【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2016/06/20 18:06

最近お弁当屋によく行く3F岡本です、こんばんは日本茶

1okamoto_icon.jpg

例えばオリ○ンみたいにお惣菜とかも色々売ってるお弁当屋ありますよね。イートイン出来ればなーとずっと
思っていたのですが、そんな岡本の夢を叶えてくれるお弁当屋が遂に近所に登場!パラダイス!



今回はメタル削る編の続きとなります。



金属棒状態から削り始めて2、30分ほど経過。ビークと内部をザッと削ってからボディの外側を削り始めます。

7304.jpg




近くではアシスタントさんが黙々と作業。

7301.jpg


7300.jpg


ちなみにゴッツではマウスピース製作は後藤さんとアシスタントさんの2人体制です。


後藤さん「ボディの形(つまりは重さ)は重要です。オットーリンクの様な内部形状で作る場合、ボディー外側を
削って断面を楕円状にする必要があります。真円ではダメです。別に真円が悪いとかではなくてバランスの
問題です。響のボディーは真円ですし、他メーカーでも真円のものはあります。当然、真円の方が早く作れます。」


ボディー外側を削ったら今度はフェイシングカーブ~テーブルを削っていきます。

後藤「冒頭にも申し上げましたが、精度が出せる機械を使うというだけでは良いモノは出来ません。それを使って
どの様に削るかというノウハウこそが非常に大事です。例えばこれです↓」


7305.jpg


後藤「普通マウスピースのテーブルは縦に削っていくフライス盤(※)を使うことが一般的です。しかしそれだと
正確に作りにくいのでゴッツでは刃を横にして削ります。最終的には絶対に手で調整をしなければならない
部分なのですが、その前にどれだけ正確に設計図に近付けるかで製品のバラツキがなくなりますのでかなり
重要な部分となります。」

※…中学高校にボール盤ありましたよね?あれの刃がぶっといバージョンです。太い刃の先端が平らになって
いてその部分を当てて素材を平らに削ります。


そしてひとまず上半身完成。

7306.jpg

内部がギザギザだったりとそれなりに人の手を加える必要はありそう。

しかし棒の一部がマウスピースになってるってなかなかシュールな図ですね(笑)

お尻側を削る工程は次回。

以上、3F岡本でした~。


最終更新:2016/06/20 18:09

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2016年6月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

今月

過去の日記

2021年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2020年
2019年