【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

日別記事一覧

2016/07/26 10:02

仏アルザスからのお客様、ミットナット・フレールの、クリストフさん&奥様のユカさんがタカムラにご来店くださいました。

↓こちらは、栽培管理をしている、クリストフさん(従弟のマルクさんが醸造担当だそうです。)
2016-07-25-12.10.51.jpg

南北に長いアルザス地方のちょうど真ん中あたりに位置する『ユナウィール村』で、1930年から続く老舗ワイナリー。

近くにある観光名所、コルマールに比べると、小さな村であるユナウィールで、初めて、ビオロジー栽培を開始し、
1999年にはビオディナミを導入。自社畑で採れたブドウで丹精込めてワイン造りをされてます。

様々な土壌の違いが見られるアルザス地方、ミットナット・フレールは、粘土質土壌で、フルーティーさより、全体的に、
しっかりとした印象を持つワインのようです。

ミットナットと言えば、以前、週刊モーニング『マリアージュ 神の雫』で、『寿司とワインのマリアージュ』で
登場したワイン『ギョタク』。

2016-07-25-12.46.28.jpg


ワイン誕生の由来を聞いてみました。

ユカさんのお父様、北海道でお寿司屋さんを営んでいるそうで、クリストフさんと訪れた際の出来事。

『寿司には、日本酒だろう。』と、日本酒を出した下さったようなのですが、どうも、納得のいかなかったクリストフさん。

『寿司には、白ワインが合うはずだ。』と帰国して、まず、合せてみたのが、リースリング。
でも、酸味が強すぎたせいか、これも合わない。

生魚、醤油、わさび、ガリ、寿司飯、あらゆる味わいにも合う、そんな風に造られたのが、『ギョタク』だったそうです。

リースリングとピノ・グリをメインに、ゲヴュルツトラミネール、ミュスカ、ピノ・ブランの5種類のブドウが入ってますが、寿司だけではなく、あらゆる和食に合うとのこと!

ところで、
『クリストフさんと、ユカさんの馴れ初めは?』と窺ってみると…
2016-07-25-12.46.59-1.jpg
以前、赤坂のフレンチレストランでシェフをしていたユカさんが、フランスで、食材を作っている人に直接会いに行こう!
と、農家巡りをされていた時のこと。

野菜を栽培している方、チーズ職人、ハチミツ栽培をしている方など、あらゆる方々との出会いの中、
『ブドウ収穫の人』として出会ったのが、クリストフさんだったそうです。

お2人の仲睦まじさを間近で見ていると、本当に心が温まりました。

そして、どんなワインのお話をしても、必ず、『こんなお料理と合いますよ。』と、美味しそうな料理のお話が、盛り沢山!

『美味しいお料理なくては、ミットナット・フレールは成り立ちません。』と断言するほど、お料理と一緒に楽しめるワインのようです。

2016-07-25-12.49.47.jpg

最後に、タカムラ自家焙煎コーヒーを口にされると、『美味しい~!お土産に買って帰ります~!』と、
目を輝かしながら楽しまれてました。

ご来店頂いて、本当にありがとうございました!

また、来てくださいね。心より、お待ちしております。

2016-07-25-12.56.32-1.jpg

最終更新:2016/07/27 12:03

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2016年7月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

今月