【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

日別記事一覧

2017/04/23 12:00

南アフリカワイナリー巡りも、終盤に差し掛かってきました。

次なる目的地は、ステレンボッシュ北部に位置するパールに本拠地を構える『フェアヴュー』です。

P1020526.jpg
可愛いヤギさん達が、お出迎え♪

P1020530.jpg
この日も、清々しいお天気でした。

フェアヴューのオーナー、チャールズ・バック氏は、南アフリカ・ワイン界で、ネルソン・マンデラ氏につぎ、
影響力のある人物と言われています。

沢山の人に沢山のチャンスを与え、ワインを通じて自立支援活動を積極的に行ってきた方であり、
南アを代表する生産者としてだけではなく、優れた経営者として人々の信頼を集める存在となりました。

例えば、フェアヴューで働く非白人労働者の、生活向上を手助けするために、南アフリカ政府とともに、
南アフリカ初、非白人労働者だけ、『フェアヴァレー・ワーカーズ・アソシエーション』の設立。

アパルトヘイト撤廃後の象徴と言える革新的なワイナリーです。

また、チャールズ氏は、複数のブランドを持っています。

<ブランド>
★フェアヴュー:ヴァラエタル・ワイン(1つの品種で造られる)&『コート・ドゥ・ローム』シリーズ(フランス・ローヌの品種で出来たワイン)

★スパイス・ルート:パールから北上、乾燥&暑いブドウ産地スウォートランド地区の自社畑ブドウで造られるワイン。

P1020547.jpg
ワイナリーの敷地内には、ワイン・ショップ、チーズ・ショップ、地ビール醸造所まで!

農産物は、ほぼ全て自家製です。

P1020539.jpg
醸造所巡りと

DSC_2559.jpg
テイスティングを一通り終えて、

P1020548.jpg
晩御飯は、敷地内にある、チャールズさんのご自宅で(なんと、有難いお話でしょうか…)

P1020552.jpg
オーナー、チャールズ・バック氏と、奥様のダンさん

DSC_2571.jpg
南アフリカの付き出し的に出てくるジャーキー&サモサなど

DSC_2577.jpg
チーズは全て自家製!!

ディナーの途中で、チャールズさんは、参加していたスタッフの皆さん一人ずつ、声をかける姿があり、
多くのスタッフを抱えていても、ひとりひとりを見つめる温かい目に、ウルっときました。

こうやって、贅沢な夜が過ぎていきました…

最終更新:2017/04/23 12:01

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

2017/04/23 09:00

世界で最も権威のあるワイン専門家としての称号『マスター・オブ・ワイン(MW)』。

イギリス出身の元シェフで、南アフリカ最初のMW(2011年)であり、自身がワイナリーを手掛ける『リチャード・カーショウ・ワインズ』(2012年設立)を訪問してきました!
3-3.jpg
この日は、シラーの圧搾初日でした。

リチャード氏が、ワイン造りに最良だ、と選んだ地は…

◆『冷涼地帯:エルギン地区』

リンゴ産業で有名なエルギン地区は、辺り一面『リンゴ農園』が見渡せ、実際、冷涼な地域だったことを実感してきました。
3-5.jpg

標高の高い盆地で海から20kmに位置し、ケープドクター(涼しい風)が病原菌を妨げ、湿度と気温を一定に保つ。雲が出来やすいので、ブドウを直射日光から妨げる事ができ、糖度が上がりすぎず適度なアルコール感になるそうです。

涼しい中で収穫するので、ブドウを冷やす必要もなく、酸も十分にあるので補酸をする必要もない。エルギンの冷涼気候下では、とてもいい条件が揃ってて、特に、良質なシャルドネやシラーが最適品種。

3-6.jpg

※MWリチャード・カーショウ氏による、南アフリカ・ワインセミナーを受講してきました!
3-7.jpg

4時間にも及び、MWリチャード氏のセミナーは、頭の中が沸くくらい熱のあるものでした(汗)(汗)

リチャード氏の拘りと言えば…

◆『クローン』

3-8.jpg

仏ディジョンにある、ブルゴーニュ大学で開発された『ディジョン・クローン』の、生命力の強い苗木を選び、区画に合わせたクローンで、ブドウを栽培。
3-9.jpg3-10.jpg3-11.jpg3-12.jpg

シャルドネ:CY95 CY96 シラー:SH9c SH22 という貴重なテイスティングも♪

拘りと言えども、最も大切なのは、ブドウに合った気候と土壌である。とリチャード氏。

◆ラベル 故郷イギリスとエルギンに関する事が盛り込まれています。
シルバー:生まれ故郷のイギリス・シェーフィールドは、銀食器で有名
バラ:バラでも有名なエルギン産を意味する(イギリスのヨークシャーもバラで有名)
セーリング:イギリスで有名
青い帯:冷涼な産地をイメージ

世界各国で話題を集め、今後も、大きな期待が膨らむリチャード氏のシャルドネ。

5千円代が高いと思うのは、今だけ!

手に入れられる時に、ご購入される事をオススメします!

※余談※
生産者が集うディナー会で、リチャードご夫妻とご一緒させて頂いたのですが、奥様曰く…
リチャード氏は、ご自宅で食事をする時も、レストランで食事をする時も、四六時中、テイスティング・コメントを呟きながら、うんちく語っているそうです(笑)

とっても仲良しで素敵なご夫婦でした♪

最終更新:2017/04/24 10:59

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2017年4月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

今月

過去の日記

2020年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2019年
2018年