【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

お買い物部のプレゼントに移動します

2018-04-20 09:30

先日お伝えした、ボルドーのプリムール2017。

訪問できたのはごく一部ではありますが、試飲と現地の人との話しを通して感じた事をお伝えします。

ボルドー全体としては、霜害、生産量の少なさが話題となったヴィンテージという印象をお持ちの方も多いと思います。

こちらはゴージャスな雰囲気のコス・デストゥルネルの会場。
20180420タカムラ プリムール 1

私も品質に危惧しながらの参加でしたが、改めて、あくまで総評は総評であり、それぞれに違う結果がある事を感じ、いい意味で抱いていたイメージは覆されました。

◇河の近くに畑を所有しているシャトーの霜被害はそう多くない。同じ地区のシャトーでも、60%減とほぼダメージゼロなど、かなりの差がある。

◇天候被害にあった区画はあるが、残った区画が条件の良い区画だったりする事もあり、収量は少なくとも品質が結果良くなる場合もある。

◇2017年はヴィンテージのスタイルが色濃く出る年ではなく、シャトーの持つ畑のテロワール、それに加え、どういう仕事をしたかなど、『シャトーの哲学、仕事』が反映されたヴィンテージとなった。

こういった印象です。

『カベルネの出来が良かった。』というコメントも聞こえました。

近年、各シャトーも濃厚さを求めるのではなく、バランスを重視したスタイルが多くなっているので、ヴィンテージに逆らって無理な抽出をしているような印象はなく、フレッシュな酸、凝縮感があっても強すぎず、洗練されたタンニンを備えた魅力的なワインとの出会いもありました。

力強さが全面に出る年ではないものの、完成度高く仕上げたシャトーは、しっかりと熟成のポテンシャルも感じさせてくれますし、各シャトーの個性を楽しめるヴィンテージだと思います。

ポンテ・カネはハーフ・ボトルを各訪問グループ毎にデカンタで提供。
20180420タカムラ プリムール 3

白ワインも概ね出来が良いようです。

が、気になるのは…価格!

現在、色々な予測が飛び交っていますが、実際にどうなるかは蓋を開けてみないと分かりません。

これからしばらくすると、各国の取引先に向け、『プリムール販売』を開始します。日本にそのワインが届くのは、まだ一年以上先の話です。

20180420タカムラ プリムール 2
シャトー・ベイシュベルの豪華建物のご紹介はまた後日。


今後も随時情報発信していきますので、お楽しみに!

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

2018-04-18 16:54

ボルドーでは、まだ熟成中のワインを先物買いとして販売するため、熟成中のワインを試飲できる機会を設けており、毎年4月に各シャトーが『プリムール・テイスティング』を開催、世界中からジャーナリストやバイヤーなどの関係者が集まります。

今回の試飲は2017年。5大シャトーも自らの本拠地で世界から来るゲストを迎えるこの機会に、参加してきました!

シャトー・ラフィット・ロートシルト
IMG_2742re.jpg

プリムール販売から脱退はしましたが、シャトー・ラトゥールも各ゲストを迎えています。
20180418 タカムラ プリムール2017 ラトゥール 1
20180418 タカムラ プリムール2017 ラトゥール 2
ラトゥールでは2017年に加え、最近売り出されたシャトー・ラトゥール2006やレ・フォール・ド・ラトゥール2012などが試飲出来ました。

一日で数多くのシャトーを回るため、『移動→受付→試飲&メモ』の繰り返しの、かなりタイトなスケジュール!

ハードと言えばハードですが、一日の内に各シャトーのワインを試飲できる事、シャトー訪問のみならず、オーナーや醸造家などと会って話す機会もあり、シャトーの今を知るにもってこいの機会です。

全体の印象含め、実際訪れて見てきたものなどもまた改めてご紹介しますので、お楽しみに!

IMG_2764.jpg
シャトー・マルゴーにて。

2018-04-16 11:30

先日募集告知させて頂いた、ワイン学校の名門『アカデミー・デュ・ヴァン』の体験セミナーを実施しました!

IMG_2835.jpg

『アカデミー・デュ・ヴァン』は、1972年、パリでスタートしたという伝統あるワインスクール。

日本でも、日本初の本格的ワインスクールとして1987年に開校、今に至るまで多くの生徒さんが通い、なんと学期ごとに開講される講座数は100を超え、受講生数は年間のべ6,000名を超えるほどの規模だそうです。

こう聞くと、敷居が高いように思いますが、そんな事はないのは、今日参加頂いたお客様なら実感頂いたはず。

IMG_2854.jpg IMG_2857.jpg


今回講師に来て下さった神田先生は、ワインがすくになったきっかけや、産地でのエピソードなどのご自身の体験などもお話しされながら、分かりやすい解説をして下さった上、知ってるとワイン仲間にちょっと自慢出来ちゃうようなネタも教えて下さったりと、私も聞いてて参考になりました。

IMG_2852.jpg

試飲に供されるワインも魅力的で、見てて羨ましかったです(笑)

IMG_2861.jpg


そんな神田先生、拠点は東京ですが、実は今度から大阪でもクラスをお持ちになるとの朗報も!

先日移転リニューアルした大阪校は、真新しくお洒落な雰囲気!いち早く新しい教室で学べる機会はまたとないので、今からスタートされる方はラッキーですね♪

今回お越しになれなかった方も、豊富な情報が載ったHPもありますし、アカデミー・デュ・ヴァンサンに直接お問い合わせ頂ければ、色々ご質問にも答えて頂けると思いますので、ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

詳細は『アカデミー・デュ・ヴァン』で検索して下さい。

『ワインが好き』そんな共通の気持ちを持った仲間と出会える場としても、オススメです!

