【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2017/03/14 13:58

先日の『2大シャンパン飲み比べ』に続きまして、オーストラリアVSカリフォルニアのピノ・ノワールの飲み比べもしましたので、ご報告させて頂きます!


《オーストラリア/ヤラ・ヴァレー!》
●ピノ・ノワール2014コールドストリーム・ヒルズ(赤)

VS

《アメリカ/カリフォルニア》
●ピノ・ノワール・ロス・アラモス・キュベV2010オー・ボン・クリマ(赤)


オーストラリアのヤラ・ヴァレー、カリフォルニアのサンタ・マリア・ヴァレー。
どちらも国だけで考えると温暖なイメージですが、冷涼な気候の産地です。


ブルゴーニュ・グラスで飲んでみよう~ということで、試してみました♪


まずは、コールドストリーム・ヒルズから・・・

coldstream_600.jpg

綺麗なルビー色をしていて、ブルーベリーとスパイシーで魅惑的な香りにフレンチオーク樽由来のバニラ香も足され、豊かな酸味とタンニンのバランスがよく、長い余韻に優雅な気分で浸れました♪

『豪州のロマネコンティ!?』で、脚光を浴びたワイナリーで、オーストラリアのピノの名産地、冷涼なヤラ・ヴァレーの急斜面で獲れたブドウから生み出される、エレガントなスタイルで、各方面で高評価だったのです!

ただ残念ながら、リザーヴは既に完売、さらに日本の輸入元さんが輸入を取りやめるという悲しいお知らせが…

幸いこの、スタンダード・キュベは、まだあります!


そして次に、オー・ボン・クリマを!

aubonclimat_600.jpg

ひとくち飲んで、スタッフ皆、口を揃えて、、、

『上品!甘く感じる♪』でした。笑

オー・ボン・クリマのオーナーであるジム・クレンデネン氏は、ブルゴーニュの神様と呼ばれるアンリ・ジャイエを師と仰ぎ、ピュアなブルゴーニュスタイルのエレガントなワインを造っておられます。

また、サンタ・マリア・ヴァレーという場所が、世界を代表するブルゴーニュ品種の銘醸地で冷涼な産地であり、世界的にも最もブドウの生育・成熟期間が長い産地として知られているそうです。

ワインスペクテイターが選ぶ五ツ星ワイナリーで、パーカー氏が2年連続ベスト・ワイナリー・オブ・ザ・イヤーに選出した超実力派です。

ワイルドストロベリーなどのベリーの香りと、酸とタンニンのバランスがイイ感じで良かったです。

どちらも、ピノの本家ブルゴーニュとは、また違うエレガントさと個性を持ち合わせてましたが、美味しいことに変わりはなかったです!!


ホームパーティ当日、これまたスタッフお手製のローストビーフと相性が最高でございました♪


つい、先日、日本限定キュヴェの『ツバキ・ラベル』シリーズも、入荷しました!

こちらも合わせてチェックしてみてください(^_^)v

★ピノ・ノワール・ツバキ・ラベル・サンタバーバラ・カウンティ2014オー・ボン・クリマ(赤)

★シャルドネ・ツバキ・ラベル・サンタバーバラ・カウンティ2014オー・ボン・クリマ(白)

最終更新:2017/03/14 13:58

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2017年3月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

今月