【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

お買い物部のプレゼントに移動します

記事詳細

2015-02-04 19:31

サッカー日本代表が大変ですね…。3F岡本です、こんばんはサッカー

1okamoto_icon.jpg

このタイミングで監督探しは大変そうですが、某国内クラブで選手として活躍後、指揮をしていたS監督は
どうでしょうかね。

W杯で革靴ダイレクトシュートを見たい!(笑)




さて、今回はアイゼンに新しく登場したアルトGRモデルのレビューです。




デスモンドの音をアイゼンが徹底研究!【新製品】アルトサックス用マウスピース AIZEN(アイゼン) GR


こちらのモデルの謳い文句は『ポールデズモンドのサウンド究極形態』。
分かりやすいですね。
M.C.グレゴリーGREGORYのGRです。
つまりはWBのハリウッドモデルとコンセプトが同じ!

グレゴリーみたいなマウスピースを探すもいいものがなくて、じゃあお店のオリジナルで作ろう!と頑張って
開発してその数か月後にこの様なモデルが出てくるという…。


開発者が同じコンセプトの他メーカーのモデルをレビューするなよって声が聞こえてきそう(笑)
ですので公平を期するために比べてどうこうとは申しません。また、どっちがグレゴリーに近いですか?といった
質問にも一切お答え出来ませんのでお客様ご自身で吹いて確かめて頂ければと思います。
もちろんどちらをお求め頂いてもOKです。ハリウッドゴリ押しなんてしませんのでご安心を(笑)


コーヒー


さてGRモデルのレビュー。

こちらのモデルはデスモンドが使っていたマウスピースのメーカーM.C.グレゴリーの中で一番古いモデルの
Model-Aを研究したとのこと。
デスモンドはM.C.グレゴリーから浮気する事はなく、Model-AおよびHollywood Masterを使い続けました。
オープニング、チェンバーサイズは4A-18M(メイヤー4番相当でミディアムチェンバーの意)だったようです。
岡本が見てきた限りではこの2つのモデルはMasterの時期によるシャンクリングの形状の違いを除いてとても
よく似ていると思います。(ちなみにハリウッドは初期Masterを参考にしています)


そして今回のGRモデル。
アイゼンは外見に付いては基本的に全モデル統一していますので本家の特徴であるシャンクリングはありません。
豪華な手彫り彫刻はジャズマスター同様に金色ver.

aizen_gr_1.jpg




まず目に入るのはアイゼンのトレードマークとも言える極薄ティップ↓

aizen_gr_2.jpg



やはりウインドウとチェンバーはメイヤーと比べると小さめ↓

aizen_gr_4.jpg



あと意外なのはバッフルが高めということ。

aizen_gr_5.jpg



本家Model-Aに関してはバッフルはむしろ低めの印象ですがどうなんでしょう。


GRモデルのオープニング設定はメイヤー同等の5番、6番、7番でしたので、4番を念のため確認しましたところ、
存在しません。




当店には5番がございますので早速吹いてみました。


8歳になります。
吹いてる写真撮り忘れました…。


おっと!かなり息が抜けますね。ティップの薄さによる影響が大きいものと思われます。
普段メイヤー4番くらいのものを使っているのでリードの番手下げないと厳しいかと思いきや逆。簡単にビャーと
鳴ってしまいます。試しに硬めのリード使ってみたところいい感触です。リード硬くすれば当然鳴らしにくく
なりますがティップがかなり薄いので抵抗感がとても少なく、詰まった感じはせずにホワイトノイズがたくさん
含まれます。そしてサブトーンがシューっとたやすく出ます。
なるほど、確かにデスモンドのそれっぽい。恐らくここら辺がこのモデルの狙い目ですかね。

音色はと言うとバッフルが付いているだけあってサウンドは硬質で勢いがあります。暗くもなく明るくもなく
中庸な色合いで全体的に乾いた雰囲気。
メイヤーの様に太くジャンジャン鳴る感じはせず、やっぱりタイトにまとまります。
抵抗が少ないだけにグッと息を入れ込むとすぐにオーバーブロウな感じで音質が悪くなります。そっと優しく
吹いてあげるのが良さそうです。
個人的な印象ですが、デスモンドよりも同じグレゴリーユーザーだったアート・ペッパーの音にイメージが
近いと感じます。

デスモンドは録音によって音質が異なっているので実際生で聞くとどんな音だったのかというのはファンの
間でよく議論される部分です。
ジム・ホールとの録音では全音域サブトーンが掛かってる様なソフトなサウンド。
ブルーベックカルテットではかなりとカッチリとした硬めでタイトなサウンド。

GRモデルは後者の感じで、その中でもディズニー曲集(Dave Diggs Disney)みたいな感覚が致します。
そんなデスモンドをお求めの方にだとGRモデルをオススメ致します。




デスモンドの音をアイゼンが徹底研究!【新製品】アルトサックス用マウスピース AIZEN(アイゼン) GR



WBオリジナルはコチラ↓


Sound like a Dry Martini.【新製品】アルトサックス用マウスピース ウインドブロスオリジナル Hollywood(ハリウッド)



以上、3F岡本でした~バイバイ



この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります。

コメント 0件

トラックバック 0件

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2015年2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

今月

過去の日記

2018年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2017年
2016年

ケータイで見る

URLをケータイに送信