【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

お買い物部のプレゼントに移動します

記事詳細

2013-09-02 20:44

皆さんこんにちは!ソプラノ欲しくなってきた矢野です。

yano.jpg

今回ご紹介する商品はこちら!


黒き大砲!キャノンボール一番人気モデル。【キャノンボールフェア】 ソプラノサックス CANNONBALL キャノンボール S5-B Ice B "RAVEN" レイブン


見た目にもユニークな「チョイ曲がり」ソプラノ!【キャノンボールフェア】 ソプラノサックス CANNONBALL キャノンボール SA5-B Ice-B


スムースジャズの帝王が実際に使用しているモデル!【キャノンボールフェア】 ソプラノサックス CANNONBALL キャノンボール GSC5-SB ジェラルドアルブライト シグネイチャー

キャノンボールフェアだけに、当然キャノンボール特集です。この三機種明らかに形状が違いますが、ほぼ同質の吹奏感とサウンドを持っています。ソプラノというと線がか細く不安定なピッチでいかにも頼りないサウンドを想像しますが(?)、キャノンボールは「大砲」その名に恥じない太さ深さ、そして以外にも温かさ柔らかさそして繊細さを持っています。懐が深い、って言うんですかね。自分の身体の中の管を少し太めでイメージ作るとうまくつりあうかもしれません。太いとか深いとか言ってると、なんだか粗暴なだけに感じてしまいますが、最大の魅力はその音色!これは特筆すべき!ものすっごい抽象的な話をしますが、通常のソプラノと違って真っ直ぐ飛んでいくだけじゃなく、一回巻き返しがある感じがします。ポケーじゃなくて、ポケッフ(ゾ)ー。皆さん、わかりましたか?僕はわかりません(笑)。スッキリクリアな感じではなく良い意味での複雑な付着成分が付いてくる重厚な旨み味わえます。キャノンボールソプラノ、アリですよ!実際、国内の有名アーティストの方もユーザーが多数いらっしゃいます。え?誰かって?当ブログ読者の方なら2~3人はすぐパッと名前が挙がるのではないでしょうか。

この三機種、ほぼ同質の吹奏感とサウンドを持っているとは書きましたが、そこはそれ、ご覧の通り明らかに違う形のモデル。血筋は同じの兄弟同士、形状の違いがサウンドにどのように影響があるのか。例によって吹いてみました。

ソプラノサックス CANNONBALL キャノンボール S5-B Ice B "RAVEN" レイブン


キャノンボールソプラノの中核をなすモデル。サウンドの印象は先ほど述べたまんまですね。吹奏感の太さの印象が、外のマイクから録音してもそのままサウンドの太さになっているのが好印象です。

s5biceb.jpg

サテンブラックの管体にブラック仕上げのキーの組み合わせのモデルには「レイブン」の愛称が付いています。写真では分かりにくいですが、手にとって見るととても高級感のある仕上げです。遠目にはタダのブラックかと思いきや良く見るとツートーンになってるという、主張しないオシャレがなんとも粋です。アルト・テナーでもおなじみのレイブンですが、ソプラノでも当然ながらカッコいいですね!

ソプラノサックス CANNONBALL キャノンボール SA5-B Ice-B


こちらのモデルも「レイブン」の愛称が付くので先ほどのツートーンのブラックサテンです。しかし最大の特徴はそこではなく、「アークソプラノ」「セミカーブドソプラノ」と言われるベルの形状。

P1180292.jpg

チョイ曲がりのベルは、昔ロッテのCM「ばっほほー」で使われてたアルペンホルンを思い起こしますね(対象年齢:40歳以上)。これが音の「溜り」を作り、スイートなニュアンスを生んでます。うーん、文章にしにくいな。パキパキペキペキとしたキャラに春巻きの皮をかぶせたような旨み!余計わかりません。なんというか、僕はすこぶる気に入りましたね。ちなみに、上のミの音が出にくいのは矢野の仕様です。テナー吹きだしテヘ。

P1180296.jpg

吹いている横から見た図。ストレート管、デタッチャブルの曲がりネックとも違い、ストラップをして吹いてもベルが前を向いています。実は音響的にものすごく理にかなっているのかもしれません。しかし、マイクのセッティングはやや工夫がいるかもしれませんね。

ソプラノサックス CANNONBALL キャノンボール GSC5-SB ジェラルドアルブライト シグネイチャー


我等がジェラルド・アルブライト シグネイチャーモデル!うひょー!無条件で買っときましょう!デタッチャブルタイプもあるのですが、カーブドは最近リリースしたモデルです。発売したときTRI4THの藤田淳之介さんがレビューして下さったアレです。先日のヤナギサワカーブド試奏レポートの時にも述べましたが、ベルが自分の方に向かっているためダイレクトモニター感がハンパないです。基本はキャノンボールソプラノそのものなのですが、ベルが曲がってる分だけ音色、というか音響がずいぶんと変わった感じはしますね。動画はステレオ録音なので、ぜひヘッドホンで確認してみて下さい。ジェラルドと言えばスムースジャズですが、マイク使うの前提なバンドなんかではこのモデルが重宝するかもですね。

いかがですか?キャノンボールフェアまだまだ開催中!マウスピース持って、実際にお試し下さい!

cannonball.jpg

以上、来月の給料現物支給だったらアークかなぁ、なんて夢想する矢野でした。

この記事を読んだ人はこんな商品にも興味があります。

コメント 0件

トラックバック 0件

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2013年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

今月

過去の日記

2018年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2017年
2016年

ケータイで見る

URLをケータイに送信

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム