【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

日別記事一覧

2016/08/18 12:21

本日の訪問先は…

シャンボール・ミュジニーのコント・ジョルジュ・ド・ヴォギュエです!
20160818タカムラ ヴォギュエ1

ドメーヌに続く道を抜けて行きます。
20160818タカムラ ヴォギュエ2

この下に、セラーがあるのです。以前伺った時は、工事の真っただ中でしたが、すっかり完成していました。
20160818タカムラ ヴォギュエ3

そして、ヴォギュエといえばこの方。『ワインを醸す詩人』ミエ氏です。
20160818タカムラ ヴォギュエ4

彼はヴィンテージごとのスタイルの違いを、季節や果実の表現を使い、とても細やかに表現してくれます。

今回は、2015年の樽試飲をさせて頂きました。ミエ氏いわく

2015年は『夏、暑くなりすぎる前のブランチ位の時間のイメージ。

ボタンやスミレなどが最も開いた状態の甘やかさがある感じや、陽を浴びた果実のイメージ。

だが、フルーツのシャーベットのように果実のフレッシュさがあり重くない。』

2014年は『まだ土がひんやりしているくらいの時期の春のイメージ。

春の花を思わせる、ロマンティックな印象。少しつぶした果実のような果実味とフレッシュさのバランスが取れた年。』

とのこと。

2013年は美しい冬のイメージだった。2014年春、2015年夏となると、2016年は秋かな。』

静かな語り口の中に、こんなお茶目コメントも挟んでくれます。

2016年は雹の被害で、ミュジニーのダメージが大きく、どれだけ楽観的に見ても50%減は確実とのこと…

下記は、スーティラージュ(澱引き)を行っているところです。こうしてワインは、瓶詰めの時を迎えるまで、ドメーヌの人々に見守られつつ、成長を遂げていくのですね。
20160818タカムラ ヴォギュエ6

試飲した2015年のワインはいずれも素晴らしく、ヴォギュエならではの気品は、やはり生まれた段階から備わっているのだと再認識。
20160818タカムラ ヴォギュエ5

決して気軽に飲めるワインではありませんが、ヴォギュエでなくてはいけない理由は確かにあるのだと感じた訪問でした。

最終更新:2016/08/18 12:21

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2016年8月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

今月