【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2020/01/26 18:04

シャンパーニュ地方で最も古い歴史を持つメゾン、ゴッセ

そのゴッセの品質を支える醸造長、オディロン・ド・ヴァリーヌ氏が来日、今回、タカムラスタッフのために勉強会を開いて下さいました!
20200126タカムラ ゴッセ 1

ゴッセと言えば、《マロラクティック発酵をしない》というスタイルが特徴的ですが、このスタイルを貫く理由、そしてそのためにやるべき緻密で高レベルな仕事について、今回改めてじっくり伺う事が出来ました。

◇マロラクティック発酵をしない事で、ブドウの持つ本来のリンゴ酸のポテンシャルを活かす。管理は何かを加えるのではなく、低温を保つことで管理。

◇美しい酸との調和のため、グランド・レゼルヴでも48ケ月、平均60ケ月もの長期熟成を行う。

◇契約農家との長く厚い信頼関係が上質なブドウの仕入れを可能に。それでもなお、仕入れたブドウでゴッセの基準に満たないと判断したものは売却してゴッセでは使わないという徹底ぶり。

◇こうして得た原酒は、質が高く、かつ、多様な個性を活かすため、細かい単位で仕込みを行う。

◇こういった贅沢な品質最優先の仕事を支えるオディロン氏は、ゴッセで15年以上勤めるゴッセを知り尽くした人物。

◇オーナーは18代続くコニャック・メーカーも所有するファミリーの所有なので、家族経営ならではのゆるぎない品質重視の信念を尊重した造りが出来る

《マロラクティック発酵をしない》というゴッセのスタイルには、これだけの理由、それを実現させる環境があればこそなのです!
20200126タカムラ ゴッセ6

そんなゴッセ、フランス政府から二つの名誉な称号を授与しています。

◇《エクセランス・フランセーズ(優れたフランスのもの)》→シャンパーニュメゾンではゴッセだけ!
20200126タカムラ ゴッセ3

◇《アントルプリーズデュパトリモワンヌヴィヴァン“Entreprise du Patrimoine Vivant(生きた文化遺産)》→シャンパンの造り手では、ゴッセボランジェルイ・ロデレールの3社のみ!
20200126タカムラ ゴッセ4
フランスにとってもゴッセは誇りなんですね!

今回、オディロンさんと共に、贅沢にもフルラインナップで味わわせて頂きましたが、スタッフもその美味しさに、グラスから手が離せない状態が最後まで続きました(笑)

一貫してゴッセのスタイルを感じさせる各キュベ。タカムラでも長くご紹介している、グランド・レゼルヴや、『プレステージ』と呼ぶにふさわしい高品質、セレブリスなどはもちろんですが、今回スタッフの多くが『これ、良いですね!』と、一段とテンションが上がったのが、ミレジメ2006(右から2番目の緑ラベル)です。
20200126タカムラ ゴッセ2

10年以上の熟成が育んだ表情豊かでふくらみのある味わい、クリーミーさが絶妙なバランスの美味しさなのに加え、ピュアさや細やかさも同時に感じる美味しさは、ゴッセだからこそ生み出せたものである事は間違いありません。

他のシャンパン・メゾンでは、最上級クラスですら2006年はとっくに販売済みのところが多いので、ただでさえ貴重なのですが、この完成度でこの味わい、強くおすすめさせて頂きます。

実は、オディロン氏の来日に合わせて日本に分けてもらった600本は、予約が殺到、輸入元さんからあっという間に消えてしまったそうなので、皆さん、出来れば早めにお買い求め下さい!

そんじょそこらで追いつく事の出来ない、長い歴史とゴッセに携わる人の誇りが生み出した、ゴッセの味わいと、オディロンさんのゴッセの守り神としての真摯な姿勢に触れた貴重な時間でした。

皆様、店頭でスタッフにゴッセの事を聞いて頂くと、熱いコメントが返ってくると思うので、お急ぎの際はご注意下さい(笑)
20200126タカムラ ゴッセ5

最終更新:2020/01/27 11:11

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2020年1月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

今月