【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2017/10/07 10:00

豊満で朗らか、絹のようにしなやか。しかもフレッシュで輝かしい。

ボジョレのぶどうは畑では収穫が終わり、騒々しさは畑から醸造所へと移った。
収穫の最盛期は9月上旬で、これは生産者にとって理想的なタイミングとなった。

夏の強い暑さはおさまっており一方で昼間はまだ長く、太陽が降り注いでいた。

2017年は予想外の悪天候によって強く記憶される年となるだろう。
春にはわずかではあったが霜が降り、夏の初めには激しい雹の嵐があり、その後は乾燥が広がった。

収穫の直前に雨が降り、これが救世主となった。
特に水分不足が懸念された区画においてぶどうが最適に熟すために欠けていたみずみずしさを取り戻させ、ガメイはその果実味とアロマのポテンシャルを存分に発揮することができた。

ルイテット-10月5日-畑レポート-1.jpg

2017年は一方で、病気の広がりはまったく見られない年だった。

ぶどうは水不足のために「喉がカラカラ」の状態だったが、衛生状態には何の問題もなかった。
収穫されたぶどうはとてもよい品質で、凝縮しており、酸とのバランスもよい。

収穫が開始された時に枝はすでに硬くなっており、種は軽く木質化していた。
これは、ぶどうのすばらしい熟度を示す典型的なサインだ。

果皮は厚く引き締まっていて、結実不良の果粒と、また果汁の比率も少ないことから、よい凝縮感が保証される。
最初の試飲では、ワインは酸、果実味、タンニンの完璧なバランスを示している。

ぶどう樹は栄養分を得るために根をいっそう土中深くまで張らなければならなかったため、ワインは傑出したテロワールをいっそうよく映し出している。

2017 年ヴィンテージの品質を正確に形容するには時期尚早だが、いずれにしても品質のすばらしさが見てとれる。

s-DSCN0744.jpg

Sicarex(ボジョレの栽培醸造の研究機関)の幹部であるベルトラン・シャトレ氏は、

『熟度ネットワークで示されたぶどうの成熟の進み具合の曲線は、2015 年を思い起こさせた。最初の醸造で我々はそれを確信できた。しかし、2015 年よりは弾けるようなニュアンスあり、一層エレガントな側面もある』

と述べている。

さらに、『最初のワインは輝きと爽やかさを増しているようだ』と付け加えた。

2017 年の品質が高いことは間違いなく、しかし唯一の懸念事項は数量で、フランスの他の産地と同様にボジョレでも収穫量は少ない。

多くの地域において、今年の自然は容赦の無い厳しさを見せた。
11月16日のボジョレ・ヌーヴォー解禁において、2017 年の実りの詳細が明らかとなる。

2017年10月5日
ボジョレワイン委員会プレスリリースより抜粋

今年のヌーヴォーアイテムは、こちらをクリック!
↓↓↓↓↓↓
s-sm-bn2017-1016.jpg

最終更新:2017/10/16 16:22

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

今月