【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

日別記事一覧

2015/10/14 20:09

9/21(月)に第一次発酵が終わったのを確認し、デキュベという作業をしました。

今年は大きなコンクリートタンクでゆっくりカルボニック方法で発酵させ、葡萄をプレス機械に
移し圧搾します。今年はアルコール度数が高く酸の少なめの味わいになったので、酢酸発酵の危険を
回避する為、それと味わいを柔らかくする為です。

プレスの前に自然のフリーランジュースを地下のタンクに移しました。いつもはリンゴ酸だらけですが、
今年の味わいは本当にエレガントです。

そのデキュベ作業は葡萄が発酵中なのでとても大変な作業です。ガスの中で大きなシャベルで
葡萄をかき出しますので、力は要るし苦しい作業です。

s-新井11.jpg
今年は営業の佐藤君がワイン作りの研修にやってきました。

階段もないコンクリートタンクで、葡萄をかき出し深呼吸、かき出し深呼吸の繰り返し。
それが終わるとプレス機の機械のスイッチを入れる事が出来ます。

プレス機は約2時間、ゆっくりと葡萄を絞っていくのです。
その絞ったワインと、この地下の最初のフリーランをどれ位の配合でブレンドするかが問われる年となったのです。

醸しがちょっとだけ長い分、MLF(マロラティック)は早めに終わると予測されます。
今、タンクの中で静かにMLFを行っておりますが、全ては時間が経ってみないと判りません。
又、MLFが終わった段階でレポートさせて頂きます。


新井順子
(※輸入元様資料より抜粋)

imgrc0072392472.jpg

最終更新:2015/10/14 20:09

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります。

2015/10/14 14:51

2009年から誕生したヌーヴォーのセレクション/ ル・ポン・デュ・ディアーブル(小悪魔の橋)も
何と7年目になりました。

樹齢60年の単一畑のボージョレ・ヴィラージュ、すぐ上隣がCruのBrouilly、その畑の所有者は『ジョヴェール家』。
今の当主マルセルは4代目、SO2は全く使わず、無農薬栽培で自然な味わいに拘り続けている造り主です。
その畑を借りさせて頂いております。

s-新井1.jpg s-新井2.jpg
斜面の急な畑とたわわに実った健全なガメイ

今年の収穫は2015年9月6日(日)に行われました。
今年はとても暑い年だったので、Beaujolaisの収穫は8月下旬から始まりました。

周りはとっくのとうに終わっており、残っている葡萄はこのPont du Diableだけです。
今年の収穫者も去年と同じ2000キロ上離れたポーランドから収穫者がやって来ました。
彼らはとても良く働きます。今年の収穫は11名のポーランド人、6名のフランス人、2人のベルギー人、
そして日本人は1人です。

s-新井4.jpg s-新井5.jpg
今年の収穫者たち さまざまな国籍の人が集まります

いつもは日本から助っ人がやって来ますが、彼らは9月中旬なので、ボージョレの収穫には間に合いませんでした。
今年こんなに収穫が早まるとは誰もが予想しておりませんでした。ボージョレだけでなく、ブルゴーニュ全体が
8月から始まったのです。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、シャブリで収穫直前に大きな雹が降り、全滅したDomaineも有るとか…
本当に辛いです。農業は本当に判りません。

ボージョレは4ヶ月雨が降らず、メリットはボルドー液散布が一回だけだった事。
しかし雨が降らなかったので、実がこじんまりとして収量が減りました。

しかし葡萄の質はとても良く、あっという間に熟れてしまいました。
今年は殆どのボージョレはアルコール度数が例年より高いと思います。

s-新井6.jpg s-新井8.jpg

さて私の畑の収穫が全て終わり、いつもなら木の開放桶にどんどん葡萄を仕込みます。
しかし今年は先に収穫を始めた周りの生産者からはボラティル(揮発酸)が上がりやすいのと、
MLF(マロラティック)が始まらないという苦労をしているのを聞いていたので、方法を若干変えました。

いつも使用する木の開放桶でなく、コンクリートのタンクでの仕込みです。
そこで温度コントロールをばっちりして、目いっぱい発酵期間を伸ばす予定です。

s-新井9.jpg

ですのでいつもより、丁寧に丁寧にミルフィーユ状にGASを入れました。きっちりと蓋を閉め、
この地点からどんどん発酵は開始されます。

私のヌーヴォーは他の生産者より、重たいタイプで普通のボージョレ・ヴィラージュに負けないスタイルです。
しかし今年はいかにもヌーヴォー!!というような香りを全面に出し、その中でも厚みと風格を持った、
スタイルを狙っております。

発酵する容器が違うと用途が違うので、その味わいの違いが当然でますが、しかし私風の味わいは無くしません。
カルボニック期間をミニマム3週間、可能なら4週間に挑戦したいです。普通ヌーヴォーは行いません。

でも今年は収穫日が早くなった分可能なのです。だから実は私が一番楽しみです。
6年間方法を変えずに仕込んで参りましたが、こういう年だから新しい試みが出来ます。

是非他の生産者と比べてみて下さいね。
次回は9月末に報告させて頂きます。

新井順子
(※輸入元様資料より抜粋)

imgrc0072392472.jpg

最終更新:2015/10/14 15:17

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2015年10月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

今月