2018-04-12 09:18

シャンパーニュの老舗、ボランジェを代表する1本、R.D.。

ボランジェの歴史的重要人物、マダム・ボランジェが

『長期熟成させたポテンシャルの高いシャンパーニュをデゴルジュマンから出荷までに長い時間を置かずにリリースすることで、『フレッシュさと複雑さの共存を楽しんで欲しい。』

との思いから生み出した初ヴィンテージは1952年。リリースは1967年にという、当時異例の長熟スタイルでした。

数十年の時を経て、マダムの信念が世の中の意識を変えた事は明らかです。

その最新ヴィンテージ2004年が、全世界で4月1日同時販売スタートした事を記念した、マスタークラスに参加してきました!

20180405ボランジェ マスタークラス R.D.2004 1

なんと、開催されたのは僅か4ケ国、しかも、セラー・マスターのジル・デコート氏が直々に参加したのは、日本とロンドンの僅か2ケ国のみ!!

20180405ボランジェ マスタークラス R.D.2004 2

その名にふさわしく、R.D.の世界観を丸ごと味わえる貴重な会でした。

供されたR.D.は8種。

◇2002年R.D,を2種。全く同じものを15分違いでグラスに注いだもの。
◇2004年R.D,を3種。ドサージュ違い。0g、3g、8g。(実際のR.D.2004年は3g)
◇1996年R.D,を2種。デゴルジュマンが2017年11月のものと2012年のデゴルジュマン。
◇2004年R.D,をマグナムで!

それぞれテイスティング後、デコート氏の質問や解説を交えながら進んで行く会は、改めてR.D.のスタイルに対してのイメージ、コンセプトを鮮明にさせてくれました。

20180405ボランジェ マスタークラス R.D.2004 3
ドサージュ量などは、セラーマスターの仕事ですが、飲み手である私達が出来るのは、注いでからの時間。

グラスに注いでからの15分の違いだけでも、より時間が経ったものは、泡が細やかで細部の味わいまで表現され、その世界観をつぶさに感じ取ることが出来るので、R,D,程の上質なシャンパーニュは、注いですぐに飲み干さず、その世界観をゆっくりと味わう事をお勧めします。

デゴルジュマンのタイミングの違いを味わった1996年に関しては、正直、どっちもタイプが違う美味しさで、前者は『フレッシュさと複雑さの共存』後者は『複雑さと広がりを思う存分堪能できるスタイル』でした。

いうまでもなく、R.D,のコンセプトとしては、前者です。

ボランジェは全シャンパーニュ生産量の約1%、R.D.はそのうちのわずか約1%という貴重なシャンパーニュです。』

シャンパーニュの歴史の偉大な1ページを飾るR.D.が、全シャンパーニュの1万本の中の1本という貴重さだったとは。

2004年の品質の高さも、間違いありません。ボランジェの世界観を是非味わってみて下さい!

20180405ボランジェ マスタークラス R.D.2004 4

2018-04-10 15:00

先日のブルゴーニュ出張には、ひとつ大きな目的がありました。

世界に誇る、日本食『すし』の中でも、職人の仕事により、熟成した魚のうまみが引き出される江戸前鮨でその名を馳せる、銀座の『鮨 からく』さんが、ブルゴーニュの老舗ブシャール・ペール・エ・フィスでその腕を振るう一夜を開催、その貴重な機会にお声掛け頂いたのです!

20180408ブシャール からく 銀座 鮨 タカムラ1

ブルゴーニュ訪問の起点、ボーヌの駅からまっすぐ中心に向かっていくと、その姿を現し、今もボーヌのシンボル的な存在である、ブシャールの建物。

この会場に招かれた、国内外40名ほどのゲストが、これから繰り広げられる饗宴を楽しみに、アペリティフを楽しんでいます。

20180408ブシャール からく 銀座 鮨 タカムラ10

迎える側も、準備万端。数日前に現地入りし、入念な準備をして下さった大将とチームの皆さんに加え、ソムリエには、あの『ジョルジュ・ブラン』のMOFソムリエ(右端)がスタンバイ。そして、ブシャールを所有するアンリオ・グループのジル・ド・ラルジエール社長も登場!

20180408ブシャール からく 銀座 鮨 タカムラ11

更には、ブシャールの醸造責任者も参加、オールスターのおもてなしです!

20180408ブシャール からく 銀座 鮨 タカムラ12

その後の宴の素晴らしかった事は、この数々の写真からお分かり頂けると思います。

img1-615px.jpg

img2-615px.jpg

江戸前鮨のように、よりこなれた旨みがあると、エレガントなブルゴーニュ・ワインとの相性がグッとよくなる事を実感。

もうなんの文句のつけようもない、フランス×日本の美食文化の見事な饗宴が繰り広げられました!

今回、遠く離れた地で『鮨 からく』を再現するために相当な荷物と共にやって来られたと伺いましたが、幸運の機会を得たゲスト達の満足そうな表情からも、この宴の成功がお分かり頂けるはず。

この素敵なマリアージュにご興味を持たれた皆様に朗報です!

『鮨 からく』は、普段からワインとのマリアージュをお店でもオススメされています。ブシャールのワインもよく日頃からオンリストされていますので、ブルゴーニュまで行かずとも、銀座まで行けば、素敵なマリアージュが楽しめます。

大将に現地でのお話を聞きながら味わえるかもしれませんね!

『鮨 からく』
〒104-0061 東京都中央区銀座5-6-16 西五番館ビルB1
03-3571-2250(受付時間 12:00 - 18:00)

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

今月

過去の日記

2018年
2017年
2016年

ケータイで見る

URLをケータイに送信