【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2019/09/11 17:20

今年は非常に畑の管理がしやすい状況が続いております。雨がそんなに降らないので、トリートメントの回数が例年より少なく病気もほとんどありません。

4月に一度雹が降り心配しましたが、ほんの一瞬で被害はほんの少しだけです。ずっと晴れが続き、今はそれがプラスに働いておりますが、2003 年のように続くと、日照りとなって農業被害になりますが、今の段階では何とも言えない状況です。プラスとなるか、暑すぎて大変な年になるのか…これだけは言えますが、収量は決して多いとは言えないと思います。

お陰様で去年は赤、ロゼ、白と沢山の予約を頂きました。そこに近い葡萄は今の段階で確保出来ましたので、日照りがマイナスの方向に向かわない事をお祈りするばかりです。多少白の生産量が落ちそうですが…その願いが叶えば、 2018 年同様、良い年になる可能
性が高いです。でもこればかりは神様しかご存じありません。

一つ素晴らしいニュースがあります。ボジョレーの大御所、Jean Foillardから御縁がありました。

Joubert家のプレス機が新しくなりました。長年使用しておりましたが、もう30年選手。そろそろ新しい物に買いかえないとと思っていたら、近所の Jean Foillard 氏が新しいプレス機に変えると言うので、そのプレス機を譲って貰いました。

コンピューターで圧を調整できる優れもの。これがあれば最高のジュースを絞る事が出来ます。赤ワインにはそれほど影響はありませんが、白はプレス機の良し悪しで、葡萄ジュースの品質が決まります。

私は少ない白ヌーヴォーを醸造しているので、実はプレス機に拘りたかったのです。でも私の醸造所ではありませんので、贅沢は言えません。

このプレス機を見た時には本当に嬉しくなりました。去年までは白の絞りに本当に苦労したからです。

白ですがジョベールさんの畑のシャルドネは5年前に植えられておりますが、今年はその子達が大きくなり、大活躍すると思われます。それだけでは足りないので近所の無農薬の生産者シモンの葡萄を買います。

彼の畑は彼の経験と比例して畑の状態が年々良くなっており、シャルドネの品質も去年よりずっと向上しています。畑の写真を見て下さると、その様子が手に取るように解ります。なかなかボジョレーで無農薬のシャルドネを探すのは難しいので、シモンには頑張って貰いたいです。

今年は他の生産者の収穫は9月5日頃から予定しているようですが、私は 10日頃になると思います。が、暑いので急に早まるかもしれません。 8 月に日本の山形県で初めてのワインを作りますので、ボジョレーの収穫が早まると大変です。運を天にお任せするしかありませんね。

今年のヌーボーはスーパー期待して下さいね!

新井順子
2019年7月
(※輸入元様資料より抜粋)

4573461656360.jpg  4573461656377.jpg  4573461656384.jpg

s-bnr-bn2019top.jpg

最終更新:2019/09/11 17:21

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります。

コメント 0件

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

今月