【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2016/09/10 21:04

3週間振りですが皆さん覚えて下さってますでしょうか3F岡本です、こんばんは日本茶

1okamoto_icon.jpg

8月末には棚卸しという、ウインドブロスにある商品を全部数える超面倒な楽しいイベントがありました。
その後、個人的に夏休みを頂戴しまして1週間ほど地元新潟に帰省しておりました。ちょっと家族旅行をしつつ、
寝る→食べる→散歩のローテでまったり。

そうこうしている内にブログの更新が、、、、。








ReP1530289.jpg


本日ご来店頂きましたのはご紹介するまでもない、小林香織さんです。


香織さんが手にされているのは、つい先日リリースされたニューアルバム『MELODY』↓

melody.jpg



そして岡本が手にしているのは本日発売の『サックスワールド』最新号です↓


【最新号】シンコーミュージック Sax World(サックス・ワールド) vol.2(CD付)


アルバム発売ということでサックスワールドの巻頭カラーで香織さんの特集が組まれております。すでに店内BGM
として3Fで流させて頂いておりますが、これだけ人気ながらもひたすら進化し続ける姿は一アマチュアプレイヤーと
してもぜひ見習いたい!特集ではご自身が考えていらっしゃるサックスでのメロディーの歌い方など踏み込んだ
内容になっていてなかなか興味深いです。
ちなみにこの最新アルバム、なんとさかなクンがバスサックスで参加してる
という意外な事実が!!その様子も特集に詳しく書いてありますのでお求めの上、ご覧下さいませ。
レコーディングでもさかなクンは「ギョバヤシ(小林)先生!」と全くブレなかったそうです(笑)他にも裏話を色々と
お伺いしたのですが、さすがにブログには書けないので店頭で岡本に聞いて下さい。
なお、10月8日(土)に渋谷のマウントレーニアホールでレコ発ライブ(ホールライブ!)がございます。渋谷ですので
皆さんぜひ!



今回のサックスワールドではMALTAさん特集もあります。と申しますか表紙がMALTAさんの楽器であることから
お分かりの通り、こちらがメイン特集です。管楽器雑誌バックナンバーマニアとして有名な(?)岡本ですが、ここまで
長いインタビューの記事はなかったはずです。楽器やマウスピースに付いても盛りだくさんですが、それにしても
MALTAさんがアメリカ~日本メジャーデビューするまでに使っていたというMarkVIはとても興味深いですね!
ネックがオリジナルではないものそうですが、キーが改造されています。古い映像など見ていてVIIかな?と思って
いたのは改造されたVIだったのか。

余談ですが、MALTAさんはライオネル・ハンプトンという超メジャー楽団のバンマスやっていたわけですから当時の
映像はちゃんと残っています。『Lionel Hampton 1981』でユー○ューブで検索すると出てくるのが一番分かりやすい
です。これはライオネル・ハンプトンが(確か)アジアツアーの一環で来日し、結果としてMALTAさんの凱旋帰国公演と
なったものです。当時の日本では「バンマスがなんか知らない日本人だぞ!」となったそうです(笑)
その公演ではMALTAさんが「さくらさくら」のメロディーを基にこれまたオシャレにビッグバンドアレンジした曲という
があります。アンコールには「イン・ザ・ムード」といった超定番を演奏しておりますが、ここではMALTAさんの
「これぞアルトジャズ!!」というとても魅力的なアメリカンサウンド、メロディーが聞けます。
岡本はMALTAマニアでアルバム結構持っており、セッティング遍歴にも詳しいという意外な事実。
そしてなんと!来たる10月1日(土)MALTAさんがご来店されます!詳しくはお問い合わせ下さいませ。



あとはポール・デスモンド特集!岡本はウインドブロススタッフであると同時にポール・デスモンド研究家でもあり
ます。アルバムをほぼコンプして、楽器のセッティングもほぼ同じで、アメリカから分厚い洋書を取り寄せたりしてます。
ちなみにセッティングは大金はたいて最初完コピしたのですが上手く行かなかったというサックスあるある(笑)
今回の特集は内容的にその分厚い洋書(最近では電子書籍版としても売られてるらしい)が基になっているようです。
デスモンドの関わりのあった人の証言とか長いところを上手くカットして楽器のことを絡めつつ、デスモンドの生涯を
生まれてから亡くなるまで書いてあります。現在、デスモンドの事で日本語になっている書籍としてはこれが一番
詳しいですし、これを読めばほぼ分かると言って問題ないくらいの決定版でしょう。
しかもそのプレイスタイルから“ポール”との呼び名で有名な菅野浩さんによる奏法・アドリブの解説もあり、これは
実際にあの音を出そうとするならば必見です。

そして例のアレ↓


Sound like a Dry Martini.
アルトサックス用マウスピース ウインドブロスオリジナル Hollywood(ハリウッド)


も取り上げて頂いております!

以上、手短にするつもりが結局長くなってしまった3F岡本でした~。

最終更新:2016/09/10 21:12

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2016年9月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

今月

過去の日記

2021年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2020年
2019年