【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

お買い物部のプレゼントに移動します

記事詳細

2015-04-06 19:23

渋谷の桜には随分と緑が混じってきた様です。3F岡本です、こんばんは日本茶

1okamoto_icon.jpg

2週間くらい前でしょうか。ちょうど都内の桜が満開の頃にお花見をしました。公園でシート敷いてワイワイとお酒を
飲んで…ではなくて、近所の小さな川のそばにある和菓子屋で甘いもの食べつつとおしとやかなものでした。
店先のベンチで食べてると通行人の視線が気になる(笑)



さて、今回は先日発売されましたヨハネス・ガーバーのソプラノマウスピースをソプラノ定番と併せてご紹介。

・・・・の前にジャズソプラノの定番マウスピースってちょっと曖昧じゃありません?
クラシックであればS80、S90がありますが、ジャズはどうでしょう。
セルマー『スーパーセッション』とバンドレン『V16』があるじゃないかと言われればその通りですし、当店で売れている
本数からみても定番と呼んでも問題ないかと思いますが、スーパーセッションは1999年、V16は2007年に登場したので
相当新しいモデルです。ブランフォードが使ったということで有名となったバリのハードラバーもありますが、理由として
それだけなので言うほどメジャーではなく裏定番みたいな感じですかね。




gerber_2.jpg

左からセルマー『スーパーセッション』、バンドレン『V16』、ヨハネス・ガーバー新モデル『Solo』、同『Jazz』。

ガーバーのJazzは1年くらい前からあったのですが、シャンクがかなり太くて扱いにくかったためこの度通常の太さに
マイナーチェンジされました。実際に楽器に差し込んでみても特に変な太さに感じないです。



裏返すと…

gerber_3.jpg


いずれも極端な形はしていません。バッフルの高さはだいたい同じくらいですが形状が違います。スーパーセッションは
ストレート、V16はロールオーバー、Soloは微妙にロールオーバー、Jazzはロールオーバーバッフルです。

ヨハネス・ガーバーの金属粉の様なものを混ぜた独自ラバーは相変わらず健在のようで↓

gerber_1.jpg
(※…素材の関係上、色合いには個体差がございますのでご了承下さい)


マウスピース内部はこんな感じ↓
gerber_4.jpg
チェンバーサイズもそんなに大きな違いはないです。V16だけは馬蹄型であとはラウンドチェンバー。Jazzがちょっと
チェンバー大きめです。


観察はこれくらいにして吹いてみました。

gerber_5.jpg




ジャズソプラノ新定番!ソプラノサックス用マウスピース セルマー スーパーセッション

その名の通り最初からジャズ向けとして開発されたモデル。明るくタイトなサウンドで、コーン!と勢いよく飛んでくれる
のが爽快です。まとまりの良いのサウンドですので扱いやすい。普段吹奏楽でS80とか使ってる人がポップスやジャズで、
なんて時にはこれがいいと思います。





音ヌケの良さ最強!ソプラノサックス用マウスピース バンドレン V16

太くてスモーキーなサウンド。乱暴にならない範囲内でパンチも効いています。この価格帯ながら吹いていてよく分かる
精度の高さ。バンドレンのマウスピースは一本やりなキャラクターではなくて楽器ごとにキチンとキャラクター変えて
くるのが上手ですよね。余談ですがリードの名前とリンクさせるならZZマウスピースがあってもいいような。




ソロイストを高精度に昇華!【新製品】ソプラノサックス用マウスピース Johannes Gerber (ヨハネス・ガーバー) Solo

おっと!ボディーが細めですね。普段使っているウッドストーンのラバー用(セルマーサイズ)だとリードがギリギリ
留まるくらいでした。吹奏感としては、まず見た目通り非常に丁寧に高精度で作られているんだなというのが分かります。
こういう繊細さは日本人好みと言えますでしょうか。音の立ち上がりとか上から下までの鳴りのバランスとか心地よくて
自分が上手くなったかと錯覚する。ペーパードライバーキバヤシの運転でもそれなりの走りになってしまう高級車を運転
している様な感覚。先のバンドレンも相当良いはずなのですが、やはりガーバーには敵わない。
音色は上記2モデルに比べてとてもダーク。独自ラバーの影響か金属的なジャギジャギとした細かなノイズが含まれる
個性的な音色です。常にパワー押しだぜ!というプレイスタイルなのであれば他の選択肢が良さそうですが、ジャズで
あればジャンル問わず対応出来るかと思います。




ストレートアヘッドジャズを独自路線で!ソプラノサックス用マウスピース Johannes Gerber (ヨハネス・ガーバー) jazz

基本性能は上記Soloと同じ印象ですが、音色は更にダーク、ファット、そしてスモーキーといかにもジャズな雰囲気。
Soloのようなジャリジャリ感はなく、ボワッとした柔らかい音色ですね。より低重心なながらもモソモソ鈍くさいのでは
なくて粒立ちも良くてちゃんと力強さがあるバランス感覚はさすが。大人数でのアンサンブルではなくコンボ等の小編成で
音色で語る!というシーンに向いているかと思います。




ソプラノ裏定番!ヤワなサウンドはお呼びではない!ソプラノサックス用マウスピース Bari(バリ) ラバー

バサバサッとした素気ない音色がチャーミングですね(笑) V16同様に太い音色でパワーも十分に出せます。もっと人気
出てもいいのではないかと思いますがセルマーとバンドレンに押されたか。
価格帯的に仕方ないのかもしれませんが、付属のリガチャーの形状が微妙でオマケ程度に考えた方が良いです。セルマー
なんかよりも全然細いので合うリガチャーが少ないんですが、最強ロブナーのソプラノラバーサイズで解決出来ます。


以上、あと3日後に誕生日を迎える3F岡本でした~バイバイ

誕生日プレゼント募集中です。アメセルとかだと嬉しいです。

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります。

コメント 0件

トラックバック 0件

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2015年4月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

今月

過去の日記

2018年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2017年
2016年

ケータイで見る

URLをケータイに送信

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム