【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2018/04/21 16:51

あのボルドーの名門、格付け第二級の、シャトー・ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランドの元オーナー、メイ夫人が、南アフリカのテロワールに惚れ込んで、2003年にワイナリーを設立。

マスター・オブ・ワインであり、南アフリカ評論の第一人者とされる《ティム・アトキン氏》による、南アフリカ・ケープワインの格付け(2017)で…

◆『3級→2級へ格上げ!!』

メキメキと頭角を現してきた《グレネリー》

そのグレネリーより、セールス・マネージャーで、メイ夫人のお孫さんにあたる、ニコラス氏に、ご来店頂きました!
DSC_3465.jpg

近年、日本にも続々と高品質な南アのワインが入ってきており、カジュアルなワインもあるのですが、格付けワイナリーとなると、少々値が張ってしまう事は否めません。

その中でも、グレネリーは群を抜いて良心的な価格!

その理由は、ピション・ラランド時の経験と資産、そして人材があったから。

ワイン造りに関しても、メイ夫人が惚れ込んだテロワールを表現するために、全て天然酵母で発酵、重力に逆らわないグラビティシステムを採用、ナチュラルでサステイナブルな造りに拘っています。

ワインも試飲させて頂きました。
DSC_3463.jpg

先ず驚いたのが、
赤の最新のヴィンテージが、最もカジュアルな、グラス・コレクション・シリーズ(1,555円)で、2014年。
エステート・リザーブ(2,160円)が、2010年という点。

『え、バックヴィンテージ!?』と勘違いしそうになるほど、新興のワイン産地&2千円前後の価格帯としては珍しく、飲み頃になってからリリースしているのだとか!

さらに驚かされたのが、この価格で、100%手摘みで収穫、100%天然酵母で発酵、酸化防止剤も最小限!

また、醸造家には、シャトー・フューザルやアンジェリュス、カリフォルニアのスクリーミング・イーグルなど錚々たる名門で修業したルーク氏を起用。

このルーク氏も、ティム・アトキン氏から、《南ア・ワイン醸造家黄金時代の1人》に選出されたほどの凄腕!

どのワインも共通して、角が取れていてバランスが良くエレガント、ナチュラルな果実感で、余韻もしっかり。

バルや居酒屋的な飲食店はもちろん、レストランにオンリストされいても不思議ではない、懐の深さを感じました。

ボルドーのクラシックさと、新世界的な開放感を併せ持つ味わいが、こんなお値段で買えて良いのだろうかと、逆に心配になったほど、驚きっぱなしのテイスティングでした。

そんなグレネリーの信念が集約されたのが、グラス・コレクションに使われているラベル。
--------------------------------------------------------------------------------
s-ダウンロード.jpg
--------------------------------------------------------------------------------
私が色々語るより、このラベルが雄弁に物語っています!

最後に日本との関わりについて質問したところ…

実は、メイ夫人は、約50年前に来日しており、ボルドーワインを日本に紹介した最初のメンバーの1人なのだそう。

『祖母から、日本人の味覚は素晴らしいと聞いてました。3年前に私が初来日した時に、その事を確信しました。』

と、ニコラス氏も嬉しそうに話してくれました。
DSC_3474.jpg

タカムラでは、各種販売中ですので、ぜひ、チェックしてみて下さいね。

★グレネリー各種はコチラ★

ニコラスさんありがとうございました!

最終更新:2018/04/21 16:59

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

今月