【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

お買い物部のプレゼントに移動します

記事詳細

2013-11-25 19:09

皆さんこんにちは!テナー吹きったらテナー吹きの矢野です。

矢野智礼

そんなテナー吹きの矢野がテナー的に大注目の商品がこちら!


奏者の想い描くサウンドを実現する至高の傑作。【新製品】 テナーサックス TK Melody TKメロディ 小林香織モデル

なんでアルトサックスで世界的人気な小林香織さんのモデルでテナー?って言わない!アルトサックスと同時開発ということは小林香織さんの意見も当然反映されたモデルでして、まさに小林香織さんが望んだクォリティの高さは兼ね備えているのです。アルトの機構的なレビューは芳賀がミッチリとやってるので、矢野はテナー吹き視点からレビューしてみます。テナー吹きたいだけちゃうんかと。

ということで、例によって吹いてみました。



ストラップを付けて構えた時、キーが内側に向いて小さい印象を持ちました。恐らくはMarkVIあたりの小さめなキーを踏襲しているのかと思います。あと、なぜかマイストラップを使っているにも関わらず、少し短く感じてマウスピースが口に入る角度がちょっといつもとは変わりました。まあこの辺は矢野の身体条件お話でして、読み飛ばして頂いてもよいかと。

サウンド面は、ギザっとしてるなかにもまろやかな空気の流れを感じました。「ギザ」成分はおそらくアンラッカー仕上げの性質。表面の保護済「ラッカー」を施さず、さわると金属臭が手に付くほどダイレクトな仕上げで、サウンド面でも一枚皮を剥いだ様な生々しい鳴りを楽しめます。一歩間違うとガラガラに粗いだけのサウンドになってしまう危険な仕上げではあるのですが、その辺は管体設計とあいまって見事なバランスを実現してます。

「まろやか」要素はロールドトーンホールが一役買っています。

1410675_501967203244271_1390155531_o.jpg

正式なメーカー発表がないので「ロールドトーンホール」「トーンホールエッジリング」どちらで呼んでよいのか分かりませんが、トーンホールに真鍮を巻いた物を取り付けていることは見てとれます。決して音のフォーカスをぼやかすものではないですが、空気の流れが複雑になり、やや平面的になりがちなアンラッカーのサウンドに奥行きを与えることに成功しています。フュージョンで求められるキレと深さが同居するサウンドが出せる、ということですね。

クリスマスですし、チョサクケン的に問題無さそうなのも吹いてみました。



今月28日発売のサックス&ブラスマガジンの編集さんがいらっしゃったので、演奏終って右側に思わず会釈してしまいました。ヘッドホンでお聴きの方はカサハラの「あ、こんちゃー」が聞けると思います。「どこのプロが演奏しているのかと思った」って、そんな、ホントの事をwwwww 圧倒的なフレーズ構築力ですから(笑)。次号もメタルマウスピース特集とか熱くて厚いみたいですよ。みんなサクブラ買おう!

えーっと、なんの話でしたっけ(笑)。そうそう、吹いてみて色々観察してみて、このモデルの方向性が分かりました。ビチっとムチっとしたパツパツの音色に深みや奥行きを求めた贅沢なサウンド。そう、ずばりフュージョン・ファンク向きのモデルと言ってしまいましょう。って小林香織さんのモデルだから当たり前か(笑)。TKメロディというと我々日本人にはあまりなじみがありませんが、聞けば台湾最大手のサックスメーカーとか。製作の過程でコンセプトを見失わず最後まで完成させた技術力と情熱と根気はお見事の一言。看板にウソ偽りなし。話題性はアルトに譲ってしまいますが、意外なダークホースの登場です!

こちらからお求め下さい!

小林香織

そういやこの時間近で観た小林さんカッコ良かったなぁ、としみじみ思い出した矢野でした。

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります。

コメント 0件

トラックバック 0件

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2013年11月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

今月

過去の日記

2018年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2017年
2016年

ケータイで見る

URLをケータイに送信

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム