【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

日別記事一覧

2011/09/04 21:42

みなさまこんばんは( ̄ ゝ ̄;ノシ

最近ひさしぶりに一眼レフのカメラに触れる機会があって急激にちょっといいカメラ欲しい熱が上がってきたのですが、フルサイズの一眼レフは高いし、APS-Cの一眼レフでは多分満足しきらない気がするのと普段持ち運ぶのに大きすぎる気がして、ちょっといい一眼レフはお金を貯めた後で…ってことでミラーレス買っちゃいました4F渥美です。










NEX5.jpg

SONY NEX-5

モデルチェンジに伴い旧モデルがお買い得になってます♪







そしてそして…きなこさんを撮ろうと思ったのですが…昼間は風通しの良いトイレのフタの上がお気に入りです。

きなこ2.jpg

今まで使っていたコンパクトデジカメ並の価格だったのですが、撮れる画は比較になりませんね…。













はてさて結局ネックの設計次第でピッチの傾向が全然違うぞ…という前回のソプラノネック試奏大会でしたが、具体的に設計の違いとは…。



F1 : 印象としては後期MarkVI的な時代の設計で口元の絞りがあまりない。

M1 : F1に比べると口元の絞りが強め。その分高音域のピッチがF1に比べるとフラットする(低くなる)。

G2 : F1くらいの太さの口元から徐々に広がりジョイント付近まで細めにする事で全体のピッチがカッチリ目。

(※全体的な数値を計るのが難しいので目視と部分的な内径の計測によります。)





先週のレビューにも書きましたが個人的なオススメとしては、クラシックの方でM1ネックが標準の時期に楽器を買ってピッチで悩んでいる方にはG2ネックを、M1ネックのピッチ感にあんまりしっくりこないし、もう少しファットな音色がお好みで開きが広いマウスピースで吹いている方にはF1ネックをぜひお試し頂きたいと思います。

アルトとテナーに関しては、中期MarkVI以降のセルマー、現行ヤナギサワ、ヤマハとネックジョイント部分のサイズがあまり変らないのですが、ソプラノとバリトンはメーカーごとに設計が違いすぎるため、ジョイント部分の互換性すらありませんのでお気を付け下さい。



YAMAHA SG2


YAMAHA SG2R







ではでは、今日はこのへんで。

また次回!

ごきげんよう(⌒ ゝ⌒;ノシ♪

4F渥美でした。

最終更新:2011/09/04 21:42

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2011年9月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

今月

過去の日記

2018年
2017年
2016年

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム