【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

お買い物部のプレゼントに移動します

記事詳細

2015-01-25 20:47

「今かかっているBGMは、どこの誰さんの何ていう音楽か」という検索アプリに引っかからなさそうなBGMを3Fで
流しまくってる3F岡本です、こんばんは日本茶

1okamoto_icon.jpg



例えばボビー・デュコフとか(笑)

そう、あのマウスピースのデュコフさんです。

以前ブログに書いた覚えがありますが、デュコフさんはジャズテナープレイヤーでした。
デュコフマウスピースといえばハイバッフルでバキバキのイメージですが、デュコフさんはサブトーン聞かせまくりの
スウィングテナーマン。意外ですよね。



さて、今回は新製品マウスピースのレビュー!






【新製品】【受注生産モデル】アルトサックス用マウスピース Gottsu(ゴッツ) ハードラバー
Sepia Tone VI MARBLE (セピアトーン ヴイアイ マーブル)






【新製品】【受注生産モデル】テナーサックス用マウスピース Gottsu(ゴッツ) ハードラバー
Sepia Tone VI MARBLE (セピアトーン ヴイアイ マーブル)






ゴッツから“カラーマーブルエボナイト”という一風変わったラバーを素材としたマウスピースが登場しました。
楽器フェアでプロトタイプとしてGottsuの後藤さんが持っていたコレです。
受注生産モデルなので当然ながら生産本数が少なく、お値段は5万円ほどとなかなか値が張る。


一体どんななのかザックリと申し上げますとセピアトーンIVの素材違いです。
つまりはアルトはメイヤー、テナーはリンクタイプです。

しかしながらその素材の違いが明確に効いています。

追って詳しくご説明しましょう。




まず目を惹くのはなんといっても本体のマーブンリングカラー。




marble_1.jpg


marble_2.jpg


marble_3.jpg


marble_4.jpg


marble_5.jpg


marble_6.jpg






通常の(?)ハードラバー製のセピアトーンVIと並べて比べてみると、シャンクリングがある以外は同じ形です。

あともう一つ。上の写真を見て気付いた方はいらっしゃいますでしょうか。ボディーにはブラスト加工(サテン
仕上げ)はされておりません。ゴッツラバーとしては珍しい。

ですのでテーブル、バッフルあたりには分かりやすく削った跡が残っています。



早速吹いてみる。


marble_7.jpg


お!結構違いますね。素材で意外に変わる!

全く新たな世界を切り開くというほどの奇抜な印象はないです。ご安心を。
あくまでメイヤーの鳴り方です。テナーも念のため試奏したところリンクの鳴り方でした。
このカラーマーブルエボナイトがリードを振動させた時のマウスピース自体の振動をランダム化
させています。その作用によって通常のラバーよりも倍音が豊かになり更なる深みが加わっています。
言葉で説明しにくい部分ですが簡単に言えばやや暗くて渋くなった。
抵抗感は気持ち強めに感じました。吹き応えも十分。

色の付いたラバーを特殊な方法で混ぜるらしいこのラバーは通常のラバーより若干硬くなるそうです。
ただ、サウンドが硬質になる印象はないですね。シャンクリングの影響はどうなんだろうと思う部分もありますが、
こうやって吹くとマウスピースは素材に影響されるんだなと実感できます。
レジンにセラミックの粉末を混ぜたドレイク、ラバーに金属の粉を混ぜたヨハネス・ガーバーは明らかにラバーでは
ない感覚がしますからね。

そういった意味ではこのマーブルは結構自然な感覚。
ラーメンで例えるとスープと具は同じでも素材にこだわった違う麺を使用してる的な。

あくまでもラバーベースで、しかもトリッキーに「うわ!これは新感覚!」みたいなビックリ感がせず、ナチュラルに
複雑化に成功してるあたりがミソと思います。

誤解しないで頂きたいのは普通のラバーより良い悪いというものではありません。
飾り気のないラバーの素直な音色もやはり捨てがたいものです。メタルを除けばやはりマウスピースの素材は古来より
ラバーですし。

メイヤー、リンクタイプのマウスピースお好みの方でしたら吹いてみる価値ありです。
ストレートアヘッドなジャズにお似合いでしょう。


受注生産モデルではございますが、ウインドブロスでは店頭に並べられるよう努力しておりますので(既にお求め
頂いているので現時点で無いオープニングもありますが)ぜひご試奏頂ければと思います。


以上、3F岡本でした~バイバイ


この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります。

コメント 0件

トラックバック 0件

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2015年1月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

今月

過去の日記

2018年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2017年
2016年

ケータイで見る

URLをケータイに送信