【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus
店長の部屋Plus+は2022年1月をもって提供を終了致します。長きに渡りご愛読ありがとうございました。
※2021年9月末をもって、新規記事の投稿及びコメントの投稿を停止しております。

記事詳細

2012/06/19 19:38

みなさまこんばんは( ̄(エ)  ̄;ノシ

以前購入したネットブック(もうそんなカテゴリーもないんでしょうか…;)の挙動がおかしくなってきたので、OSを入れ替えるついでにハードディスクからSSDに乗せ換えてみたら意外と速くなって満足している?F渥美です。

SSD.jpg

先週より店頭から離れ別の場所で修理を始めたので、みなさまと直接お会いする機会が減ってしまいましたが、佐野が休みの日は4Fにいるのでよろしくお願い致します。

修理・調整のサービスに関しまして、基本的には今まで通り変わらず4Fにて承りますのでお気軽にお申し付け下さい。







ではでは先週に引き続きヤナギサワの工場レポです!

先週のオカムラ岡本ブログでは真鍮板を丸めて溶接して筒にするところまででしたが、今回はこちら。

ベル.jpg

何をする工程か分かりますか?

ベル胴になる筒とフレア部分を溶接したものを綺麗な形にするために、ベルにピッタリな形をした芯になる金属を当てた状態でぐるんぐるん回転させながらヘラのようなものでシゴいて芯と同じ形にしています。
(渥美カメラは動画ばっかり撮っていたので、静止画はちょっとシャッターチャンス逃してるフウです。)

この前後の画像はこちら。

ベル3.jpg
ベル胴部の溶接風景。
(久しぶりにフルオートで撮ったらフォーカスが思い通りにいってくれなくて残念な画が多いです。)

ベル2.jpg
フレア部を溶接した後。





これとは別にU字管の部分ですが、こちらは先日の岡本の画像で溶接されたU字管、実際には鯛焼き器のような型に嵌められて内側から油圧をかけて決められた寸法ピッタリに成形されます。

U字管.jpg

ただ、先程ご覧頂いたベル部分は内側の芯金に合わせてピッタリに作られるので、設計の段階で精度をしっかりと計算しておかないと、外径と内径がずれてしまうらしいです。

同じ金属板から切り出されていますが、ベル部分とU字管では製造工程も随分と違うようですね。







これから台風の中、激うまバーニャカウダを求めて彷徨ってきます!

ではではまた次回!

ごきげんよう( ̄(エ)  ̄;ノシ♪

4F渥美でした。

最終更新:2012/06/26 18:19

コメント 0件

ページ上部へ

カレンダー

2012年6月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

今月

過去の日記

2022年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2021年
  • 01月
  • 02月
  • 03月
  • 04月
  • 05月
  • 06月
  • 07月
  • 08月
  • 09月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
2020年