【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

お買い物部のプレゼントに移動します

記事詳細

2018/07/10 19:59

皆さんこんにちは!ウインドブロスの芳賀です。
また久々のブログです・・・申し訳ありません号泣

さて、今回は新製品のご紹介!

ゴッツメタルHL/2018
日本のマウスピースメーカー「ゴッツ」より、メタルのHLモデルがモデルチェンジされて発売されました!

HLモデルは、ゴッツさんがメタルマウスピースを始められた初期から売られていたモデルで、当店でも長らく人気マウスピースの一つでした。
今回、それ以来数々のモデルを作られた後藤氏がその経験を基にリニューアル!

まだ従来モデルが当店に在庫がありましたので、今回比較をしてみました。

まずは正面から。
ゴッツメタルHL/2018
右が従来モデル、左が新モデル。
全長はほぼ変わりませんがシャンクの長さが随分と変わっています。

ゴッツメタルHL/2018
テーブル面の画像。シャンクが短くなった分、テーブル面も長く取られています。

従来モデルはシャンクを長く、テーブルを短くすることで軽量化が図られていますが、新モデルでは背面に窪みを設けたり、側面をそぎ落としてテーブルを立体的な構造にする事で軽量化が図られています。
バイトプレートも従来モデルはデュコフの様に四角い物を中央に埋め込むスタイルから、他のメタルモデル(VIメタル、JAZZメタル)と同様にプレート用の溝を切って埋め込むスタイルに変更。

ゴッツメタルHL/2018
背面拡大画像。右が新モデルです。上部に窪みが設けられています。

ゴッツメタルHL旧モデル
ゴッツメタルHL/2018
サイドビュー。上が旧モデル、下が新モデル。テーブル脇が削ぎ取られているのが分かります。

ゴッツメタルHL/2018
シャンク側から覗き込んだ画像。
チェンバーのデザインも若干変更が入っています。

ゴッツメタルHL/2018
バッフル部。
右が旧モデル、左が新モデル。
バッフルからチェンバーに掛けてのデザインが変更になっていますね。
旧モデルは直線的に削られていますが、新モデルは両脇にカーブを持たせ、サイドウォールに若干丸みを持たせてあります。

あと、トピックとしてはリガチャーとキャップが付属になった事!
リガチャーはデュコフにも付属しているものと同タイプの様ですが、キャップの色が独特です。
ゴッツメタルHL/2018
このキャップの色、どこかで見たことがあるんですが・・・ゴッツさんが竹のマウスピースを作っていた頃に使われてた樹脂の色にソックリです。
その辺り、どうなんでしょうね?

それではお待ちかね、新旧吹き比べ!
ゴッツメタルHL/2018元松テスト
テスターは当店スタッフ元松。
(最近所属バンド(THE SKA JUNCTIONS、通称「スカジャン」)がMOTION BLUEでワンマンライブを行いました!)

音色は、旧モデルが軽快な鋭い音色、新モデルの方はやや中低音の倍音が多い感じで、太い音色になりました。
あとは、「新モデルの方が吹きやすい!」(元松談)

この手のマウスピースはやはりコントロールが難しいのですが、旧モデルもその中では吹きやすいレベルではありましたが、よりコントロール性が上がっているようです。
簡単に言ってしまうと、このモデルはやはりデュコフのマウスピースを意識して作られたものと言えますが、旧モデルがオリジナルのデュコフ寄り、新モデルはゴッツさんの独自性が出た音色と言えそうです。

・・・と、ハイバッフル系メタルをお探しの方にはかなりお勧め出来るマウスピースに仕上がっていますので、是非一度お試し下さい!

ご注文は以下からどうぞ!

ゴッツのじゃじゃ馬モデルがリニューアル!【新製品】アルトサックス用マウスピース Gottsu(ゴッツ) メタル HL/2018


ゴッツのじゃじゃ馬モデルがリニューアル!【新製品】テナーサックス用マウスピース Gottsu(ゴッツ) メタル HL/2018

ではまた!(^д^)ノシ

最終更新:2018/07/10 20:07

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります。

コメント 0件

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

今月

過去の日記

2018年
2017年
2016年

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム