【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

2020/10/27 20:30

どの業種でも、同業者が認める人物というのは、かなり信用の出来る情報だと思います。

しかも、その発信元が、かなりの実力者だとすれば、その信用も相当のもの。

今回、2017年ヴィンテージで日本に日本に初上陸したこの造り手を紹介したのは、フランス・ブルゴーニュの銘醸畑、レザムルーズの最大所有者としても知られ、近年ますますその品質に磨きがかかる、ロベール・グロフィエの現当主、二コラ・グロフィエ

これだけでも相当期待が高まりますが、そのワインに太鼓判を押し、日本との懸け橋となったのが、日本のブルゴーニュ・ワイン市場の礎を築いた人物、坂口功一氏と聞けば、この造り手の実力を疑う余地は全くないはず。

しかもしかも、実はすでに、フランスでは錚々たるパリの三ツ星レストランで採用されているという造り手なのです。

そう、今まで日本に入ってこなかった事が悔やまれるほどの超実力派、ジェノ ブランジェールをご紹介します!

ムルソーやピュリニー・モンラッシェ、シャンボール・ミュジニーやコルトンなど、魅力的なコート・ドールの村々のワインを手掛ける、ジェノ・ブランジェール。

日本上陸に際し、《Wine Report》でも紹介され、今回入荷のムルソー レ メ シャボー2017が

『同じ区画で造るルーロにひけをとらないフィネスと透明感があるが、価格ははるかに安い。』(《Wine Report》より抜粋)

と、大絶賛されました!

これが飲まずにいられるでしょうか?

ついに初上陸!日本ではまだ知られざる超実力派、ジェノ ブランジェールです!!

ダウンロード.jpg
▼ジェノ ブーランジェール各種

最終更新:2020/10/27 20:31

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

2020/10/26 20:00

カーゼ・バッセとアンジェロ・ガヤ。

イタリアの造り手の中でも、圧倒的な存在感のこの二つの造り手が、モンタルチーノで所有する畑は実は隣接しています。

そんな彼らの畑と隣接した地に畑を所有し、評論家のジェームス・サックリング氏から《イタリア ベスト メルロー》に選ばれた逸品を手掛け、素晴らしいワインを生み出している造り手、マテが入荷しました!

当主フェレンク・マテ氏は、ハンガリー生まれ、カナダ育ち。写真家、船乗り、作家など、多才に活躍していた人物です。

ダウンロード (20).jpg

一つの土地に定着して暮らす事には縁遠かったフェレンク氏の人生を変えたのは、フランスで過ごした一年でした。

元々、ワイン、自然、歴史を愛していたフェレンク氏と妻キャンディスは、毎週末ブルゴーニュやロワールなどに足を運び、ワイナリーを訪問したり、地元のレストランで食事とワインを楽しみ、ブドウ畑を抱く風景の美しさに強く惹かれていきました。

その後、旅先のイタリアへで移住を決意、いったん別の地に居を構えるも、更なる理想の地を探し求め、5年の歳月が過ぎたころ、辿り着いた土地。

そう、そこが、現在、マテがあるモンタルチーノでした。

実は《イルコロンバイオ》という名のこの地は、当時バンフィが所有。2つの丘と滝のある渓谷、塔と中庭を持つ13世紀の修道院を含む農場でした。

ダウンロード (21).jpg

ワイン界の大物が所有していたにもかかわらず、この地に惚れ込んだフェレンク氏は、バンフィのリヴェッラCEOに直談判。

そこで、思わぬ話を聞くことになります。

イルコロンバイオの唯一無二の自然を愛していたリヴェッラCEOは、この自然を壊さぬまま、ブドウ樹を植え、ワイン造りをすることは、バンフィにとってはあまりにも細かで、手のかかる仕事になってしまうため、叶えることが出来ない思いを抱いていました、

『私が見たなかで南トスカーナ最上の気高くユニークな土地を巨大企業に破壊されたくはない。イル・コロンバイオには,物書きや絵描きといった人物で,この土地を心から愛してくれる人間が必要なのだ・・・』

そう、フェレンク夫妻はまさに適任!この地が彼らを呼び寄せたのでは?と思うほどの出会いだったのです!!

晴れてこの地のオーナーとなり、修道院の修繕に取り掛かったフェレンク氏の元に、更なる運命の出会いが訪れます。

なんと、帝王アンジェロ・ガヤが、彼らの地の真隣に畑を購入することになり、本人自らが訪ねてきたそうです!

帝王も認めるポテンシャル高きこの地で、ついにマテが誕生したのは2002年。2007年までは、フレスコバルディやプラネタでコンサルタントを務めていた、カルロ・コリーノ氏がコンサルタントを務め、マテの魅力を引き出し、礎を強固なものに確立しました。

その後を引き継いだのは、カーゼ・バッセで修業後、チャッチ・ピッコロミーニ・ダラゴーナの醸造長を務めるという、ブルネッロでそのキャリアを磨き上げた人物であり、ミアーニのコンサルタントして名高い、ロベルト・チプレッソ氏。

醸造を担当するオーナーの妻、キャンディス氏が、この二人の大物から多くを学び、マテのワインにさらなる磨きをかけています。

今や、モンタルチーノの高級ブティック・ワイナリーとして知られるマテから、注目のワイン二種が入荷です!

ダウンロード (18).jpg
▼マントゥス メルロー2015マテ(赤ワイン)
▼4,730円


ダウンロード (19).jpg
▼ブルネッロ ディ モンタルチーノ2013マテ(赤ワイン)
▼7,260円

最終更新:2020/10/26 20:01

2020/10/25 20:10

かつてスタンダードキュベが、歴史に残る2人の元大統領《ネルソン・マンデラ氏》《オバマ氏》との、歴史的ひと幕を祝う1本に選定!

s-ダウンロード (17).jpg

ブラン・ド・ブランの2011年物が、《NIKKEIプラス1 何でもランキング》で第1位獲得!

など、南アフリカにおいて、世界に誇るスパークリング・ワインの造り手となった《グラハム ベック》が、またまた快挙を果たしました!!

海外での影響力が強い英国の専門誌《The Drinks Business》が、毎年最高の泡を決める企画《Global Sparkling Wine Masters2020》で、キュベ・クライブが…

◆『第4位に選出!』
◆『並外れたスパークリングであることは明らか!』


と、大絶賛のコメントと共に紹介されてました!

マスター・オブ・ワイン3人と、スパークリングのスペシャリストによって審査された中での評価なので、4位と言えど上位3本が価格的に高かったので、コスパは抜群!

ワイン評論の本場の専門誌も認めた!

シャンパン好きにも、ぜひ、飲んで頂きたい南アアフリカ最高峰の1本です!!

ダウンロード (16).jpg
▼グラハムベック キュベ クライヴ 2014 ( 泡 白 )
▼4,862円

最終更新:2020/10/25 20:11

2020/10/24 21:00

2005年に設立されたばかりの新しいドメーヌですが、当主のカリーム氏自身は、ボジョレーの醸造学校に通いながら、マルセル・ラピエール氏や、ジャン・ポール・テヴネ氏、ギィ・ブルトン氏といった、自然派の大御所の元で、助っ人となり、右腕となっていたという、実力の持ち主。

ダウンロード (14).jpg

ドメーヌの畑は、ボジョレーの中では標高が高く、傾斜にも恵まれ、更に、南南東に面しているため、とても日当たりが良く、カリーム氏も、『酸とボリュームとのバランスがとれた素晴らしいワインが出来る』と、語ってます。

事実、平均樹齢45年のガメイから造られるヌーヴォーは…

◆『もぎたてフルーツのような果実味♪』

が、最大の特徴で、その瑞々しさと喉ごしの良さは、他より抜きに出ていると評価されており、フィリップ・パカレや、マルセル・ラピエールなどに続く、『未来の注目株』です!

先日届いたレポートによると…
https://shop.plaza.rakuten.co.jp/wine-takamura/diary/detail/202010030000/


◆『今年のヌーヴォーの特徴は果実味がフレッシュ!』

という、まさにカリームさんのヌーヴォーにピッタリな出来が期待できます♪

ダウンロード (13).jpg
▼ボジョレー ヴィラージュ ヌーヴォー2020カリーム ヴィオネ(赤ワイン)
▼2,898円

最終更新:2020/10/24 21:01

2020/10/23 21:10

以前放映されたTV《世界の日本人妻は見た!》で注目を浴びて以降も、快進撃が止まらない南アフリカのワイナリー《スターク コンデ》。

日本人妻のマリさんも、タカムラにご来店下さりました♪

b2dd6a2b356443e3d28ce761785b7f356098f1d6.96.1.12.2.jpeg


その後、南アの専門家として知られる、ティム アトキンMWが選ぶ格付けで、最高峰の第1級を獲得!

更には2017年物のカベルネが、南アのファインワインを紹介する専門サイト《Winemag.co.za》の企画《カベルネ・ソーヴィニヨン・レポート2020》で…

◆『南アフリカ最高のカベルネ10本に選出!』

英国の《デキャンター誌》でも…

◆『96点を獲得!』

そんな高評価の1本が、2千円台で買えるなんて嬉しすぎます!

南アのカベルネを味わうなら、この1本を先ずお試し下さい!!

ダウンロード (15).jpg
▼カベルネ ソーヴィニヨン2017スターク コンデ(赤ワイン)
▼2,673円

最終更新:2020/10/23 21:11

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2020年10月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

今月