます☆

20161008-03.jpg
※2016年開催時の写真です。


また、10月7日(土)開催初日の夜には、レセプションパーティー『 F L O S N I G H T 』も開かれます♪♪

20161008-09.jpg
※2016年開催時の写真です。

少しオシャレをして、
いつもと違うタカムラに、是非遊びにいらしてください♪

もちろん入場無料です☆

皆様のご来店を、心よりお待ち申し上げます!

――――――――――――――――――――――――

■レセプションパーティ
開催日/2017年10月7日(土)
時 間/18:00~22:00

■展示
期 間/2017年10月7日(土)~13日(金)
時 間/11:00~19:30 ※11日(水)休


――――――――――――――――――――――――

flos171007.jpg

最終更新:2017/09/30 16:31

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

2017/09/30 11:06

イタリアを代表する伝統高級ワイン『アマローネ』の造り手『MASI(マアジ)』から、エクスポート・マネージャーのマルコ・ザウリ氏にお越しいただきました。

DSC_5909.jpg

言わずと知れた、『アマローネ』の代表的造り手MASI。最初に畑を購入してから、もう245年も経っている
歴史の長いワイナリーなんです。

◆アマローネとは?◆
北イタリア・ヴェネト州の土着品種を使用、竹製の棚で乾燥させる『アパッシメント=陰干し』を経た、凝縮感と味わいの奥行きを備えたブドウを醸造するという、非常に、手間隙かかる、伝統的な造り方をします。

MASIは『アパッシメント技術』において専門家であることが証明されている超有名なワイナリーで、
アパッシメントの様子を、実際に写真を見せていただくと、『フルッタイオ』と呼ばれる部屋に、竹の棚がずら~り!

『空調はどうしているの?』と聞くと、部屋の上部に窓が付いていて、自然風を入れているそう。

風が強かったり、雨や雪のときは、窓の開け閉めをセンサーで動かし、締め切ったときは、風が部屋内に吹くようになっているなど、最新技術は進化しているのですね。

では、アパッシメント製法を取り入れたワインはどんなワイン?ということで、マアジの代表する4種類をテイスティングしながら体感してみました。

DSC_5889.jpg

<1本目>MOXXE’(モクセ)
見た瞬間、目新しさに、『え!?スパークリングだ!(嬉)』思わず声が漏れてしまいました(笑)
伝統を守りながら革新を続けるMASIが生み出した、アパッシメントしたブドウをブレンドしてできたスパークリング。

使われるブドウは2種。
◆ピノ・グリージョ80%:乾燥(アパッシメント)させず醸造(酸を大事にするため)
◆ヴェルドゥッツォ20%:2~3週間のアパッシメント(凝縮度が増す)

香りはとても華やかでフローラル、味わいはフレッシュなのですが、アパッシメントしたブドウが入っているからか、凝縮感があります。甘すぎず軽快で、とっても親しみやすい味わいです。


<2本目>MASIANCO(マジアンコ)
こちらこそ、マアジが革新的な動きを見せたワイン。70年代に、『白ワイン』のアパッシメントを研究し、このマジアンコが登場!

パイナップルや、蜜のような風味が広がりとっても華やか。色は少し濃い目。

MASIが造る、白ワインなんだぞ!と、ワイン名を付けたそうで…

MASI(マアジ)+BIANCO(白)=MASIANCO(マジアンコ)

とっても覚えやすい名前ですよね(笑)


<3本目>CAMPOFIORIN(カンポフィオリン)
タカムラでも大人気!カンポフィオリンが最初に造られたヴィンテージが1964年。現行ヴィンテージの2014年が、生誕50周年となりました!

というわけで、記念ラベルで登場!

DSC_6036.jpg

生誕50年前は、『リパッソ』という製法で行っていました。ヴァルポリチェッラ地域で昔行われていた製法ですが、いつの間にか消えてしまい、それを復活させたのがMASI。

『カンポフィオリン・リパッソ』という名前でワインを出したところ、これが大流行!

周囲の皆が作りたがったけれど、ワイン名を商標登録をしていたので、他の生産者は、『リパッシーナ』『リパッサ』など、別名を付けていたみたいです(汗)

その後、MASIが、『ダブル・ファーメンテーション』の技術を生み、1985年~1986年頃、『カンポフィオリン リパッソ』の商標登録を取り下げたとか。

◆ダブル・ファーメンテーションとは◆
摘み立てブドウで醸造したものと、アパッシメントで半乾燥したブドウを、同じ木樽で二重発酵する製法。より色合いに深みが増し、芳醇な香りと骨格を与える。

使用されるブドウは3種。
コルヴィーナ:ヴァルポリチェッラ地域でよく採れるブドウ。サクランボのニュアンスがあるそうです。
ロンディネッラ:タンニンや色に影響します。
モリナーラ:酸味や、スパイス感を与えます。

それぞれのブドウ70%はフレッシュな製法で、30%はアパッシメント。

その後、14ヶ月の大樽熟成→6ヶ月のボトル熟成を経て仕上がります。気軽にアマローネみたいな風味楽しめることで、『ベイビー・アマローネ』なんて別名もあります!

とっても可愛いイメージ。やさしいタンニンで、美しく、ほのかな梅ような風味がチャーミング。
伸びる酸で、お食事と一緒にあわせるとよさそう。


<4本目>COSTASERA(コスタセーラ)

フラッグシップ登場!

8002062000051_v.jpg
コスタ(日当たりがいい)セーラ(夕方)の意味があり、南西向けの畑で、夕方になっても日当たりがよく、
12~15kmほど離れた、ガルダ湖の光が反射し、畑に日をもたらしているとか。

100%アパッシメント(100日~120日)

いい年だけ生産。特に、この2012年は素晴らしい出来だそうで、ラベルに【5ツ★】マークが!(チェック・ポイント♪)

濃厚で、甘濃いニュアンスがとってもリッチな気分にさせてくれます。のびやかな香りで、カンポフィオリンより厚みがあり、とてもやさしいタンニン。濃密で優雅で、しっかりしててい、滑らか。余韻がとても心地よいです。

寒さが強まるとより一層美味しさを楽しめる、とっても良いワインです。

DSC_6000.jpg

短い時間でしたが、マルコさん、ご来店頂き、沢山お話してくださり、有難うございました!

最終更新:2017/09/30 11:22

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2017年9月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

今月