【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

お買い物部のプレゼントに移動します

記事詳細

2014-08-16 20:11

暑い日が続いてますね。3F岡本です、こんばんは日本茶

1okamoto_icon.jpg

思い出せば今年は冷夏になると言われてましたよね。どうしてこんなことに・・・??



さて。

今日は先日アイゼンから発売されたバリトンサックス『LSモデル』をご紹介いたします。



マニア垂涎バリトンスラントの復刻版!【新製品】バリトンサックス用マウスピース AIZEN(アイゼン) LS


ってマウスピースでバリトンをピンポイントで出してくるって珍しいですよね。
商売の話をしてしまうとアルトとテナーに比べて圧倒的に人口が少なくて売れないバリトンとソプラノはなかなか
モデルが少ないのが現状。
そんな中で登場したアイゼンのLSモデルのコンセプトはオットー・リンクのスラント。

ほほう!これまた珍しい!
スラントを意識したマウスピースと言えばテナーならたくさん存在しますがそう言えばバリトンはなかったような。
これは面白くなりそうです。


では早速試奏レポ・・・の前にこのモデルは“白バリ”と言えばこのお方、宮本大路さんからのコメントがあるんです!

↓↓↓↓↓

「ジャズの王道を継承している感じの音色ですね。スラント時代のオットーリンクマウスピースは吹いたことがありますが、
確かにそれに近いものを感じます。 音に深みがあり、さらにインパクトもあります。音の立ち上がり、反応も良いです。
そこからさらに圧力をかけてもうひと越えいきたい、という時もアクセルをかけて踏み込めます。音量も出るので、非力な
感じは一切しないです。
また、魅力的なのがサブトーンの出しやすさですね。サブトーンが出しやすいマウスピースってなかなかないんですよ。
現行のモデルを色々試していても、バランスが良くてもサブトーンが出しづらい、といったものが多いですが、これは
すごく出しやすいですね。サブトーンが出しやすいので、ジャズはもちろん、ビッグバンドでも活躍してくれるでしょう。
しかしサブトーンだけというわけではく、潰して吹いてもかなりインパクトがあるので、どんな分野でも合うと思います。
マウスピースはリードを微調整して相性を確かめなければいけないので、普段はリード1枚だけで判断することはないの
ですが、このマウスピースに関してはこれだけでも相当良いマウスピースだということがわかります。」(宮本大路)


岡本はバリトンスラントを吹いたことない上に検品くらいでしかバリトンを吹かないのでこれは非常に参考になります。
ありがたや。

大路さんのコメントだけで十分かと思いますが折角ですので吹いてみましたよ。日本を代表するバリトン奏者からと
バリトンビギナーからの視点という事で(笑)



まず手にしてみて思うこと。この凝った彫刻が素敵ですよね。

aizen_1.jpg

かなり大きくしてみました。プリントでは表現し得ない立体感を感じて頂けますでしょうか。
高級マウスピースを所有する以上、この様なコダワリで所有欲はより一層高まります。


aizen_2.jpg

鷹か鷲と思われる鳥も羽ばたいています。じっと見てると可愛く思えてくるような。



現行のリンクラバーと比べてみるとボディーの径が太いです。かなり肉厚。スラントと同じ径と思われます。

aizen_3.jpg

ちなみに適合リガチャーですが、ロブナーはもちろんOKです。サイズはバリトンラバー用3RかL9。
あとはフランソワ・ルイもピタッとはまるのですがハリソンやバンドレンはダメでしたね。


aizen_4.jpg
(左:アイゼン 右:リンク)
写真に上手く撮れなかったのですがアイゼンの方は、バレット状のやや高いバッフルが付いています。チェンバーサイズは
アイゼンの方が大きいです。あと、後ろから覗いた時の先端部の位置も異なります。これは音色、吹奏感に影響を及ぼすと
ゴッツの後藤さんが言っていた覚えがあります。


早速試奏。

aizen_5.jpg

慣れないグラフィック(笑)

うん、アイゼンの方がリンクのイメージ!現行リンクだと吹き方が悪いのか音がかなりモコモコしてしまう上に、抜け具合が
どうも今一つなのですがアイゼンは音が骨太でボトムが厚く、下からゴゴっと突き上げてくるような感覚。抜けもかなり
良くて(かといって抜けすぎず)、音の立ち上がりも明瞭。
グッっと息を入れ込んだ時に入れ込んだ分鳴ってくれてパワーでゴリゴリと押し切れるのがたまらないです。確かに後ろに
ブラス隊がずらっといるビッグバンドでは存在感を発揮できそう。


スラントを意識したモデルではないのですが、似たようなところでゴッツのセピアトーンも吹いてみました。


ゴッツが放つネオ・ヴィンテージ・マウスピース!バリトンサックス用マウスピース Gottsu(ゴッツ) シリコンラバー Sepia Tone(セピア トーン)

なるほど、ヴィンテージライクなところは共通している様に思います。基本は渋めでザラっとしたホワイトノイズが多く
含まれる系。ただセピアトーンの方が少ない息でテナー感覚でコンパクトに鳴らせますね。

繊細な表現が苦手というわけではありませんが、サウンドに豊かな広がりを求めて力強く鳴らすの良しとするのであれば
アイゼン。自分に近いところで軽やか鳴らしてマリガンの様な箱庭的世界を創り上げていきたいのであればセピアトーンと
いう住み分けでしょうか。

バリトンマウスピースが面白くなってきましたよ!


そうそう。ゴッツで思い出したのですが、先日キャッシュバック・キャンペーンの肝心なことをお伝えし忘れておりました。

このキャンペーンは新製品のテナー『セピアトーン・ジャズメタル』ご購入のお客様対象に行われているものです。
箱の中に入っているゴッツの特設ページにアクセスして感想等をゴッツに(当店ではございません)お送り頂きますと
現金がキャッシュバックされます。

で、その金額をお伝えしておりませんでしたが2000円です!

つまり増税分+αということですね。


NYダブルリングを越えたか!【新製品】テナーサックス用マウスピース Gottsu(ゴッツ) メタル Sepia Tone Jazz Metal (セピアトーン ジャズメタル)

折角の機会ですのでぜひご利用下さい!

以上、3F岡本でした~バイバイ

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります。

コメント 0件

トラックバック 0件

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2014年8月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

今月

ケータイで見る

URLをケータイに送信