【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

お買い物部のプレゼントに移動します

2018/09/20 16:25

『理想的な条件の下、すばらしいヴィンテージへの期待高まる』

ボジョレでは、ぶどうの生育サイクルが目覚ましい進行を見せています。

春以降、素晴らしい天候条件に恵まれたおかげで、現在影響が出始めている乾燥にも関わらず、ボジョレのガメイとシャルドネは模範的とも言える衛生状態を示しています。

ヌーヴォー2016ヴィンテージ資料-14.jpg

激しい雷雨もなく(南部では一部懸念されるも影響なし)、病害もなく、防除処理も少なく済み、今年、HVE(環境価値重視)認証取得への取り組みを開始した多くの生産者にとっても、励みとなる 1 年です。

ぶどうは平均して、2017 年よりも 2 日早い 7 月 23 日から色づきが始まりました。現地で収集された初期データより、ボジョレ地区全体において例年並の収穫量が予想されます。

全ての生産者において、平均的に収穫が得られるのは近年では稀なことです。

品質面では、現在のところ全体として今年のヴィンテージは、収穫時期やフェノール類の凝縮度において 2009 年、2011 年、2015 年、2017 年と同じ傾向が見られています。

現在のところ優れたヴィンテージと予測される 2018 年ヴィンテージですが、「ぶどう果汁は 8月に作られる」という慎重な先達の言葉にしたがって引き続き注意深く見守る必要があります。

2018年8月22日
ボジョレワイン委員会プレスリリースより抜粋

今年のヌーヴォーアイテムは、こちらをクリック!
↓↓↓↓↓↓
s-bnr-bn2018top.jpg

最終更新:2018/09/20 16:25

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

2018/09/19 11:10


今年は私個人がボジョレー・ヌーヴォーに対してのモチベーションがかなり高いです。理由は2つ。

1つは、2012年から始めたサンセールを2018年は作りませんから、自分の畑以外の醸造はヌーヴォーだけになりました。そう言う意味でエネルギーがかなりかけられます。

2つ目は10周年だからです。

bn-arai-wh-img1.jpg

10年前、Fコサールのヌーヴォーが買えなくなり、どうしよう!!!と考えていた時にジョベールさんに助けてもらいました。

それから10年経ったなぁ~との思いが強く、その総括なのです。

さて今年のラインナップもお馴染みの3種類です。去年はミレジムの関係で葡萄が足りず、多くのお客様にご迷惑をお掛けしましたが、今年は大丈夫ですので安心して下さい!

赤とロゼは全てお馴染みのジョベールさんの葡萄を使います。

シャルドネは、ジョベールさんの畑0.5ha、同じ村で無農薬農法を始めた25歳の若者シモンさんの畑0.3ha、100%無農薬ではありませんが無農薬に近い農法で美味しい葡萄をつくっているグイヨンさんの畑0.5ha~1.0ha、以上の3人から大事な葡萄を分けてもらい仕込みます。


2018年7月
(※輸入元様資料より抜粋)

0400003147830.jpg  0400003147847.jpg  0400003170685.jpg

s-bnr-bn2018top.jpg

最終更新:2018/09/19 11:11

2018/09/18 11:04

ボジョレ愛好家のみなさま

一部の農家は、すでに収穫を開始したようですが、大多数の畑ではまだ始まっていません。

とても短く涼しい時期が少しあった後、高気圧により夏のような気温が戻ってきました。
少なくとも、あと10日間は、この暑さが続くと思われます。

DSC_4419.jpg
※こちらは昨年タカムラに来店された、醸造家の、ジャン=バティスト・バシュヴィリエ氏

ぶどうの実の糖分は日に日に増し、一日平均1.3g/l上昇しています。これは、成熟段階ではとても素晴らしいことです。

2018年ヴィンテージの酸味のポテンシャルが比較的低く、PHレベルがゆっくりと上昇し続けていることから、収穫開始までもう少し待つことにしています。これらのデータは、2011年と2015年に似ています。

アントシアニンは、少し減少していますが、色合いはより良くなってきています。果実の重量は重くはありませんが、安定しています。

そして、畑の衛生状態は完璧です。収穫開始は9月第1週になるだろうと予測しています。

現在、ぶどう栽培家たちは収穫に備えて、樽やプレス機、トラクターの洗浄に大忙しです。同時に、栽培家の妻たちは、収穫を行う人々を受け入れるための部屋やキッチンの準備をしています。

この収穫期には、30人以上の季節労働者を雇い、食事や住まいのお世話をしている栽培者もいるそうです。

リディ・ネム
モメサン 醸造家
2018年8月29日
(※輸入元様資料より抜粋)


4971980275350.jpg



s-bnr-bn2018top.jpg

最終更新:2018/09/18 11:04

2018/09/14 11:30

7 月から連日日中の気温が 35℃を超える猛暑が続いている。それと同時に、雨がほとんど降らないため畑は少し水不足の状態にある。

だが、幸いにもブドウの房は今のところ傷ひとつなくたわわにあり、一時心配されたミルデューの猛威も猛暑によりあっという間に去った!

bn-cossard-img1.jpg

マルシャン村の畑は標高がありブドウが晩熟なので、ヌーヴォーの仕込みは時間的にいつもギリギリなのだが、今年はブドウの熟すペースが去年よりも早いので、仕込みに少し余裕がありそうだ!

ヴェレゾンは 7 月初めに始まった。ヴェレゾンから 40~45 日後に収穫を考えると、今年の収穫は予定通り 9 月 15 日、いや、もっと早まるかもしれない。

いずれにせよ、全ては 8 月の天候にかかっているのだが、このまま暑さが続けば巷で騒がれる 2003 年のような世紀のミレジムになるかもしれない。

ただ、個人的には 2003 年のようなボリュームのあるマッチョなワインよりも、ヌーヴォーはやはりピュアでみずみずしいタイプの方が好きなので、8 月は暑すぎず、そして特に雨が適度に降ることを願っている。

2018年9月
(※輸入元様資料より抜粋)

0180656222220.jpg

s-bnr-bn2018top.jpg

最終更新:2018/09/14 11:31

2018/09/13 11:30

7 月から日中外で仕事ができないくらいの猛暑が毎日続いている!

bn-karim-img1.jpg

ブドウは健全に育ち、たくさんの実を付けているが、1 ヶ月以上雨が降っていないので、葉などに少し疲れが見える。また、猛暑が影響しているのか、畑にハチが異常繁殖しているのがちょっと心配だ…。

現在行っている仕事は、ブドウ樹まわりの雑草刈りと、トラクターを使って土を鋤く作業。これにより畑の水不足を辛うじて補うことができているが、それでも 8月はしっかりとした雨が欲しいところだ。

ヴェレゾンは 6 月 20 日から始まった。2017 年同様に、今年のヴェレゾンも例年よりも 7~10 日ほど早い。

今のところ収穫は 9 月 1 日を予定しているが、天気予報によると 8 月 9 日、そしてその翌週にまとまった雨の予報があり、その予報が当たればもっと収穫が早まるかもしれない。

とにかく、猛暑のミレジムなので、ブドウの酸が落ちる前に収穫できるよう細心の注意を払うつもりだ!

2018年9月
(※輸入元様資料より抜粋)

0181029022225.jpg

s-bnr-bn2018top.jpg

最終更新:2018/09/13 11:31

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2018年9月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

今月