【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2018/06/11 08:50

『クロ』のつくシャンパンの中の最高峰のひとつ、フィリポナのクロ・デ・ゴワス2008年が待望のリリースです!

そのリリースに先駆けて、社長のシャルル・フィリポナ氏が来日、お話を伺ってきました。

ヴァレ・ド・ラ・マルヌのマルイユ・シュル・アイ村にある単一畑クロ・デ・ゴワスは、マルヌ川に面した真南向きの畑で、なんと最大45度という急斜面にあるため、日照条件が非常に良いうえ、風が吹き抜ける立地であることからブドウが病気にかかりくく、健全なブドウが収穫できるのだとか。

その上、土壌は白い岩がむき出しの石灰質で、その岩は実際触っただけで手が白くなるほどの細やかでもろい土壌の為『ブドウがミネラルをしっかりと吸収する。』そうです。
20180601タカムラ クロ・デ・ゴワス2008 フィリポナ

実際触らせて頂いたら、手が真っ白になってしまいました(汗)

単一畑ではあるものの、細部にこだわりよりよいものを目指すため、15の区画に分けており、醸造も別々に行うのだそうです。

この年はシャルドネの出来がよく、いつもよりもシャルドネの比率が多いという事でした。

味わうともう、文句なしに上質感と美味しさが伝わってきます!

フィリポナが身上とする『リッチさとフレッシュ感の両立』、集中力がありながらも味わいに溢れ、リッチなのに重心は高く、多様性がしっかりと感じられます。

セミナーを聞きに来ていた業界人のグラスも、あっという間にカラになっていました(笑)

ちなみに、生産者の意向で『クロ・デ・ゴワス(今までは、クロ・デ・ゴワセ)』という呼び名に変わります。

10年の時を経て世に出たクロ・デ・ゴワス2008

待った甲斐がありました!

最終更新:2018/06/11 08:51

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります。

コメント 0件

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2018年6月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

今月

過去の日記

2019年
2018年
2017年