【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

日別記事一覧

2011/07/14 20:04

皆さんこんにちは!すみだジャズ大プッシュの矢野です。

本日ご紹介する商品はこちら↓


アンラッカー新発想!カドソンがつくると一味違う。【新製品】+テナーサックス+Cadeson+カドソン+T-92

アルトはこちら↓


アンラッカー新発想!カドソンがつくると一味違う。【新製品】+アルトサックス+Cadeson+カドソン+A-92

アンラッカーというのは、ラッカーを施していない仕上げの事。一般的なサックスはラッカーという保護剤のようなものが掛かっています。これによりサビを防止する役割のほか、意外なところでは「鳴りの均一化」の働きもするそうです。よく言われる「抜ける」という現象は、実は管体のストレスが場所によって変わらずに均一な状態に起こるそうで、ラッカーはそれを補助する意味もあるのだとか。

では、アンラッカーのメリットは?そもそもアンラッカーのほうが楽器として良いのなら、ウインドブロスのサックスはほとんどアンラッカーになっているはず。それでもアンラッカーを選択する理由は以下の通り。

1.ラッカーが無い分「近い鳴り」が楽しめる
2.新品っぽくないシブい見た目
3.管体の「腐食」がラッカーモデルと比較にならないほど早い

といったところでしょうか。ヴィンテージサックスのような枯れた味わいが、新品なのに味わえてしまうということですね。さてさて、今回のカドソンはどうでしょうか。例によって吹いて見ました。

T-92

アンラッカーなので真鍮の管体がむき出しで、やや金属臭があります。真鍮の成分に含まれる「銅」はカラダに悪いので、管体を直接舐めたり食べたりしないようご注意!ザキっと硬い手ごたえがあり、金属の生々しい質感を含んだストレートなサウンド。大げさに言ってしまえば、ラッカー管体を「ラバー」例えるならば、このアンラッカーは「メタル」。もちろんやさしい表現も不可能では無いのですが、「金属吹いてまっせ!」的にガリガリと鳴らしたほうが楽しそうですね。キレキレのビバップやフラジオばんばんなフュージョンとかで使ったら楽しそうです。この辺も、ヴィンテージ的ですね。現代の操作性にヴィンテージの雰囲気、ツボにハマる人にとっては最強の一本ではないでしょうか。

このT-92、カドソンお得意の「ロールドトーンホール」が採用されてます。

T-92

トーンホールは通常すっぱりと水平に切り取られるのですが、「ロールド」の言葉どおり、トーンホールのふちが丁寧に巻き取られています。こうすることにより空気の抜け方が少し複雑になり、乱気流というか、表情に良い意味での雑味・深みが生まれる感じがします。ロールドならば良いかと言うとそうでもなく、同じカドソンでもキレ優先なモデル、例えばT-900BNなどはロールドではありません。このT-92はザギザギでイケイケばかりではなく、ロールドトーンホールにすることによりトータルなバランスを取っているのかもしれません。カドソンの魅力はバランス力!アンラッカーにおいても変わらないのは、お見事の一言です。

遅ればせながらアンラッカー参戦のカドソン、その成果をご確認下さい!



こちらでお求め下さい!


アンラッカー新発想!カドソンがつくると一味違う。【新製品】+テナーサックス+Cadeson+カドソン+T-92


アンラッカー新発想!カドソンがつくると一味違う。【新製品】+アルトサックス+Cadeson+カドソン+A-92

以上、すみだジャズ大プッシュの矢野でした。

最終更新:2011/07/14 20:04

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります。

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2011年7月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

今月

過去の日記

2020年
2019年
2018年

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム