【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2018/06/01 17:34

日本ワインが今に至るまでに、大きな役目を果たしたいくつかのワイナリーのひとつ、勝沼醸造

樽発酵の甲州など、当時は革新的なスタイルに取り組むなど、チャレンジと前進を続けるこのワイナリーが、産地の個性を活かした甲州を味わってもらうためにリリースしているのが、『甲州テロワール・セレクション』です。

その勝沼醸造の4代目のご兄弟のおひとり、有賀淳さんにお越し頂き、お話を伺いながら、各キュベを飲み比べさせて頂きました。
20180601タカムラ 勝沼醸造 テロワール・セレクション 1


実は今まで、すでに販売させて頂いている『』以外飲んだ事がなかったのですが、実際飲み比べてみると、それぞれの味わいの違いにビックリ!

実際、それぞれ土地の個性がかなり違うようで、味わうと、『なるほど!』と思う事が沢山ありました。

特に印象深かったのは、穂坂。

樽発酵に由来するものだけでない、華やかな香りと程よい厚み、広がり、そして塩味を備えた奥行きのある味わいに、良い驚きがありました。

その他にも、ヤマトは野菜料理、祝は出汁系のお料理に合いそうなスタイルなど、それぞれの個性があり、甲州の可能性をしっかりと感じます。
20180601タカムラ 勝沼醸造 テロワール・セレクション 2

『いかに良いジュースになるかが一番大事。』

『収穫箱は、築地でも使われている鮮魚の箱を洗う機会を導入しています。』

『プレスには5時間をかけてます。』

『契約農家との強いつながりと信頼関係があるから、選果する必要がないほどのブドウが確保できる。』

『農家さんにも生活がある。収量を減らすだけが質に繋がる訳じゃない。』

その言葉の節々に、老舗として歩んできたからこその思いや誇り、そして責任を感じました。

自らのワイナリーだけでなく、日本ワインを文化として根付かせたい、そんな思いもひしひしと伝わります。

4代目は3兄弟との事で『醸造、畑、営業をそれぞれが受け持ってます。』との事。そのチームワークが、美味しいワインを生み出す秘訣かもしれませんね!

お話を聞いて味わっていると、今すぐにでも、山梨に行きたくなってしまいました。

皆さんにその美味しさを知って頂きたいので、近々販売予定です。お見逃しなく!

有賀さん、ご来店有難うございました!

最終更新:2018/06/01 17:34

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2018年6月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

今月