【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2016/07/01 17:50


『シャンベルタン』『クロ・ド・ベーズ』『クロ・サン・ジャック』

をはじめとする、そうそうたる畑を所有する、アルマン・ルソーを訪問してきました。
20160701タカムラ アルマン・ルソー1

案内してくれた彼は、長くアルマン・ルソーに勤める窓口担当なので、何を質問しても、とてもよく知っています。

現役引退後も、この右の窓の部屋にいるのが日課だった、ドメーヌの礎を築いた看板的存在で今は無きシャルル氏。

『彼はもともと、政治を学びたかったんだ。』

『上級クラスのラベルのデザインを変えたのは、シャルル氏の考え。』

などという話を聞きつつ、試飲を進めていきました。
20160701タカムラ アルマン・ルソー2

2015年の状況も聞きつつ、澱引きしたばかりのワインを樽から試飲。

もちろん、どれも素晴らしく、何人かの生産者が言っていた

『2015年は閉じる期間がないかもしれない。よく開いている。』

という言葉をここでも感じる味わい。

そうなると、ポテンシャルの高さは分かってても、早く開けてしまいたくなるという誘惑もありますね(汗)

シャルル氏の息子、エリック氏がドメーヌの担い手となってから、もう随分経ちますが、彼の代になり、ドメーヌの中級クラス以下のワインの品質向上も、より意識するようになったそうです。

『僕としては、ブルゴーニュ・ルージュもあると、ホントは若い人たちの第一歩として
いいんだけどね。

僕も若い時、思うように飲みたいワインを買えなかったからそう思うよ。』

ホント、その通りです!いつか実現するといいですね…

個人的にクロ・サン・ジャックが、ヴォリューム感とエレガントさを兼ね備え、とっても好きでした。

この畑は、縦に伸びる区画を5生産者が持っている事で知られていますが、中々行く機会がありません。

という事で、連れて行ってもらいました!

名前通り『クロ(塀)』があります!
20160701タカムラ アルマン・ルソー3

ここでも、晴れ間を惜しんで働く人々がいたのですが、その中のこの方、なんと、エリックさんの娘さんだそうです!(逆光ですみません(汗))
20160701タカムラ アルマン・ルソー4

そして、末っ子?のこの子は、『ピノ』という名前だとか(笑)
20160701タカムラ アルマン・ルソー5

本当に、ず~っと向こうまで伸びた畑なので、作業する人は大変でしょうが、この地だからこそ生まれる味わいは、他で生まれないんですよね。
20160701タカムラ アルマン・ルソー6

ワインって本当に不思議で魅力的な飲み物ですね。

最終更新:2017/01/06 17:50

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2016年7月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

今月