【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2019/03/07 11:37

あのDRCのオーナー、オベール・ド・ヴィレーヌ氏とラリー・ハイド氏がタッグを組んで完成させた唯一無二のワイナリー、
カリフォルニアの《ハイド・ド・ヴィレーヌ》のゼネラルマネージャー、ジェイムズ アイアー氏がご来店下さいました!

ハイド氏は、素晴らしい畑として名高い《ハイド・ヴィンヤード》の所有者であり、カリフォルニアの名門オベールやパッツ&ホールなどにブドウを供給しています。

そしてなんと、ヴィレーヌ氏の愛妻パメラ氏のいとこなんです!

20190304_DSC_4828.jpg

『畑のテロワールをそのままワインにする』をモットーに、1972年に植樹して以来、介入は最小限にとどめています。

醸造前には実際にヴィレーヌ氏と一緒に方向性を決めるなど、こだわりぬいたそのワインの生産本数は年間5万本。

生産量の3分の1しか輸出しないそうで日本に入ってくる数もごく僅かな中、貴重なストックをテイスティングさせて頂きました。

20190304_DSC_4890.jpg

『全てはブドウ畑で完成されているから何も手を加えなくていいんだよ。』

その言葉の通り、テロワールとブドウ本来のピュアな特徴を表現、ヴィレーヌ氏が惚れ込んだ畑から作られるシャルドネはやはり流石の完成度でした。

中でも『まさにカリフォルニアのグランクリュだね。』とジェームズ氏が太鼓判を押す単一区画『コモンダンテ』は、ブルゴーニュのグランクリュのような壮大なスケール感と様々なフルーツやリッチなバターのアロマがグラスの中から溢れ出ます。

現地にもストックがないそうで、ジェームズ氏も『ここで飲めるのは僕もラッキーだよ!』と嬉しそうに語ってくれました。

20190304_DSC_4865.jpg

20190304_DSC_4839.jpg

そしてピノ・ノワールとボルドーブレンドの2種類の赤ワインはハイド氏のお気に入りだそうで、どちらも他のカリフォルニアワインにはない、気候と土壌、そしてブドウの個性が見事に調和され、まるでハーモニーを奏でるかのように洗練された味わいでした。

残念ながらテイスティングはできませんでしたが、こちらも貴重なシラー100%のワインは『グランジ』 や『シャプティエ』の選りすぐられた特別なマサルセレクションから作り出されているそうです。

話を聞くだけでも一度は飲んでみたい気持ちになります♪

20190304_DSC_4852.jpg

20190304_DSC_4912.jpg

現在ピノ・ノワールで作られた『イザベル』が残り僅かですが、店頭販売中です。《最強コラボの真髄》を味わってみたい方は、お見逃しなく!

ジェイムズさん、ご来店ありがとうございました!

20190304_DSC_4882.jpg

最終更新:2019/03/07 11:37

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2019年3月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

今月