【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 店長の部屋Plus

記事詳細

2009/07/21 20:42

こんにちは!ウインドブロス矢野です。

先日のブログで宣言したとおり、カドソン期待の新シリーズ「ブラッシュドサテンシルバー(BSS)」のレビューです。今回はソプラノのみお届けいたします。え?なんでって?そんなの小出しにするに決まってるじゃないですか(笑)。


次世代カーブド参戦!懐かしくも新しいブラッシュドサテンシルバー。【新製品】+ソプラノサックス+Cadeson+カドソン+S-209BSS

ということで、例によって吹いてみました。

P1050324.jpg

うっはー!ちっちゃ!というか矢野でか!(笑)

手元にあったストラップで吹こうとしたら、一番短くしても首が絞まってしまう感じでした。当然付属のストラップはカーブドに対応した物ですが、今回の試奏ではコレを使用しました。


珍しい、カーブドソプラノ用のストラップカーブドソプラノサックス用ストラップ+B.G.+ナイロン+S82M

カーブドソプラノにはやはりカーブド専用ストラップが必要なんですね。通常のアルト・テナー用だと長すぎて余ってしまいます。付属品のつかない中古カーブドをお求めの際は気をつけましょう。

今回このBSSモデルの目玉は、きらびやかで目を引く美しいフィニッシュもさることながら、アルト・テナーと同等のキーメカをこのプライスで搭載した事です。カドソンの前モデルのキーメカはやはりカーブドの通例どおり1970年代のソプラノと大差ないもので、現状この点で頭一つ出ているのはヤナギサワのみでした。左手小指の運指がスムースで、なおかつ左手サイドキーのHi-Dなどが大きく作られており、アルト・テナーからの持ち替え用途のご検討であれば極めて優秀な操作性です。いやー、いいですよ、コレ。

ストレートサックスとのサウンドの違いは、大きい点と致しましてはサウンドの指向性です。ベルがちょうど自分のほうに向いているので、ムキになって吹かずとも自分の音がダイレクトに確認できます。試してはいませんが、マイク乗りも良さそうですね。ストレートのソプラノサックスを最良ポジションで録音しようとするとどうしてもマイクが2本必要になってしまいますが、その点このカーブドだったらクリップマイク1つで事足りるかもしれません。この辺もアルト・テナー的です。

テナー的といえば、前述のとおり矢野はほとんどソプラノは吹かない(というか持って無い)のですが、フラジオ音域もテナーのノリで吹くことが出来ました。持ち替え用ソプラノサックスの決定版!と言ってしまいましょうか。「ソプラノは昔からまっつぐなもんなんでぃ!」という江戸っ子な方も、一度お試しになってみて下さい。なるほどね、と思っていただけるはずですよ。

操作性バツグン、ルックス最高、しかも今ならまだ誰も持ってません!「え?そのソプラノ何?」と言われる事必至!新しい物好きだけど良いものしか絶対に買わないというアナタ!コレですよ!

P1050308.jpgP1050310.jpgP1050314.jpgP1050312.jpgP1050320.jpgP1050321.jpgP1050315.jpgP1050316.jpg

あ、そういえばブラッシュドサテンシルバーのサウンドの質感に触れてませんな・・・。じゃあそちらはテナー編で。

bss.jpg

というわけで、テナー編も乞うご期待のWB3F矢野でした。

最終更新:2009/07/21 20:48

このお店で1週間以内に売れた人気アイテム

コメント 0件

ページ上部へ

つぶやき

カレンダー

2009年7月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

今月

過去の日記

2020年
2019年
2018年

このお店で1週間以内に売れた
人気アイテム