【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

日別記事一覧

2016/01/28 19:18

テルトル・ロートブッフ

と聞いて『好き!』と、答える方は、おそらく、長年のワイン好きでしょう(笑)

採算量も限られているため、あまり日本でもお目にかかる事の無いこのシャトーで経験を積み、同じサンテミリオンの家族が所有していたシャトーで、拘りのワイン造りをしている、エリック・ジャンヌトーさんが、初来日二日目にお越し下さいました!
20160128タカムラ テルトル・ド・ラ・ムーレール 1

実は彼、テルトル・ロートブッフのフランソワ・ミジャヴィル氏の娘さんの旦那さんです。
20160128タカムラ テルトル・ド・ラ・ムーレール 2

お父さんのミジャヴィルさんは、マシンガン・トークでしたが、エリックさんは、とても物静かな方ですが、その真面目なお人柄と、ワインの細やかな味わいが、イメージにピッタリでした。

なんと、生産量4~5000ほどの少量生産で、妥協なく収量を落とすので、生産量がさらに減ってしまう事も(汗)

『全部手仕事なんだ。剪定も一人でやってる。』

と、エリックさんは何でもないように言いますが、本当は簡単じゃないはず。

ヴァランドローの近くに畑があるそうですが、ヴァランドローのスタイルよりも、やはり、テルトル・ロートブッフの佇まいを感じます。

2013はカベルネ・フランの比率が上がったそうで、いつものスタイルとは違う、より繊細なスタイル。花のような印象もあります。

2012年は、いわゆるこのシャトーらしいスタイルで、マッチョではないものの、程よい凝縮感と深みがありながらも、フレッシュ感やイキイキとした魅力を備えています。

全く違うスタイルは、その年のブドウを生かしたからこそ。

どっちを選ぶかなんて、出来ません(汗)

エリックさんの日本滞在が、思い出深いものになりますように。

エリックさん、有難うございました!
2016-01-28-16.32.32.jpg

と、もうひとつ(笑)

実は、初来日の実直な彼に来日を決心させたのは、あのクロ・レオの篠原さん!
20160128タカムラ テルトル・ド・ラ・ムーレール クロ・レオ 3

そんな訳で、篠原さんも一緒お越し下さったのですが、じっくりとお話はできませんでした(汗)
20160128タカムラ テルトル・ド・ラ・ムーレール クロ・レオ 4

篠原さん、またお待ちしてます!

最終更新:2016/01/28 19:18

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

2016/01/28 12:05

最近では、『熟成肉』のみならず『熟成魚』も、人気ですよね。

新鮮な魚の美味しさも魅力だけど、熟成により旨みと質感に濃密さを増した魚は、ホントに魅力的…

では、ワインは何と合せるか!?

その一つの答えが、本日発売『週刊モーニング』掲載『マリアージュ~神の雫 最終章~』で、紹介されていました!!

     熟成中トロ
       ×
シャトー・グリュオ・ラローズ1999


4901777100046.jpg
※画像は2000年物

ロバート・パーカー氏も著書で、『品質は一貫して高い』とお墨付きを与えている、
ボルドー・サン・ジュリアン2級格付けのシャトー・グリュオ・ラローズ。

『優美で優しくて包容力があって、滋味に溢れた、まるで美しい羽を広げた蝶のよう』
(『週刊モーニング』掲載『マリアージュ~神の雫 最終章~』より抜粋)

と表現されている、99年物は現在、タカムラの在庫はありませんが、ビッグヴィンテージの2000年を始め、
飲み頃の96年、92年、78年もありますので、仲間を集めて、トロと垂直飲み会なんて言う、ゴージャスな会もいいかも!

『シャトー・グリュオ・ラローズ各種』

マグロと赤ワインの相性は、ワイン好きなら一度は試した事があるのでは、と思いますが、
この上級マリアージュも、是非、試してみたいところですね♪

気軽に熟成ワインの魅力を楽しめる、こんなセットもあります!

juku3-v42.jpg

最終更新:2016/01/28 12:51

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2016年1月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

今月