【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2017/03/18 18:27


今、日本でもその名が知られて来ている、ワイン界の権威、『マスターオブワイン』。

世界にまだ、数百人しかいない難関の資格であるその称号を、オーストラリアで初めて取得した人物が、ショー・アンド・スミスの創始者である、マイケル・ヒル・スミスさんです。

その彼と、同じくマスターオブワインであり、現在、ショー・アンド・スミスのグローバルセールスアンドマーケティングマネージャーとして手腕をふるう、デイヴィット・ルメアMWが来日、シャルドネとピノ・ノワールのセミナーを開くというので、参加してきました!
20170318ショー・アンド・スミス タカムラ1
この二人だけでも豪華ですが、更に日本側は、世界ソムリエコンクールでの活躍の記憶も新しい、コンラッド・ホテルの森覚ソムリエと、超豪華!

セミナーでは、シャルドネ、ピノ・ノワール共に、ブルゴーニュ(シャブリも)と彼らが手掛けるオーストラリアのもの、更には、オーストラリアの他の代表的生産者のものなどを、造り手としてだけではなく、世界のワイン事情に詳しいマスターオブワインとしてコメント。

そして森氏は、そのワインに合わせる料理として、今回は牡蠣を主役に、調理、味わいに変化を持たせた表現をしてくださいました。

いずれもその道に精通したプロ中のプロのコメントに、一言も聞き逃してはならぬと思えるほど、充実した時間でした。

ショーアンドスミスのワインを一堂に飲むのは久々でしたが、彼らもコメントしていたように、明らかにより冷涼なスタイルが際立つスタイルになっています。

今後リリースされるシャルドネの試飲もあったのですが、『絶対お勧めしたい!』と思える素晴らしさでした。

そして、この写真をご覧ください。左側がジュヴレ・シャンベルタン、右側がショーアンドスミスのピノ・ノワールです。
20170318ショー・アンド・スミス タカムラ2
明らかに右の方が色合いが淡いですよね。でも、エキス分はしっかりと感じられるのですが、セミナーの中で、デイヴィット氏が

『昔のオーストラリアは、シラーズが好きな人のためのピノ・ノワールを造っていた。

でも今は、ピノ・ノワールが好きな人のためにピノ・ノワールを造るようになった。』

と仰っていましたが、そのコメントに本当に納得した試飲でした。

そして、なんと、セミナー終了後、お二人がお店に来て下さったのです!

と、お二人を探すと、コーヒーカウンターに。
20170318ショー・アンド・スミス タカムラ3

『日本に来て、美味しいコーヒーを飲む機会がなかったんだけど、このお店に入った瞬間、コーヒーのいい香りに包まれて、『ようやく出会えた!』と思ったよ。本当に美味しいね。』

と、ここから皆、ますます盛り上がったのは言うまでもありません(笑)

オーストラリアは上質のコーヒー文化が根付いていることで知られていますが、その彼らに、しかも、上質のワインや数々の良いものに出会っているであろう彼らに、こうして褒めて頂き、本当にうれしかったです♪

その後はセラーを見て頂いて、ワイン談義に花を咲かせ、終始和やかにお話は進みました。
20170318ショー・アンド・スミス タカムラ4
マイケル・ヒル・スミスMWはこの夜帰国との事でしたが、『また来るよ。オーストラリアにもぜひ来てね。』と仰って下さいました。

2人のMWの、ワインに対する深い愛情と、偉大な人故の相手に耳を傾ける姿勢。ワインだけでなく、その道を極めた人に学ぶところは大きいなと感じた時間でした。
20170318ショー・アンド・スミス タカムラ5

貴重なMWお二人のWサイン!店頭で買われた方は、超ラッキーです。
20170318ショー・アンド・スミス タカムラ6
マイケル・ヒル・スミスさん、デイヴィット・ルメアさん、有難うございました!

彼らのワインの魅力は、後日改めてご紹介します!!

最終更新:2017/03/18 18:27

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2017年3月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

今月