【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

お買い物部のプレゼントに移動します

記事詳細

2016/05/07 20:23

今月の友人結婚式で演奏する予定の3F岡本です指輪

1okamoto_icon.jpg

自分を追い込んで練習しています。二次会でカジュアルなお店なのでブイシーなデスモンドはちょっと似合わない。
サングラスかけてヒゲ生やして「イェーッ!」なんてやりたいところですが楽譜ないんですよねー。
音源や映像はかなり見ているのでノリノリなMC含め、イメージは完璧なのですが(笑)


そんな某氏と縁の深いマウスピース工房から新しいバリトンマウスピースが登場です。








スラントサウンドを甦らせる!【新製品】バリトンサックス用マウスピース Gottsu(ゴッツ) ハードラバー
Sepia Tone VI (セピアトーン ヴイアイ)



実はソプラノ響をまだレビューしてないことにこのブログ書き始めてから気付きました←
近いうちに必ずやります。お待ち下さいm(_ _)m


今回、バリトンにセピアトーンVIが登場したわけですが、これにてVIシリーズはソプラノからバリトンまで揃い
ました。



まずゴッツにある紹介文を見てみましょう。

↓↓↓↓↓↓

このマウスピースはオールドのオットーリンクスラントを素材から研究しました。
特にバリトンのリンクスラントは非常に希少価値が高く、上質の物を手に入れるとなると数十万円で取引される
伝説のマウスピースです。ほとんどの人がそのマウスピースを手にしたことがないと思いますが、Gottsuでは
これまで多くのマウスピースをリフェイスすることができました。そして多くのプロアーティストから上質の
マウスピースを借りることができ、ヴィンテージマウスピースを徹底的に分析し、何度も試作を繰り返して
ヴィンテージマウスピースを現在によみがえることに成功しました。VIサウンドは、ダークで芯のある太い
音色が特徴で、最高の品質をお約束いたします。
Gottsuは世界一のマウスピースを作るという大きな目的があり、それを形にしたのがGottsu Sepia Tone VI
モデルです。

(Gottsu Facebookより)


読むとスラントコピーかと思いますが、実際の外形は言うほど似ていません。デュコフタイプの傑作HLしかり、
安易に形の完コピに走らないゴッツらしさは健在。


内部はスラント同様にかなりラージチェンバー↓


bs_stvi_1.jpg



bs_stvi_2.jpg



bs_stvi_3.jpg





手にした時に長さが短いかな?と思い他の様々なマウスピースと並べてみたところやはり1cm弱短かったです。



bs_stvi_4.jpg




【試奏レポート】
コントロール性の高さは他のモデル同様です。普段はアルト一本の岡本でも特にストレス無く全音域スイスイ。
結構ブレスが必要と感じましたがオープニング、リードの硬さの問題の範疇かと思います。
特徴はなんと言ってもラバーにも関わらず重心が低くて重量感あるサウンド
でしょう。以前にリンクスラントを吹いた時の感動が思い出されました。ダーク、ハスキー・・・スラントの良さは
たくさんあるのでしょうけど、ゴッツが主眼を置いたのは恐らくここかなと思います。前作シリコンラバーのセピア
トーンは叙情性を重視してマリガンみたく箱庭的な音楽をやりたいのに打ってつけなのに対し、セピアトーンVIは
腕っ節の太くパワフルで男性的なサウンドです。
ブレスを入れ込めば入れ込むほど出力が上がる天井の高さも見逃せない魅力です。



リンクスラントを狙ったと言えば実はアイゼンにLSモデルというものがあります↓


マニア垂涎バリトンスラントの復刻版!バリトンサックス用マウスピース AIZEN(アイゼン) LS

こちらは外見も内部もスラントによく似ていると思います。スラントの時期によって違うのかもしれませんが
アイゼンはバッフル先端が立っているのに対し、ゴッツはややストレートバッフルなどの違いがあります。
一言でまとめるとゴッツの方がヘビーでアイゼンの方がライトですかね。
どっちが良い悪いではなく、選択肢が少ないバリトンの中で好みで選べるのは嬉しい限りです。


最後に残念なお知らせが一つ。バリトンのセピアトーン(シリコンラバー)が再来月に生産完了となります。


ゴッツが放つネオ・ヴィンテージ・マウスピース!【2016年7月生産完了】バリトンサックス用マウスピース
Gottsu(ゴッツ) シリコンラバー Sepia Tone(セピア トーン)



吹き比べするなら今がチャンス!

以上、3F岡本でした~。





【おまけ】

バンドライフ
の前々身の雑誌(サンプル)が会社の倉庫にあって何気なく見てみたら↓

bs_stvi_5.jpg

MALTA氏が使っているのは懐かしきゴッツのバンブーマウスピース!
残念ながら現在では特注でも竹製のマウスピースは作れないとのことです。


最終更新:2016/05/08 03:03

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります。

コメント 0件

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

今月

過去の日記

2018年
2017年
2016年

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム