【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2017/09/07 13:18

こんにちは。ヌーヴォー担当の栗山です!

タカムラで人気の3生産者から今年の最新情報が届きました!

今後も、各生産者からのレポートが届きましたら、順次ご紹介させて頂きます♪


【4月:理想的な春】

葡萄樹にとって理想的な寒く乾燥した冬。春先は好天が続き、一時は水不足も心配されたが、3月上旬に降った適度な雨が、水分を補給してくれた。4 月に入るとフランス広域で遅霜の被害が発生。

『シャンパーニュやロワールの仲間達が霜で大きな被害を受けてしまった。幸いにも私達は霜を免れる事が出来た』
(マリー・ラピエール)

bn-lapi-img1.jpg


昨年よりも2週間早く発芽が開始した。


【5月:記録的な日照時間】

5月上旬は涼しくなり、葡萄樹は少し成長のスピードを緩めたようだった。
しかし中旬以降は再び晴天に。2011 年以来の長い日照時間を記録する程だった。
畑は乾燥して衛生的。ベト病は殆ど発生しなかった。

『去年に比べて葡萄畑は完璧な状態。この天気が続けば開花も順調に進むはず』
(フィリップ・パカレ)

bn-pacalet-img3.jpg

『19 日にモルゴンの一部に雹が降った。昨年の悪夢を思い出して気を揉んだけど、被害は殆ど無かった。とにかくほっとした』

(ジョルジュ・デコンブ)

descombes.jpeg

【6月:開花は1週間で終了】

6月に入ると真夏の様な猛暑がやってきた。日よっては35℃を越える日もあった。

開花は6月1週目。連日の猛暑で一気に開花。昨年は20日近かかった開花が、今年は一週間で全ての畑で終わってしまった。

『葡萄の成長にバラつきが無いから、最高の熟度で集中して収穫が出来る!!』
(ジョルジュ・デコンブ)

『こんなにリズム良く葡萄が成長するなんて。今まで経験した事がないわ』
(マリー・ラピエール)


【7月:猛暑から冷夏へ】

7月に入ると更に気温は上昇。36℃を越す真夏日が1週間以上続いた。

10日はボジョレーで北部を雹が襲った。フルーリィやムーラン・ナヴァンなど、クリュ・ボジョレーでは大きな被害が出てしまった。

『壊滅的な被害は殆どがクリュ・ボジョレー。ヌーヴォーの区画は被害がなかった』
(ジョルジュ・デコンブ)

後半になると天気は一変。早朝は15℃以下に冷え込む位の冷夏が続いた。

『アントシアニンが熟すこの時期は、朝夕の気温差が質の良いタンニンを生む。理想的だ』
(フィリップ・パカレ)

7月までの成長を考えると、収穫は9月上旬になるだろう。

(※輸入元様資料より抜粋)

html-bn2017.gif

最終更新:2017/09/07 13:18

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2017年9月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

今月

過去の日記

2019年
2018年
2017年